おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

猫はなぜ長く眠るの?* 酵素の続き



a0135577_13124821.jpg




おはようございます。
只今アケウ「ん・ごー」と爆睡中です(笑)


猫ってよく眠る動物ですよね。
猫の語源が寝子という説もあるそうですね。
一日14時間とも16時間とも言われています。
高齢になる程眠る時間が増えて、
老猫は一日のほとんどを寝て過ごします。

猫ってなぜ長い時間眠るのだろうって考えたことありますか?
「そんなの猫だからに決まってるじゃない」って言われそうですね。
普通はこんな当然の決まり切ったことに疑問も持たないと思いますが、
私はなぜなんだろうなーって考えちゃうの。
...よっぽどヒマなんですね(笑)




a0135577_13131148.jpg
09/8/28



ちょっと話しは飛びますが、
先日酵素について徒然とお伝えしましたね。
(その時のエントリーはこちら
その酵素について少し追記しながらおさらいと続きを。
私の覚え書きにもします。



*『酵素』とは生命活動において何より重要なもの。
サイズは1ミリの100万分の1(1ナノメートル)単位で
タンパク質に被われた生命物質。
体内の中にあるものと外部から取り入れるものがある。


体内にある酵素のことを潜在酵素と呼び
二種類(代謝酵素、消化酵素)ありました。
加熱食であるキャットフードオンリーの食事だと
この潜在酵素をどんどん無駄使いすることまでお伝えしましたね。

実は、この潜在酵素、身体が毎日作っているんです。

「毎日酵素が出来るのだったら、フードだけでも良いじゃない」
... そうかもしれませんね。
でも体内で酵素を作れる数って決まっているそうなんです。
例えば、一生のうちに酵素を100作れるという様に。
毎日作って100になったらそれ以上はもう作れないの。
ということは、作った100の酵素を無駄に沢山使って、
早く使い終わっちゃったら...
そこで寿命は終わってしまうということです。





a0135577_13151244.jpg
09/8/23



ところでこの酵素は主に睡眠時に生産されているそうです。
寝ている間に沢山の潜在酵素を身体が作るんですね。
そして同時に酵素が全身すべての臓器の点検、
修理、入れ替え、補修作業も睡眠中に行っています。
古いもの、いらなくなったものを壊し、
新しくしたり、改善したり捨てたりする作業、
代謝活動が盛んに行われているんですね。

こうして睡眠中に体内で代謝活動が行われているのですが、
大量の酵素が必要な時があるそうです。
それは口から身体の中に入ってきたものの分解らしく、
加熱で酵素が入っていない食事の他に、
高タンパク食、高脂肪食、繊維質の少ないあるいは無い食事、酸化食など。
これらを分解するのに代謝酵素が多く必要なんですね。



... これが猫が長く眠る理由の一つと考えられませんか?



a0135577_1317628.jpg
09/9/8



猫、ネコ目(ねこもく)は、
食肉目(しょくにくもく)、食肉類(しょくにくるい)と呼ばれる様に、
言わずもがなの肉食動物です。
タンパク質と脂質が主な成分の肉を主食としているので
それを消化吸収、分解するのに大量の酵素を必要とします。
ライオンなど肉食動物が獲物を捕食後よく眠るのは、
そういった理由からなのではないでしょうか。

それと、肉食動物は獲物を今捕らえて食べても
次にいつまた獲物が捕まえられるかわからないから、
寝てエネルギーを温存しているのだという説が昔ありましたが、
主食が葉や芽で草食のコアラやナマケモノ、
果実や木の実を食べるハムスターなど、
草食、雑食でも睡眠時間が長い動物がいるのを考えると、
種による酵素の生産量の違いが関係しているのではないかと思います。
そしてもちろん、猫という種の中のそれぞれの個体によっても
酵素の生産量は違ってくると考えられます。




a0135577_13174114.jpg
09/910



猫や犬に高タンパク食が良いというのが
今や間違いだということは、
以前にも少しお伝えしましたが、
酵素学から見ても高タンパク食は避けた方が良さそうです。
もちろんタンパク質を必須とする肉食獣なので、
その個体の適量、良質のタンパク質を
しっかりと与えなければなりませんが、
過剰で粗悪なタンパク質は酵素の無駄使いになるだけです。


また、人間で言うと、生まれたばかりの赤ちゃんには、
高齢者の数百倍の酵素が存在していると言われます。
そして年齢とともにその量が減ってくるそう。
これは冒頭でお話しした、高齢になる程眠る時間が増えて
老猫は一日のほとんどを寝て過ごすというのを考えると、
猫も同様、年齢とともに酵素の量が減るからなのでしょう。
幼猫が成長のために長時間眠るのとは訳が違い、
酵素の生産力も落ち、限られた酵素で代謝を行っているので、
長い間眠らなければいけないのです。

これは酵素だけではなく
睡眠の質のアンバランスも関係している様ですが、
これはまたいつかの機会に。





a0135577_1319175.jpg
09/925



さて、ここまでお伝えしたことで、
「うちの子は長い時間よ〜く寝てるから酵素が沢山作れるわ♪」
と、勘違いなさらないでくださいね。
先にお話しした様に、
一生のうちに作れる酵素の量は決まっているのです。
それに、長く眠るということは、これも先にお話しした、
身体の代謝活動、全身すべての臓器の点検、
修理、入れ替え、補修作業、余計なものの分解に、
それだけ時間がかかっているということなんです。

気持ち良さそうに長時間眠っている様に見えても
本当は余分な力を使わない様にじっとしている。
それだけ身体が『辛い』のだと思ってあげてください。





a0135577_13203522.jpg


幼猫でも老猫でもないのに長時間眠る子、
また、いつもより長い間眠っている場合は、
タンパク質が過剰ではないか、またはその質、
そして、酵素不足なのではないかと考えてあげてくださいね。
タンパク質で言えば、良質のフードと言われているのものでも、
もしかしたらその子には合わないものかもしれません。
そんな時はごはんを別のものに変えて
様子を見るのも一つの方法です。


十にゃん十色、個体は全員違います。
その子に本当に合ったナチュラルフードを
探してみてあげてくださいね。
そして大事な酵素も忘れずに。

あなたの大切な愛する子が
元気で健康であります様に♪
そしてあなたと一緒に暮らせる日が
ゆっくり長く続きます様に♪






a0135577_1321374.jpg










*フードは加熱してあるので酵素が含まれていません。
サプリではなくごはんの一部として天然酵素フルーツザイム

参考書籍 酵素が病気にならない体を作る!鶴見隆史さん
[PR]
by koko_blanca | 2010-03-24 14:59 | おすすめ猫グッズ