おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アケウのごはん*或る日のお夕飯(基本の作り方)



猫の手作りごはん♪ 今夜はルーミートです♪
a0135577_1227164.jpg





おはようございます。
アケウのごはん最新版、今日は私の基本の作り方を綴ります。


アケウのお夕飯の時間は午後7時、それに合わせる様
大体夕方の4時半~5時頃からお夕飯を作ります。
では作っていきます。




...と思ったら、お野菜が届いた模様(笑)
少しお待ちくださいね。

a0135577_1227541.jpg
こちらのお店のベビーリーフとマッシュルームが気に入っているので、
定期的に取り寄せています。


a0135577_12283373.jpg
さつまいもが美味しい季節ですね。
大根は無施肥の自然農法のもの。

前回もお伝えしましたが、手作りごはん食材の野菜や果物、穀物は
無農薬無化学肥料のものを使う様にしています。



では届いたお野菜も使って早速作っていきましょう。

主食材となるお肉のルーミートは朝、冷凍から冷蔵へ上げて、夕方まで解凍。

*その日のお天気、体調、おやつや夫のお刺身のご相伴の量などを踏まえて
お肉の量、そこから来る食事全体の量を考えます。
そう考え大きく捉えると季節でも変わってきますね?
それを変えられるということ。
ここが手作りごはんのすごいところです。




a0135577_12301174.jpg
今現在、基本のお肉の量は合計60g。
(容器が14gなので74gの表示)
これより多い日はありませんが、少ない日はあります。

*お肉やお野菜のグラムは私の覚え書きなので気にしないでくださいね。
それにしてもなぜか写真が暗い(汗)
後で写真を差し替えられたらそうします。


a0135577_1231498.jpg
ルーミート40g
クッキアイオ19g
クレスタ1g
計60g

*その日に寄ってお肉の割合を変えることも。
例えばルー35g、クッキアイオ25gという様に。
クレスタを入れなかったり、フォルケッタを使う時も。



冷凍庫からさつまいもとお粥を出す。
a0135577_1232118.jpg
上がさつまいも、下がお粥。


*さつまいもやかぼちゃは土鍋で蒸してから潰す。
土鍋で炊いたお粥(精白米、七分搗き米など、うるち米の全粥)。
どちらもじっくり時間を掛けて蒸したり炊いたりします。
それを活性フィルムに入れて伸ばして冷凍。
大体6食分なので三日に一度作ります。

*活性フィルムは・・・
コルテッロやセーリオなどお肉が入っているフィルムです。
お肉を使い終わった後、よく洗ってよくすすいでから使います。
雑菌の繁殖、ドリップや冷凍焼けを防ぎ、冷凍に於ける品質劣化のスピードを
緩めることが出来るそう。ラップやジッパーバッグには出来ないワザです。
一度で捨ててしまうのはもったいないですね。

*普通のさつまいもペーストやお粥よりも お腹に優しい
スパイラルさつまいも、スパイラルお粥の作り方は次回以降に綴ります。



a0135577_12331380.jpg
森修焼きのお皿にグラムを計って載せていきます。
この時はさつまいも15g、お粥13g。
出ているグラムは違っているので気にしないでください。
写真を撮っている間に一度消えちゃったの。

*今のこの季節、冬に向けて身体がエネルギー源となる脂肪を蓄えるため、
食欲旺盛ですぐにお腹がすきます。私達と一緒ですね(笑)
なので、腹持ちが良い様に、夏よりさつまいもやお粥を多めにしています。
これより多くなる時もありますよ。



a0135577_1233456.jpg
黄色いのがさつまいも。白いのがお粥。
黒いのは雑穀粥。

*雑穀はキヌア、アマランサス、あわ、きび、ひえ、たかきび、はとむぎ、胚芽押麦、黒米、赤米など。割合はその時に寄って変わりますが、キヌアとアマランサスが他のものより少し多め。洗って丸一日程浸水した後、土鍋でゆっくり時間を掛けて炊き、すり鉢で擂るか、
フードプロセッサやミルサーでペースト状に。



a0135577_12352071.jpg
土鍋で蒸して解凍します。

以前はお肉と一緒にして冷蔵庫で解凍していたのですが、
アケウは蒸して解凍した方が好きで美味しそうに食べるので、
さつまいもとお粥はこうして解凍しています。


その間に野菜と果物を切ります。



最近のアケウのお気に入り。
a0135577_1236991.jpg
ブロッコリースプラウト、春菊、マッシュルーム。

これらは、はいどうぞとあげるとそのままでも食べます。
というか、私のサラダのお皿から勝手に取って食べる程好きなので
ちょっと困っています(笑)
ごはんもこれらを入れると食べっぷりが違います。


