おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ごはんの器*森修焼 2



a0135577_13232830.jpg
a0135577_13234846.jpg















『普通の陶器の釉薬からは、カドミウムや鉛が溶け出す可能性があることは
ナチュラルライフ実践者の間でもあまり知られていません。特に中国産の
絵付きの陶器には注意が必要だといえます。一般陶器にアサリを入れて、
すぐ死んでしまう理由を追及した結果、この事実がわかり、そうならない
陶器を開発されたのが森修焼さん。森修焼は、ただ安全なだけではなく、
食品の味まで変えてしまう高レベルの遠赤外線放射を実現しています』
*商品と一緒に入っていたショップのリーフレットから抜粋




a0135577_13241566.jpg



おはようございます。
アケウの新しいごはんの器が届きました。
前回と同じ森修焼です。
ごはんとお水用に同じ物を二つ取り寄せました。


私が作る手作りごはんは水分が多いので、
深さの無い浅い器ではどうしても溢れてしまいます。
また、ドライフードも完全ふやかしなのでかさがあり、
置き餌ではなく一日2回と時間を決めているので
一度に与える量がまとまり、かさ高になります。
最初に用意したヘルスウォーターのボウルMや、
森修焼のプレートSだと無理があるので、
しばらく白いガラス食器を使っていました。



a0135577_13244196.jpg

分かり難いですが、手前が白いガラス食器。
イタリア製のサラダボウルです。
コレールと同じガラス製なので、釉薬を使っておらず、
鉛や有害なものが溶け出すということはありません。
奥が今回取り寄せた森修焼です。
手前のガラス食器の形と深さが食べやすそうなので、
ほとんど同じサイズのスープ皿を選びました。



a0135577_13251182.jpg
右が以前購入した森修焼プレートS、
左が新しいもの、森修焼スープ皿です。




a0135577_13254489.jpg
右、森修焼プレートS、W14.5cm × H2.2cm
左、森修焼スープ皿、W17.5cm × H5cm




猫の食事の容器は、ボウルの様なものではなく、
平たくて猫のヒゲが当たらないくらい幅のあるものを
選ぶと良いそうですね。
ごはんを食べるにしてもお水を飲むにしても、
ヒゲが当たるのが猫にとってはストレスになるそう。
今度あなたの愛猫がごはんを食べている時やお水を飲んでいる時に、
こっそり横から見てみてくださいね。
ヒゲが容器に当たらない様にするために普段と違い、
頬の横にヒゲを添わせる様に頑張っていませんか?
猫は容器が気に入らないと、
食べ物を外に引きずり出して床で食べる様になるそうです。






a0135577_13265374.jpg
今、お昼寝から起きてきました。ぼ〜っとしています(笑)




さて、届いた森修焼スープ皿、
早速その日の夜ごはんから使っています。
a0135577_13282481.jpg

届いた日のごはんはコルテッロ(ムネ・ササミミンチ)、
クッキアイオ(内臓ミンチ)、クレスタ(トサカミンチ)、
フォルケッタ(キンカン)、
大好きなさつまいもとニンジンのスチームしたの、
レタスなど。


購入前、使っていたガラス食器より、
ほんの数ミリですが深いのでどうかしらと思いましたが、
直径があるので深さはまったく気にならない様子で食べています。
でも、もう少しだけ浅めでこの様な形がベストかと思い探してはいますが、
見つかる前にアケウが大きくなってしまいそうです(笑)



a0135577_13292671.jpg

アケウはやっぱり野菜ごろごろが好きです。
食材の味が混じってしまうのは好みではありません。
あれから一度だけ、すりおろした野菜のものを与えてみましたが、
やっぱり途中で食べるのを止めたりしました。
今では毎日この様に作っていますが、
いつも美味しそうに完食!です♪




a0135577_13301869.jpg


森修焼と一緒に入っていたリーフレットに、
『実験をして楽しんでください』と、面白いことが書いてありました。
森修焼と他の食器を用意し、同じ食材を入れてしばらく置き、
その後、味の変化をみるという実験です。
塩やレモン、酢など刺激があるものがわかりやすいとあったので、
フレッシュレモンを絞ったものを入れて試してみました。
そしたら...本当に味が全然違うの(笑)
普通の陶器に入れたものはそのままだけど、
森修焼に入れていたものはまろやかになっているんですよ。
ちょっと違う...?というレベルじゃないの。
え!え〜?って笑っちゃう位、全然違う(笑)



a0135577_1331492.jpg


a0135577_13313489.jpg


最初アケウの食器を
なぜこの森修焼にしようと思ったかというと、
安全だからというだけの理由だったんですね。
入れている料理が美味しくなる云々と書いてありましたが、
正直、味が変わるなんてのは眉唾物だろうと(笑)
でも今回試してみて実際に味が変わっているのがわかって、
本当なんだ!と今更ながら森修焼の良さを確信しました。
他にも食材の腐敗を抑える効果もあるそうで、
生肉を使うアケウのごはんの器には最適だと思いました。
森修焼から出ている遠赤外線ってすごいんですね。


a0135577_14182033.jpg


安全で安心な食器な上に、
私が作ったごはんを入れただけで美味しくなる♪
それをアケウが美味しいなぁ♪と嬉しい気持ちで食べて、
健康で元気でいられる♪
良い器に出逢えてとても嬉しい限りです♪







参考書籍 Natural Cat Care Dr.BruceFogle

ごはんの器*森修焼
[PR]
by koko_blanca | 2010-02-19 16:02 | おすすめ猫グッズ