おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ベジキーマカレー



a0135577_1614435.jpg




おはようございます。
先日ソイミートでキーマカレーを作りました。
大豆と野菜の栄養がたっぷりのヘルシーカレーです。



これがソイミート。
a0135577_1634546.jpg
オーサワの大豆ミート(ひき肉風)です。
原材料は国産大豆のみ100%、ソイミートにありがちな小麦グルテンや澱粉を使っていません。
しかも大豆の油分を圧搾法で約9割カットしているので脂肪分が少ないのが特徴です。



使い方は簡単。お湯に浸して5分戻すだけ。
a0135577_1642032.jpg
戻ったところを水切りしています。

このソイミートは戻しただけでサラダにしたりと生食も出来ます。
これ自体には味はついていません。大豆の風味だけです。

このオーサワの大豆ミートは、臭みが無くナチュラルな香りと味なのですが
中には大豆の香り、風味自体が苦手な方もいらっしゃる様です。
そういった方の下ごしらえを拝見すると
お湯で戻したものを絞ってから再度お湯に浸けて絞ったり、
お湯ではなくスープストックなどで戻す、または、
お湯で戻して絞ったものをスープストックに浸ける、などなど
色々と工夫して調理なさっている様です。



a0135577_1645390.jpg
畜産動物のひき肉にそっくりでしょ?


見た目も食感もひき肉に近いので、ひき肉の代わりとしてどんなお料理にも使えます。
ミートソーススパゲッティ、ラザニア、麻婆豆腐、ハンバーグや餃子、
そぼろにしてビビンバ、丼物にしたり、お弁当にも。
今回は久し振りにキーマカレーにしました。





a0135577_1652046.jpg
私が作るキーマカレーはソイミートの他に野菜をたっぷり使います。
...キーマカレーに限らずいつも野菜たっぷりですね、失礼しました(笑)

一番多く見えるのがたまねぎ、そして時計回りにエリンギ、椎茸、エノキ、セロリ、ニンジン、
レンコン、真ん中にゴボウ、小さい容器にはニンニクとカー(タイの生姜)のみじん切りが
入っています。




a0135577_1653374.jpg
スタータースパイスはクミンシード。オイルは菜種油です。
油に香りをつけたらニンニクとショウガ、野菜をじっくり炒めます。

たまねぎ、ニンジン、セロリなどの香味野菜は、弱火でゆっくり優しく火を通すことで
香りと旨味を引き出すことが出来ますよ。





a0135577_1661174.jpg
トマトピューレを入れて少し炒めたら、スパイスを入れてまた炒めます。
今回スパイスはコリアンダー、パプリカ、ターメリック、チリパウダー、クミンパウダー(少々)
フェンネルやカルダモンも入れたかな...いつも適当なので(笑)
無ければカレー粉だけで充分です。

戻したソイミートを入れてよく炒めたらお水を入れて沸騰させて
白ワインかブランデー、ベイリーフを入れてその後は弱火で煮込みます。

a0135577_1663578.jpg


野菜やキノコの種類が少ない時はスープストックを一緒に入れて煮込んでも。
あまり使うことはありませんが、私が持っているのは、
アリサンのベジタブルスープブイヨン、ムソーの洋風スープの素 野菜のおかげです。




最後に香りを立たせるためにガラムマサラを少々加え
塩胡椒で出来上がり。

a0135577_1665298.jpg






この時のサラダはカレーに合わせてさっぱりと。
a0135577_1672030.jpg

白菜とパクチー、桜かいわれ大根、枝つきのミニトマト...確か名前はキャロルセブン。
この頃お気に入りのトマトです。

小さい器に入っているのは、わかめとコーンの酢の物レモングラス風味。
薄くスライスしたレモングラスをたっぷりと入れました。

カレーの時はピクルスやマリネ、酢の物など、
ビネガーやお酢を使った一品を添えるとバランスが良いですよ。
あとは刻み葱を載せた木綿豆腐の冷奴。

a0135577_1675648.jpg





今日もご飯はジャスミンライス。
でも以前色々試してみた結果、キーマカレーに一番合うのは雑穀入り七分搗きご飯と判明。
わかっていたのですがうっかりお米を研いでおくのを忘れてしまったの(笑)
こんな時は洗ってすぐに炊けるジャスミンライスが便利です。

a0135577_169508.jpg




正直な話、ソイミートを使わなくても、野菜だけでキーマカレーって作れるんです。
meat malletで叩いたエリンギや椎茸をみじん切りにすればお肉の食感になるし、
キノコ類、日高昆布の粉だし(昆布を微粉末にしたもの。昆布の粉ですね)を合わせると
グルタミン酸、グアニル酸で相乗効果の高い旨味になるし、
それにたっぷりの野菜を合わせたらもう充分な美味しさなの。

このソイミートも気が向いた時だけ、たまにしか取り寄せません。
以前も然程使っていませんでした。私は面白いなぁと思うのですが、
味にしろ食感にしろ、素材そのものが好きな夫が好みではないの。
これを食べるんだったら茹で大豆をそのまま食べたい彼。
そぼろだったら高野豆腐で作った方が好きな様です。


なにはともあれ、このソイミートは
ベジタリアンになったばかりの方や、肉食が大好き!な方におすすめ。

大豆は畑の肉と呼ばれる様に、
タンパク質など栄養がたっぷりバランス良く含まれているのはご存知ですね。
食物繊維も多く含み、大豆サポニン、大豆レシチン、大豆オリゴ糖など現代人が摂りたい成分、
女性に嬉しい大豆イソフラボンなども含みます。
以前お伝えしたがん予防に効果があるデザイナーフーズの上位にも大豆は入っています。

お肉と同じ位タンパク質を含みますが、脂質は半分以下、
コレステロールはなんとゼロです。
その大豆で出来たソイミートを上手にお料理に取り入れて
心と体に優しく、ヘルシーで美味しい食生活にしたいですね♪










a0135577_16102443.jpg













*高野豆腐そぼろの作り方はこちら。『精進ビビンパプ』ビビンバのレシピです。

*アケウを見たい奇特な方(笑)はこちら。
昨年2月の日記『アケウのおやつ*無酸処理の海苔
海苔が好きな猫さん、多いですよね。あなたの愛する子のおやつは何ですか?
[PR]
by koko_blanca | 2011-02-18 17:03 | キッチンにて