おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【拡散希望】5年ぶりの動物愛護法改正のチャンス!パブリックコメント簡単ツールあります☆


5年ぶりの動物愛護法改正のチャンス!パブリックコメント簡単ツールあります☆




 私たちの力で 殺処分を減らしましょう!

 動物後進国と言われる「恥」を払しょくしなくては!






忙しい方や、初めてで躊躇されている方にはオススメです。

 ・シッポたちを守るために何かしたい。

 ・メールが出来る。

 ・コピー&ペーストが出来る。

 ・10分なら時間が割ける。
   読んで、同意見にチェックを入れて、
   コピー&ペーストして、メール送信に要する最短時間目安です。



この4点の条件がそろう方はこちらからお進み下さい。





【5年に一度の動物愛護法改正に関して 情報まとめ】

  難しいことも、わかりやすく解説します。
   画面中央⇒⇒●パブコメ解説&文章制作ツール●


募集期間 ・・・平成23年7月28日(木)~平成23年8月27日(土)必着


↑サイト作成にあたり、私も ほんのほんのちょっとだけ お手伝いさせていただきました。

なので、ぜひ・・・(*^_^*)




-----------------------------------------




ちゃんと学んでから参加したいと思ってくださる方は

NPO法人 地球生物会議(ALIVE)
【パブリックコメントに意見を出そう!】で各項目ごとの記載をご覧ください。
http://www.alive-net.net/pub_comment/index.html




 啓蒙・啓発では☆超☆がつく団体さんで↑を超える内容は無いと思ってくださっても良いでしょう。
 本当に文字だけで、泣いちゃうような画像で煽ったりもなさっていませんから、泣き虫サンでも大丈夫^^


  ご自分で書かれる場合は「賛成」と「反対」の使い方に注意くださいね。

  賛成ですか?反対ですか?の質問に答えるだけですが、これを間違うと逆効果!

  「賛成」と「反対」の文字だけが、意見のカウント対象に成り得ることも考慮ください。




「続きは改めて・・・」と言いつつ、
8月27日の締切期限が迫ってきちゃったので端折らせてください(大恥)
           ・・・・ご質問があれば、ナンナまでお問い合わせください♪


今回のパブリックコメントの最大のポイントが 

 ↓コレ↓

---------------------------------------
(5) 犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
---------------------------------------

8周齢(およそ2か月)を法律で厳守させられるかどうかです。

====繁殖業・販売業者・購入者による殺処分を減らすカギになります=====

 ・未成熟なうちに親兄弟から引き離すことで「社会性の欠如」が起こり、
   それを【懐かない】あるいは【問題行動】と決めつけられ、結果殺処分に繋がります。

 ・過酷な繁殖回数は、健康な子犬子猫の誕生には繋がらず、
  不健康に生まれてしまった子、あるいはそうであろうと推測される子たちは利益を生み出さないために
  繁殖家による積極的な殺処分が行われています。 

 ・母体に大きな負荷がかかるような過剰繁殖によって生まれた子や、十二分に母乳を飲めていない子は
  体質的に弱いため、過酷な展示販売に耐えられず命を落とす子がいます。
  (酷い場合、その影響は生涯を通じてもたらされる場合もあります。)

 ・業者の手元で一定齢を超えて買い手が付かなかった子たちは
  もはやその業者にとっては無用、負担増なだけのお荷物のため殺処分となったり
  実験用動物として転売されてしまいます。

 ・8周齢まで母ネコ・母犬や兄弟たちと過ごすという事は、過剰になる繁殖回数を制限することに繋がります。
  これは出産マシーンとして生ませ続けられる子たちをも減らすことにも通じます。

 ・「幼くなければ懐かない」という根拠のない“嘘”を突き崩さなくてはいけません。
  ・・・全くのノラネコさんとして大人になった子でも、
     愛情を注げばおつりが来るくらいの信頼関係を築けますってばぁ!



引き離し日齢は譲っても、厳守8周齢が最低ラインです。


この1点だけは、どんなことがあっても勝ち取らないと・・・・・・なんです。


        ところが、業者さんはこの8周齢が経営の大きな壁になります。

        幼い子たちのお世話期間が長くなると経費増となり
        「小さければ小さいほど可愛い」と感じる購入者の衝動的感情をくすぐることが
        出来なくなることは
        販売頭数=利益に大きくかかわってきます。
        
        8周齢を法律で定められてしまうことは業者にとっては死活問題!
        従って業者からの大きな反発は容易に推測できるわけです。



 前回動物愛護法改正の時のパブコメ結果の
 週齢規制問題について【愛護側 200】 【業者側 9500】の数に
 疑問をお持ちの意見もあるようですが


 http://www.env.go.jp/council/14animal/y140-14.html
 中央環境審議会動物愛護部会(第14回)議事要旨(・・議事録)に書かれています。

  <配付資料>の以下からPDFファイルがリンクされています。
   ●資料1 動物取扱業、特定動物等に係る改正法の施行等の在り方に対する
    パブリックコメントの
    実施結果の概要について) [PDF 27KB]

   ● 意見の概要と意見に対する考え方 --  [1] 動物取扱業に関する基準等

        
  


【殺処分を減らすため】と思ってくださって構いません。
8周齢厳守だけでもご協力をお願いいたします。


















Cat's専科NinnaNanna 管理人ナンナ様Blog
Shall We Nyans?より、一部転記させて頂きました。
記事は『こちら』です。
詳細は情報元リンク先にて是非ご覧ください。





*しばらくの間このエントリーをトップに配置します。
 新しく日記を綴ったものはこの下になります。

Date:2011-08-18-09:17:57:JST
[PR]
by koko_blanca | 2011-08-18 09:17 | 愛する猫たち