安心やさいで洗った野菜を、浄水機を通した流水でよくよく洗います。
水を切ってまな板に上げていきます。

a0135577_12365672.jpg
今日のお野菜達はベビーリーフから5種類と、サニーレタス、春菊、セロリ葉、マスタードリーフ、スイートバジル、イタリアンパセリ、ブロッコリースプラウト、パプリカ(レッド、オレンジ、イエロー)ミニトマト、マッシュルーム。

すりおろしにしたので、ここには写っていませんが、
ラディッシュとにんじん、大根が入っています。
後で蒸しかぼちゃも少し入れました。
果物はバナナ、柿、りんご、マンゴー。


a0135577_12401448.jpg

細かくみじん切りにしたもの。
奥はかぼちゃ。おやつで蒸したのがあったので。
手前の黄色は冷凍してあったマンゴーのペースト。
この時は野菜果物含めて25g。

アケウは野菜を大きくカットした方が好きなのですが、
インサラータのお蔭様で、細かいみじん切りの野菜にも慣れました。

ペースト状や細かいみじん切りの方が、酵素の馴染みも良く、
消化するのにも胃腸に負担が掛からないので、
本当はこういう状態のものを食べさせたかったのです。
なのでインサラータ様様なのです(笑)


*インサラータについては次回以降に。



ちなみにこれは野菜の切れ端。
a0135577_12412829.jpg
葉物の中央のスジは硬いので入れません。ベビーリーフデトロイトの赤い筋は苦味が出るので少しだけ入れて、パプリカも内側と皮を削いで中だけ、トマトも皮を剥いて種を取ったもの、
バナナも内側だけ...とカットしていくと、この様に残ります。これは私のサラダに入ります。



野菜をカットしている間に、蒸して解凍しているさつまいもとお粥が出来るので、
土鍋からお皿を出して冷ましておきます。




あ、アケウが来ましたね。

a0135577_12421180.jpg

アケウ、お腹空いた?もうちょっと待ってね。


...と言ってもごはんの時間はまだまだ先ですが(笑)
アケウは『待って』の単語を覚えたので、
遊びでもごはんでも「待って」というと、
今は遊べない、食べれないのだなぁと
わかってくれるんですよ。



a0135577_1243947.jpg
蒸して解凍し、程良く冷ましたさつまいもとお粥は奥に入れました。
手前には副食材のセンシク3g、フルーツザイム1g、
HIMALAYAのオーガニックハーヴサプリ ガーリック少々、
生酵素のスパイラルエンザイム小さじ1とアニマストラス少々。


a0135577_12435423.jpg
カットした野菜を入れます。
出ているグラムは違っています。
写真を撮っている間にまた消えちゃったの。

*以前はすべて目分量でしたが、今は何から何まで計って簡単にメモしています。
何が何グラム入っているか把握しておくことは大事だと経験でわかりました。
数字が重要ということではなく、
お肉と野菜の割合や、野菜の中の葉物と実野菜、根菜の割合など、
ごはんを作る上で何がどれくらい入っているかメモしておくと
後々必ず役に立ちます。



