「ほっ」と。キャンペーン

おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

仔猫に安全な猫砂 ナッティキャット


固まらない安全な猫砂ナッティキャット

a0135577_1057260.jpg




a0135577_1154166.jpg

無農薬オーガニックのアルファルファで出来ています。






おはようございます。
以前... 2年前でしょうか、ナッティキャットのことは綴りましたが、
迷子の仔猫だったちゅらを拾ってから新たに思うところがあり
再度綴っておくことにしました。


アケウを我が家に迎えてから猫砂はずっとナッティキャットです。
... と、言いたいところですが、実はそうではありませんでした。


お腹の弱いアケウはちょっとしたことですぐ軟便や下痢になってしまう子です。
猫飼いの方だったらわかると思いますが、普通のうんこと違って
軟便や下痢はとても臭いんですね。
お腹に悪玉菌が増えやすいアケウも例に洩れずとても臭かったんです。

それで当時ナッティキャットより消臭効果の高い猫砂は無いかと探し、
100%天然木、針葉樹のパインチップだけで出来たという猫砂を見つけました。

猫が口にしても危険がないという意味合いの様なこともパッケージに書かれていましたし、
フィトンチッドの様な森林の香りも心地良く、やや黄みがかった明るい木の色のペレットなので、
うんこがついたところがわかりやすいし、取り除きやすい。
これは良いものを見つけたと思いました。

何より消臭効果が非常に高いのです。
うんこも砂を掛けてしまえば臭わず、おしっこも時間が経つ程に臭わなくなる。
どうやらスノコの下に砕けて落ちたペレットにも消臭効果がある様なんですね。
これはすごいなぁと感心する程、臭わなかったです。

それでしばらくその木製の猫砂を使っていたんですね。
おがくずの再利用、森林資源のリサイクルというのも素晴らしいと思いました。


ただ、100%安心だと思って使っていた訳ではなかったんですね。

というのは、「仔猫や赤ちゃんが粉末のホコリを吸ったり、
過って口にしても大丈夫」とメーカーのホームページに書いてあるのですが、
(↑この過ってはたぶん「誤って」の間違いだと思いますが、
そのまま「過って」、よぎって、かも。猫トイレをよぎってという意味?)
販売している小売店を見ると【警告】として、
「この製品は食べられません。誤って食べてしまった場合には、
念のため、医師の診断を受けてください」と記載があるんですね。
恐らくは、ホコリを吸う程度や少々は問題が無いが、大量に食べた場合は念のため...
という様なことだと思うのですが、
それにしてもやはり「食べられない」、「食べたら医師の診断を」とあると、
それが少しであっても、本当に大丈夫なのかと思わずにはいられませんでした。


それと、パッケージ裏に記載されている主原料の針葉樹(間伐材又は製材)のおが屑の
原産国(加工)が、以前は英国だったと思うのですが、今は国産又は外国産となっていました。

詳しくはメーカーに問い合わせた訳ではないのでわかりませんが、パッケージ裏を見る限り、
以前と違って今のものは英国で生産されている訳ではなさそうなので、
国産となると、震災後は原材料の地域、放射能のことも大変心配でした。



... それにしても猫砂一つでこの騒ぎです(苦笑)
あれこれと心配し、悩み、考えてしまう。
でもね...アケウとちゅらに猫生を託されたんですよね、私。

今回のトイレ砂でも、先日のノミ対策などのお薬にしても、
例えばシャンプーでも、ごはんでも、お水でも、それをあげる食器でも、
この子たちのものはすべて、私が選ばなくてはならない。この子たちは選べないんです。
そして私がハイと与えたものを、使ったり食べたりするしかない。受け入れるしかないの。
それが例えば身体に悪いものでも、何も考えずにただただ私を信頼して受け入れる。

この子たちを健康で元気で長生きさせるも否も、私の手にかかっている。
そう思ったら猫砂一つとってもやっぱり適当好い加減ではいられないのです。
いつもブログを見てくださっている方、「安全な猫砂」で検索して来てくださった方なら
きっと私の気持ちがわかってもらえるのではないかなぁと思っています...




