おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アケウがやって来た日



a0135577_15332599.jpg
アケウ、今日で我が家に来て丸一年。
体重5.8kg




おはようございます。
今日は我が家にとって大切なmemorial day。
そう、忘れもしない昨年2009年の今日8月10日に、
アケウがやって来たのです。





a0135577_15342115.jpg


8月6日朝にキャッテリーのブログでアケウを見かけ、
その夜にブリーダーの方と電話でお話しをし、
7日朝に写真を送ってもらい、
お昼には我が家に迎えることを電話で伝え、
午後にはブリーダーの方の口座にお金を振り込み、
10日にはここに来ていました。
...こう書くとまるで衝動買いみたいですね。

でも、ある意味...衝動買いだと思っています。
それは...とにかく一刻も早く猫に来てもらいたかったから。





a0135577_1535467.jpg


正直に綴っておこうと思います。

私は、ある素晴らしい男女のメインクーンの組み合わせで生まれる
ブラウンタビー&ホワイトのはちわれの子が欲しくて、
ずっとずっと待っていたのです。
それが叶うことなく夢と終わったので、
もう夫が好きなシルバーで良いかな...と。
そこのキャッテリーでもシルバーの子が生まれたばかりだったのですが、
私が全然好みではないシルバーの子ならどの子でも同じ...
だったらすぐここに来てくれる子にしようか...と。
絶対にこの子が良い、この子が欲しいという訳ではなかったのです。

その時アケウを見て、心に響き、強く惹かれるものは確かにありましたし、
今ではアケウが私のところに来るのは運命だったと確信していますが、
誰でも良いから早く来て欲しいという気持ちがあったことも確かです。
投げ遣りでいい加減な迎え方だと言われても仕方の無いことだと
自分でも思っています。





a0135577_15432984.jpg






さて、アケウは飛行機に乗ってやって来ました。
今日の空と同じ、雲が多いけれど
よく晴れた日に。


a0135577_1550048.jpg



空港へは私一人でタクシーに乗って迎えに行きました。
理由は平日ということもありましたが
実は...夫に内緒にしていたから。
もちろんアケウを迎えるというのは伝えていましたが、
まさにその日が今日というのは内緒にしていたの。
嬉しいサプライズにしたかったんです。
でも箱を開けたら入っていたのは野良猫。
フー!シャー!で、サプライズどころではなかったんですけどね(笑)





a0135577_15503938.jpg



予定の時間より大分早めに空港へ行きました。
アケウを待たせては可哀想だと思ったからです。
貨物受け取りカウンターの横にある椅子に座り
小一時間程待ちました。

...窓口の方がキャリーバッグを持って来た時のあのドキドキ!
今でも忘れません。
今でも思い出すと胸が高鳴ります。

キャリーバッグを受け取り、そっと中を除いて
「よく頑張ってここまで来たね。えらかったね」と、声を掛けました。
キャリーバッグの奥の奥で小さくうずくまっていたアケウは
怠そうに目を細くしていてとても疲れている様子でした。

それから書類にサインをして、
駐車場で待っていてもらったタクシーで帰りました。




a0135577_1554526.jpg
アケウが入って来たキャリーバッグ。
おしっこやうんこも漏らさず、吐き戻しもしていなかったです。



キャリーバッグのドア越しに、アケウの顔を見た第一印象は、
(なんて美しい猫なんだろう!)ということでした。
可愛いのではなく、綺麗で美しい。
そんな顔立ちだと思いました。

帰りのタクシーの中で2、3度、
小さい消え入る様な声で微かに鳴いたでしょうか。
その都度「大丈夫よ」と優しく声を掛けました。

その声を聞きながら、私は、
嬉しくて、嬉しくて、嬉しくて...!
この子がうちの子になるんだ。
猫と一緒に暮らす生活がまた始まるんだ。
天使が舞い降りた様な、自分の子を授かった様な
そんな気持ちでした。


お家に着いた後、トイレとキャットタワーを設置したお部屋に
キャリーバッグのドアを開けてそっと置いておきました。




a0135577_15555525.jpg


...そのキャリーバッグの中から
飲まず食わずだったアケウが出て来るのは2日後になり
野良猫状態のアケウをキャッテリーに返すかどうか悩んだり、
それが済んだかと思うと、おしっこの粗相が始まったりと、
激動と波乱の一年目が始まるということを
この時の私と夫には知る由もありません(笑)


悲喜交々色々なことがありましたが、
なにはともあれ、アケウが我が家に来て、
私達の家族になって今日で丸一年です。






a0135577_15564096.jpg

愛してるよ、アケウ。






*昨年の日記『血統書付きの野良猫
[PR]
by koko_blanca | 2010-08-10 16:30 | メインクーン 'akeu