a0135577_12443970.jpg
りんごをすりおろしたらすぐ酸化防止にビタミンCを振り掛け混ぜます。


そのりんごも入れて、
a0135577_12474193.jpg
お水も入れます。

お水はπウォーターピタリゲン、ヴァルナπウォーター、ヴァルナパイGOLD、
バイオスO2、バイオスO2-Sのうちのどれか。

手作りごはんが初めての猫さんや、お魚好きお肉嫌いの猫さん、
ごはんの食べっぷりが悪かったりしたら、ツッパで作ったスープでも良いかもしれません。


a0135577_12501914.jpg
よく混ぜます。

この時、
「アケウのごはん、美味しくなぁれ、美味しくなぁれ」と言いながら
優しく混ぜます。
そうすると美味しくなる様でアケウもよく食べてくれます。



a0135577_12511535.jpg
この時は湯煎に掛けました。

湯煎と言ってもお湯の温度は28度以下、
手を入れてほんの少し温かいかなと感じる位の低い温度。
普通のお鍋より土鍋は保温力があるのでその温度を長くキープしてくれます。

スパチュラが入っていますがこの後すぐに掻き混ぜてから取り出し
入れっぱなしにはしません。

これからお腹に入る前の予備消化、熟成タイムに入ります。
酵素で予め消化を施しておきます。
そうするとお腹に優しいごはんが出来ます。

私が熟成させる時間ですが、
夏はキッチンラックの上にそのまま置いて1時間半、
冬は湯煎に掛けて1時間半、湯煎に掛けなければ2時間位です。

この熟成タイムの時間のために、
夜7時のごはんを作り始めるのが夕方4時半~5時頃なの。
作ったら一度か多くて二度、かき混ぜて様子を見るだけなので、
付きっ切りではありません。




さて、お夕飯の時間が近づいて来ました。



そろそろごはんだなぁと思ったアケウは

a0135577_1253143.jpg
キッチンカウンターの上で待機(笑)



今現在のサプリメントです。
a0135577_140117.jpg
メガペット・デイリー、スーパーC2000、カルシウムwithボロン3、Bコンプレックス50、
COUNTRY LIFE CoQ10 100mg、
WEIL NUTRITIONAL SUPPLEMENTS ビタミンEコンプレックス、
NATURAL FACTORS Rxオメガ3ファクターズ、
ホールフードのピュアシナジー、ベリーベリープレミアム、
タウリンパウダー、デイリー・ブースト。

*普段サプリメントを入れる量は少量ずつ。必要に応じた量を。
その時のアケウの状況によって必要なものは多めにしたりします。
例えば、ストレスフルなシャンプーの前はBを多めにしたごはんを
前々日位からあげる..など。


*今後もより良いものを探し試す予定。
新たにプラスしたいと考えているのはハーヴのホーソンや
クリルオイル、ポリコサノールやフィトステロールなど・・・



a0135577_158262.jpg

これらをよくよく混ぜます。
もちろんこの時も美味しくなぁれと言いながら...と言いたいところですが、
足元ではアケウがぐるぐるにゃあにゃあ!なので、
待って待ってすぐすぐ!と言いながらです(笑)



a0135577_12543022.jpg
出来上がり。


a0135577_1255621.jpg

一心不乱に食べています。
ピントが合いません。




a0135577_12553566.jpg
完食。


以前と違うのは、
それぞれの量を計ってメモしていること、野菜はみじん切りやすりおろしにする、
野菜ばっかりではなく、さつまいもやお粥などデンプン質をしっかり必ず入れる、
果物を数種類必ず入れる、予備消化の熟成タイムが長くなった、
サプリやハーヴの変更など・・でしょうか。
...書き連ねると以前とは大分違いますね。


アケウのごはんをホームメード、手作りごはんにして約一年経ち、
実際経験をし、今更ながらに気付いたことは、
腸内環境を良くするため、腸内の細菌叢を育てるために
「野菜、果物、穀物」が必ず必要だということ。
これが、猫の手作りごはんで一番大事なことだと思います。



では今日はここまでにしますね。
何かご質問などがあればコメント欄でもメールでもお気軽に。
私でわかることであればお伝えします♪









*安全安心美味しいお肉はこちらから
ニンナナンナ デリカ



*昨年11月の日記『アケウ生後6カ月
生後半年のこの時、体重3.6kg。
生後一年と約半年経った今現在の体重は6kg。
ゆっくり少しずつ成長しています。
[PR]
by koko_blanca | 2010-11-10 15:33 | アケウのごはん