猫砂についてそうこう考え迷っている時に丁度ちゅらが我が家にやってきました。
それでどうしたかを先にお話しすると...ナッティキャットに戻したのでした。



拾った時のちゅらは体重435グラム、目も青くまだ幼い生後1か月に満たない仔猫でした。

a0135577_10583233.jpg

懐かしい写真でしょ?(笑)


当時の日記にも綴りましたが、
まだ小さいので、植木鉢の受け皿や浅いトレーを猫トイレ代わりにして
それに件の木製のペレットを入れていたのですが...
なんだか上手に使えないのです。


a0135577_10581436.jpg


注意して見ていると、どうやら、ペレットの大きさと重さが
仔猫のちゅらには合っていない様子でした。
ちゅらの手よりもペレットが大き過ぎて重いのでしょう、上手に砂をかけないのね。
仔猫の手って思ったより小さくて薄いので、かいてもかいても砂が動かないの。
それまで普通の大きさ重さだと思っていた猫砂も、小さい仔猫には合わないんですね。

この猫砂ではトイレトレーニングも上手くいかなくなってしまう...と、思っていた矢先に、
今度はその猫砂で遊び始めました。

仔猫だから何にでも興味を示して遊ぶのは良いのだけど、その遊び方が問題だったの。
一粒コロコロと転がした後に、口にぱくっと咥えてぽいっ!て(汗)
ちゅらが口に咥えて投げるのを繰り返しているのを見た途端、
一抹の不安を抱きながらも何と無く使っていたこの猫砂を
今すぐにでも変えなければと思ったのでした。





さて、このナッティキャット。


a0135577_10571554.jpg



a0135577_11101254.jpg

固まらない砂なのでスノコ式のトイレを使います。
我が家のはリッチェルのコロルネコトイレ55Hすのこ付きのグリーン。


それにナッティキャットを2袋入れています。

a0135577_1111484.jpg



a0135577_1112125.jpg

アケウもちゅらもうんこの時に砂を沢山掘って使いたいらしいので、2袋にしていますが、
あまり掘らない子だったら2袋でなくても良いかもしれません。
砂の量はその子の好みに合わせてくださいね。



2袋入れてこの位。

a0135577_11121535.jpg


ちゅらを拾って1週間後からナッティキャットに戻しました。
ナッティキャットは粒が小さくて軽いので、
幼い仔猫の小さく薄い手でもとても上手に砂をかくことが出来ます。
こんなにこんなに小さい仔猫なのに、なんて上手に砂をかけるのだろう、
本能ってすごい!と、それはもう見ていて感動する位です(笑)



砂をかいているところではないのですが...



あまりに可愛いので。

a0135577_1113121.jpg

おしっこしてます。




真剣にしてます。

a0135577_11123489.jpg

可愛過ぎる。

猫っておしっこやうんこしている時も本当に可愛い!





一般的な固まる猫砂は、猫と猫飼いの健康にとても良くないそう。

猫トイレを掃除する時、猫砂のホコリが舞い上がるので、
目を細めて掃除していたり、或いは息を止めていたり、それでも時には咳き込んだりを
猫飼いなら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

凝固剤や抗菌剤がホコリになったものを吸うだけの人間なら未だしも、
それらが付いた手足を必ず舐める猫。
凝固剤や抗菌剤は化学物質。その化学物質、ケミカルが少しずつ、
でも、毎日必ず、身体に入ります。
そうすると、どうなるか。
化学物質、ケミカルの害で顕著なのがアトピー性皮膚炎などのアレルギーです。

アレルギーについては私も初学者ですし、とても長くなってしまうのでここでは割愛しますが、
とても大雑把にお話しすると、
体内に入ってきた異物を免疫が感知するとまずIgG抗体で排除しようとします。
でも、細菌やウイルスなどの微生物と異なる化学物質の場合、
それをクラススイッチしてIgE抗体を使うそう。
そのIgE抗体は炎症やかゆみを引き起こします。
アレルギーと密接な係わりがあるIgE抗体です。

凝固剤や抗菌剤などの化学物質が使われている猫砂を使うということは、
怖いアレルギーを引き起こすかもしれないケミカルを
毎日愛猫に食べさせていることになりますね。


あなたの愛猫が少しでもアレルギー気味なら、ごはんやお水の見直しと共に
猫砂を変えることも考えてみた方が良いかもしれません。





a0135577_11132732.jpg

今はしなくなりましたが、以前は私がトイレ掃除をしていると
必ずこうして覗きこんでいました。




別な日。

a0135577_11134155.jpg

トイレ掃除をすると走って来ます。




釣られてアケウも来ました(笑)

a0135577_1113548.jpg



a0135577_11141151.jpg



アレルギーと言えば、これはMaster of Catsから聞いたオフレコな話。
このブログを見てくださっている方にだけ、内緒でお伝えしますね。


「その方は猫さん2匹と犬さん2匹を飼っているんですよ。
その犬さんがね、猫砂の全取り換えをするとばくばく食べちゃうんですって。
そう、ナッティキャットにしてから。 ナッティキャットを食べちゃうの。
そしたらね、その犬さん、ずーっとアレルギーだったのが治っちゃったの。
だからごはんに混ぜるのナッティキャットでも良いですよ」



