おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

キャットグレードのローミート


手作りごはんのそのお肉、
キャットグレード? それとも、ヒューマングレード?

a0135577_21383427.jpg





おはようございます。
先日届いたアケウとちゅらのごはんです。


a0135577_21384713.jpg

白い保冷ボックスがニンナナンナ デリカのローミートほか手作りごはん食材、
ちなみに段ボールの方は本館Cat's専科ニンナナンナから届いた猫砂、サプリです。



ナッティキャットとアズミラスーパーC2000など。

a0135577_21385943.jpg




こちらがごはんのローミート。
猫の手作りごはん食材です。

a0135577_21391249.jpg

エアーパッキンできっちり包まれた食材が、保冷ボックスの中で動いて遊ばない様に、
粘着テープでしっかり固定されています。

このエアーパッキン、食材の緩衝材の為だけと思うでしょ?
実はそうではないんですよ。

震災後の計画停電が行われた時に、冷凍庫内の停電対策として、
食材をエアーパッキンで包んでおくと良いとの情報を耳にされた方も多いと思いますが、
その通り、エアーパッキンは外気温の遮断に大変優れている素材。
お肉その他の食材を緩衝且つ保冷、ダブルでしっかり守ってくれています。
このエアーパッキンは他のものと違って、焼却処分時にダイオキシンを発生しない
素材だというのも嬉しい。



エアーパッキンを開くとこんな感じ。

a0135577_21392588.jpg

ホームネオアイスの冷気が流れ出し、周りが冷え冷えです。



ホームネオアイス。

a0135577_2139362.jpg

ドライアイスと同様の能力を持つ、新開発冷凍・冷蔵剤です。

*標準装備の保冷剤は別のものとなります。




さて、いよいよ手作りごはんの食材です♪

もうね、届いて見る度にわくわくするの♪
これでまたアケウとちゅらに、
安全安心な美味しいごはんが作ってあげられるなぁって♪



マンマフォルツァ シリーズの
コルテッロ(ムネ・ササミ ミンチ)とセーリオ(モモ・ムネ ミンチ)

a0135577_21395398.jpg

キャットグレードの正肉です。

コルテッロはムネ7、ササミ3。
セーリオはモモ6、ムネ4のバランスの良い配合で作られているので、
手作りごはんが作りやすいのです。




クッキアイオ(内臓ミンチ)

a0135577_2140752.jpg

猫の手作りごはんには絶対に必要な内臓です。
キモ(肝臓)、ハツ(心臓)、ズリ(砂ズリ)の、3種ミックス、生で使えます。



ところで、お肉はそのロットによって違います。
どういうことかと言うと...


色の違いがわかりますか?

a0135577_21402381.jpg

上の方は大分オレンジ掛かっていて、下は赤が強いでしょ?


これはどちらも同じクッキアイオですが、ロットが異なります。
前回のものが残っていたので、今回のものと並べてみました。
写真では分かり難いのですが、実際目で見ると、色の違いがもっとわかりますし、
色だけでなく、質感や香りの違いもあります。

これは、複数ある厳選した指定ファームの、個別の鶏だからできることだそう。
鶏は鶏でも、同じ鶏ではないんですね。
更に、その個別の鶏の組み合わせを、ロットごとに変更して、変化を付けているそうです。
生活環境や飼料、品種が決まっている特定ファームの同じ鶏ではないので、
ずっと使い続けていても、偏ることなく安心なのです。



ちなみにこれはロットの違うセーリオ。

a0135577_21403760.jpg

上が白っぽくて、下が赤みが強いです。
上と下では黄色味も違うので、脂肪の質が異なる鶏なのでしょうね。

この様に、すべてのマンマフォルツァのお肉は
ロットごとに違うんですよ。




フォルケッタ(キンカン)

a0135577_21405063.jpg

卵黄になる部分のキンカンです。
これも手作りごはんには欠かせません。
入れる量は違いますが、毎食必ず入れます。




ツッパ(スープ専用ミンチ)

a0135577_2141740.jpg

これは普段あまり使わないのですが...


普段ごはんの水分調整はタヒボ茶(二番煎じ)でしています。
タヒボを使う前まではピタリゲンやヴァルナπウォーターを使っていました。

なぜ水分調整が必要かと言うと、
作ってみるとわかるのですが、お肉その他をただ混ぜただけでは固すぎるんですね。
猫は舐めとる様にごはんを食べるので、固いままの状態だととても食べ難いんです。
ぺちぺちぺちと舐めた時に、とっとっとっ、すっすっすっと続いて、
ごはんがスムーズにお口に入っていく、程良いゆるさのごはんが一番食べやすいし、
消化にも良く、美味しいんですね。

それでその水分調整はタヒボでしていたのですが、
アケウの体重が少しでも増えてくれる様に、
タンパク質と脂質アップにスープも使ってみようと思いました。
ただ、野菜好きとタヒボで慣れているアケウとちゅらが、
好んで食べてくれるかどうかですが。

