おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

初 道後温泉、然る後...



a0135577_10453571.jpg




おはようございます。

この土地に移り住んで早3年目。
それなのに初、道後温泉入湯です。
出不精にも程がありますね。

でも夫のせいにしちゃう。
「連れて行ってくれなかったんだもん」。
「以前住んでいたところにも有名温泉が近くにあったのに
そこへも一度も連れて行ってくれなかったんだもん」。


...愚痴終了(笑)



さて道後温泉は我が家のすぐ近くにあります。
タクシーだと10分15分で行けちゃう距離。
でもバスと路面電車でのんびり道行きを楽しみました。


まずは近くのバス停まで歩き、
伊予鉄道株式会社、通称、伊予鉄バスで出発。

a0135577_10455841.jpg


乗り継ぎが近い経由のバスではなかったので
大街道というアーケード内を歩きます。

a0135577_10461389.jpg

途中にあったJUICE BAR。
色々な種類のみかんジュースが飲めるみたいデス。。



アーケードを抜けたら伊予鉄路面電車の停留所。

道後温泉行き。

a0135577_10592171.jpg

前回は坊っちゃん列車だったけど、今回は普通の路面電車。
なので坊っちゃん列車の半分の値段で行けます(笑)



a0135577_10472472.jpg

古い電車だったのでちょっぴり昔気分。



a0135577_10473922.jpg

ごとごと揺られて行きました。



道後温泉駅。

a0135577_10475281.jpg




坊っちゃんカラクリ時計。

a0135577_1048211.jpg



夫が道を間違えたので遠回りで散歩になる(笑)



途中にあった延喜式内 伊佐爾波神社

a0135577_10485016.jpg

写真がヘタなので伝わらないと思いますが、
この階段が!すごいの!
傾斜も上までの距離もかなりきついの。
だからという訳ではありませんが、
お参りはしませんでした(笑)



やっと到着♪

道後温泉ふなや

a0135577_10492797.jpg


実はこのふなやさん、
道後温泉観光案内所では教えてくれないの。
夫が調べ、行こうと決めたところなのです。

道後温泉駅を出て向かって左側、商店街入り口に、
道後温泉観光案内所があるのですが、
そこで日帰り入浴出来るところを聞くと、
道後温泉本館と、そこに行く途中にある銭湯、
なぜかその2件だけしか教えてくれないのね。

観光客でごった返している観光者向けの温泉は如何かと思うと夫の談。
まあ観光気分にどっぷり浸かりたい方は良いかもしれませんがanyway,
このふなやさんは本当に良かった!



四季折々の情趣豊かなエントランス。

a0135577_10494872.jpg

力強い松、淑やかなのに華麗な胡蝶蘭、それを結う金銀水引。

壬辰。

手鞠。

ところで手鞠の季語は新年ですよ。
綺麗なお着物を着て手鞠で楽しそうに遊ぶ
小さな手が思い浮かびませんか♪
初春、ですね♪




大好きな器が展示されていたので思わずパチリ。

a0135577_105037.jpg

これは、江戸、明治、大正に掛けて
実際にふなやさんで使用していた物だそう。
漆器は主に輪島塗、陶器は古伊万里、小久谷、織部、等々...

「保存状態が良く、ふなやでも自慢の一品です」と話しておられたけど、
良い状態で長い年月保管するのは大変なこと。漆器は特に。
本当に大切にしているのだなぁとつくづく思う。


a0135577_10501724.jpg

ああ、この織部の濃緑の味わい深いこと!



創業380年余りの誠実な日々が窺える器でした。
宮内庁御用達のお宿というのも納得です。



さて、大浴場に向かいます。


もみじ橋から写した詠風庭...ですが、

a0135577_10503331.jpg

これではよくわかりませんね(汗)

ところでもみじ橋とは大浴場に向かう渡り廊下。
正岡子規が「亭ところ々 渓に橋ある 紅葉哉」と詠んだことから
「もみじ橋」と名づけられたそう。



残念ながら混浴ではないので(笑)夫と別れ、
時間で落ち合うことに。



檜湯。

a0135577_10505120.jpg




入口に掛けてあるのは
高浜虚子(たかはま きょし)の詠んだ句。

a0135577_1051246.jpg

ふるさとに 花の山あり 温泉あり

心に溢れる喜びが伝わる句ですね。



...写真とりあえずはここまで。
リニューアルされたらしくキレイで清潔な脱衣所や、
大浴場の中も写したかったのですが(笑)



道後温泉ふなやさんは

【源泉名】道後温泉第5分湯場
【泉質】アルカリ性単純泉(低張性高温泉)
【泉温】46.8度
【成分】pH値 9.1

...と、じゃらんのここにありますが、
まさに100%源泉で豊富な湯量、肌に添う柔かなお湯でした。
それになぜか疲れないお湯...というのは、
私は温泉に入ると疲れた様に身体がだるくなるのですが
なぜかしらそれがまったく無いのでとても楽でした。



ゆっくりお湯を堪能した後は
夫と一緒にガーデンテラスこもれびへ。

a0135577_1052184.jpg

ほんっと、気持ち良かったね~!とほぐれる夫と私。



ホテルの時間的に混雑しない時間帯だったのも良かった~。
大浴場も喫茶も貸し切り状態で静かにのんびりくつろげました。

a0135577_10521538.jpg

周りもとても静かです。



日帰り入浴に500円のドリンクチケットが付いているので♪

a0135577_1053873.jpg

私は燦々ジュース、夫のはハニースプラッシュ。
ハニースプラッシュは、柑橘の蜂蜜漬け、ジャムの様なものをペリエで割ったもの。
柚子、夏柑、伊予柑、すだちと4種類ある中で、夏柑を選んだのだったかな?

私の燦々ジュースは少し強めの甘さでしたが自然のみかんそのものの味。
何よりストレートジュースで濃縮還元の嫌なくどさが無かったのが嬉しかったです。
夫の方はペリエ割ということもあって甘さがすっきり、しゅわしゅわのお味。
どちらも冷たく喉を潤す美味しさでした。




美味しいジュースを飲みながら外を眺めると
詠風庭の木々が優しく揺れます。

a0135577_10533334.jpg

緑に包まれてリフレッシュだわ。
ちなみに左上に見えるのが私の入った檜湯。


最初、夫も私もたばこを吸わないしその煙が苦手なので
人が少なくて良かったねと話していたのですが
後に、ここの喫茶を初め、レストラン、ロビーも
すべて禁煙だと知りました。


日帰り入浴でもゆっくりくつろげ良いお湯でした。
とてもおすすめの道後温泉ふなやさんでした♪





そうそう、帰り際通った売店に同じものが売っていましたよ。
a0135577_10535344.jpg



a0135577_1054697.jpg

これをペリエで割ったのねー...なんて感心した様に話しながら、でも買わずに(笑)
ふなやさんを後にしました。




食事をしようと夜の街へ。




あああ?!

a0135577_10544258.jpg

ちーちゃんがこんなところに!(笑)

...あ、ちぃちゃんじゃなくて、ちーちゃんか!
ちぃちゃんを知らない夫をよそに大ウケの私(笑)



......長くなってしまったので続きはまた今度。













a0135577_10541987.jpg















                         ちーちゃん看板二つもあるし(笑)



そして続きはこちら
[PR]
by koko_blanca | 2012-02-08 12:00 | 好きなもの、幸せなこと