...これでは、よくわからないですね(笑)
前後を説明すると、
私はアズミラのメガペットデイリーを手作りごはんに混ぜているのですが
2にゃん分になるとごはんの量に対してサプリの香りが強過ぎて食べ難くなってしまうので、
他に何か食べやすいマルチビタミンが無いか伺ったのね。
そしたらアルファルファが主体のサプリを教えてくださったのだけど、
もし抵抗が無ければナッティキャットでも良いんじゃない?
ナッティキャットはオーガニックのアルファルファだしって(笑)

それを聞いて私は「えー?!ナッティキャットをごはんにー?!」
...とは、全然思わなかったのね。

なぜかと言うと、アルファルファって日本ではあまり馴染みが無いと思いますが、
サプリメント大国のアメリカではとってもメジャーなサプリメントなのです。
アルファルファは食物繊維、マグネシウム、銅、鉄分、マンガン、カルシウム、カリウム、
亜鉛、βカロチン、ビタミンC、D、K、B群、クロロフィルなどなど、
ミネラルとビタミンを豊富に含んでいるスーパーフード。
クセが無いのでハーブティーにもブレンドされよく飲まれているんです。

なので、
そうか...!ナッティキャットはアルファルファ100%で圧縮プレスしただけのもの。
他のものは一切使われていないし、しかも、オーガニック。
サプリメントと一緒だ...と思ったの。

でも、まずミルサーにかけて粉砕しなければいけないだろうなぁとか、
お水を加えた時の状態とごはんの水分量の調節とか、食物繊維だから与える量とか、
色々考えなければならないことと、何より手間が面倒で(笑)結局まだ試していません。
それにオーガニックの種から育てたフレッシュな自家製アルファルファを
ごはんに入れていますしね。




a0135577_11431915.jpg


猫砂は食べてはいけないというのが通説ですが、
ナッティキャットはお口に入っても大丈夫、
むしろお腹が役立てようとする、サプリメントクラスの猫砂。

こんなユニークで素敵な猫砂は他にありますか?

ユニークなあなたの愛猫にも
おすすめの猫砂です。













a0135577_11441339.jpg






















*↓ナッティキャットの最新情報、パッケージとサイズの変更です。
http://ninnananna.jp/nanna-goods/NattyCat/NattyCat_index.htm
以前は2キロと10キロでしたが、5キロのみのサイズになるそうです。
今までのグラムに換算するとお値段もお得になりました。
我が家では全取り換えで4キロ、その後少しずつ追加するのに1キロで
丁度良いサイズとなり嬉しい限りです♪


*『固まらない安全な猫砂
ナッティキャットを初めて綴ったのが2009年8月。
以来、「猫砂 安全」などで検索して来てくださる方が多く、
愛猫を本当の意味で大事にする猫飼いの方が増えているのだなぁと
とても嬉しく思います。


*ナッティキャットはあくまでも「猫用トイレ砂」であり「食品」ではありません。
前出の犬さんの様に、身体が欲して自らパクパク食べちゃう子はさて置いて、
積極的な給餌をおすすめしている訳ではありません。
そんなに良いものなら愛猫に食べさせてみよう♪という柔軟で斬新な考えの方も、
安易な真似はせずに、信頼が出来るお店の方にご相談ください。

ちなみに、サプリメントは、必ずお店の方と相談して買いましょう。
口コミも良いしきっと我が子にも合うはず...と、勝手に選んで買うのは好ましくありません。
それがどんなに高価なものでも、その子の身体に合っていなければ効果は見込めません。
効果が無いならまだしも、その子の身体に酷く合わない場合には、
急性アレルギーなどの症状が出てしまうことがあります。
サプリメントを初め、ごはん、お水、愛猫に関するものを取り揃える時、まず最初にすることは、
信頼して相談が出来るショップを探すことです。
...あなたがサプリメントを熟知している専門家なら、この限りではありません。
[PR]
by koko_blanca | 2011-09-23 12:32 | おすすめ猫グッズ