おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

飛騨の赤かぶ*シンプルに美味しいもの



a0135577_14534784.jpg





おはようございます。
今日はもう火曜。今週も始まっていますが
週末はいかがお過ごしでしたか?
私の方はというと、完璧とは言えないものの
崩していた体調もほぼ治ったので床払いし、
滞っていた家事に取り掛かったり
お買い物に出掛けたりと、
バタバタ忙しく過ごしていました。

写真は銀座若菜のお漬物『飛騨の赤かぶ』です。
先日夫が江戸に出張した時のお土産です。





a0135577_14542294.jpg
原材料は、赤かぶら。
漬け汁材料は、醸造酢、砂糖、食塩、唐辛子。
原材料産地はすべて国産。





市販されているお漬物の多くに食品添加物が使用されています。
PH調整剤、アミノ酸等、着色料、保存料、酸味料などなど。
見栄えや日持ちを良くする為などに使われますが、
こういった添加物だらけのお漬物は、
そのお漬物の本来の味ではなく、科学的に作られた味。
もし美味しく感じたとしても...それは舌が騙されているの。

それと安価なお漬物に使われるほとんどの野菜が国外産です。
その中には農薬やポストハーベストの気になるものも多く含まれ、
尚且つ、それを漂白してから製造することが多いそう。
漂白してから着色料で色を付けた方が簡単で見栄えが良いからです。
個々の野菜に鮮やかな色、浅漬け風や古漬け風の色、
たくあんのきれいな黄色や、いぶった風の茶色、
どんな微妙な色合いも着色料で出せるんですね。
...さてこれで目も騙されてしまいました(笑)





a0135577_14545947.jpg
この飛騨の赤かぶは無添加。
赤かぶの色が赤いところと白いところがまだらでしょ?
これが本来の色なんです。


このまだらなのが見栄えが悪いと
全体が均一にきれいな赤に染まっているものを選ぶ消費者もいるのね。
だからメーカーは着色料などの添加物を使って作らざるをえない。
売れないと困りますからね。

そしてこの赤かぶ、未開封で賞味期限が20日。
私は随分もつ方だと思うのですが、
もっと賞味期限があってもつ方が良いという消費者も。
そうするとメーカーは...保存料などを使って長持ちさせる様に作るわけ。

きれいで美味しそうで、賞味期限が長くて、安くて量が多くて...
こういった消費者の希望にメーカーはどんどん応えます。
添加物をどんどん使って。古来本来のものからどんどん外れて。
...私達消費者自身が添加物入りの食品を生み出す促進を
しているのかもしれませんね。


無添加はシンプルに美味しい。
お買い物をする時はお漬物に限らず
パッケージの裏の表示をよく読み、選んで買う
グリーンコンシューマーになりましょう。
私もまだまだ出来ないことが多いけれど、
出来ることから少しずつ
楽しみながらやっています。








さて、この飛騨の赤かぶ。

a0135577_14552916.jpg

野菜の甘さと大根の様な辛みをほんの少し感じる
赤かぶら本来の味が楽しむことが出来ます。
それに漬け汁材料が上手に染みて後引く味わい。
甘いお漬物なのでティータイムのお供やアンティパストに、
それこそ前回のすず音など、甘めのお酒に合わせても。
泡や白ワインにも合うお味で
とても美味しかったです。
ごちそうさまでした。







銀座若菜
a0135577_1456143.jpg



















*昨年の日記『イチジクの冷製パスタ
これは面白美味しかった。
今年はまだイチジクを食べてないな...
[PR]
by koko_blanca | 2010-08-31 16:08