なにはともあれ、ツッパを使うとコクと旨味が格段にアップするので、
例えばそれまでフードばかり食べていた仔が手作りごはんに切り替える時などは
とっても強い味方だと思います。




これはちゅら専用。

安心お魚ヒメマス スライスミンチ

a0135577_21412327.jpg

いつもは3枚入りを購入するのですが在庫切れだったので。


重金属他の汚染が怖くて、普通に売られているお魚は、
食事のメインである手作りごはんに使う気持ちになれませんでした。
なので、アケウも、週末に夫のお相伴で一口ちょっぴりもらうだけのお楽しみでした。
(それでも水銀含有量の多いマグロなどはたった一度もあげたことがありません)
震災以降は夫もお魚をあまり口にしなくなったので、お相伴の回数も激減、
なので、この安心お魚の取り扱いが始まった時は本当に嬉しかったです。

最初はヒメマス、トラウト、イワナ、どれも美味しそうに食べていたんですが、
一通り食べ終わった後に「私はヒメマス☆」と思ったらしく(笑)
今はこれしか食べなくなってしまいました。
お魚だけを使っての手作りはせず、主にトッピングとして使っています。



ちなみにこれは前々回位に届いたトラウト。

a0135577_21413717.jpg

匂いを嗅いでヒメマスじゃないとわかると、その下のごはんも残してしまうので、
トッピングできなくなってしまいました... 夫と私で頂こうと思います(笑)




カンガルーミンチ、ダチョウミンチ

a0135577_21415280.jpg

これはアケウが小さい頃から好きなお肉。
でも少し前から、これとクッキアイオだけで作ったごはんは然程喜ばなくなりました。
なのでトッピングとして使ったりしていましたが、今はアケウの体重を増やすために、
正肉としてマンマフォルツァのお肉と少し置き換えるレシピを試しています。




キャットインサラータ

a0135577_2142448.jpg

これは本当におすすめ!一押しの手作り食材です。

ペースト状のフローズンサラダなのですが、腸内細菌を育てる力がとんでもなく高い。
発売当初からずっと使い続けていますが、使えば使う程、そう実感しています。

手作りごはんの野菜として、毎食必ず一定量は入れますが、
うんこが若干柔らかめかなぁと、アケウのお腹の調子が少し心配な時、
逆に、ちゅらのうんこが固すぎてトイレで時間を掛けて踏ん張っている時、
私が野菜を準備、調理出来ない時、おやつの時などなどには、
全部を置き換えにして使っています。

野菜をすべてキャットインサラータに置き換えただけで、途端にうんこがつやつやぴかぴか。
腸に善玉菌が増えているのが目に見えてわかるの。うんこで確認出来るんです。

私も真似て作るのですが、やはり全然違いますね。
私はアケウの好きな食材で作るので、お口には美味しいのですが、
腸内細菌を育てるまでの仕事をするものは作れません。



a0135577_21422160.jpg

小松菜を筆頭にこれだけ多くの野菜、果物、きのこ、海藻などなどが使われています。
ロットごとに毎回原材料が変わるとのことで、いつもお味見に食べてみますが、
成る程若干ですが、香りも味も違います。


実は、このキャットインサラータが発売された当時は正に、
私の間違った手作りごはんでアケウの腸内環境を悪くしてしまい
下痢と軟便の真っ只中の時でした。
それまでのお野菜をすべてインサラータに置き換えたら、すぐに良いうんこが見え、
それから数か月はインサラータに置き換えるレシピを続けました。
腸内環境が整って、普通のお野菜が消化出来る様になるまで随分長い間かかりましたが、
インサラータが無ければ... もっともっと月日が必要だったと思います。
今は昨今の手作りごはんを見てもらえばわかる通り、インサラータのお蔭様で、
色々なお野菜を食べても消化出来る元気な腸になりました♪


整った腸内環境は健康に直結しています。
腸を整えることで、すべての不調が良い方へ向くと言っても過言ではありません。
逆を言えば、他をどんなに治そうとしても、腸内環境が悪ければ良くならないということ。
お腹の弱い仔を初め、手作りごはん初心者さん、フードを使われている方も、
すべての方の愛猫におすすめのキャットインサラータです。






久し振りに、我が家の猫たち。



お肉を冷凍庫に仕舞っていた時のアケウです。

a0135577_21424810.jpg

テーブルの上に置いたベッドの中からこちらを見ていました。
ズームで撮ったので画像が粗いですね。



ちゅらは...


a0135577_21433886.jpg

アケウのベッドで寝ていました(笑)






さて。

冒頭でも伺いましたが、
あなたの手作りごはんのそのお肉は、
キャットグレードですか?それとも、ヒューマングレードですか?


スーパーで新鮮この上無いお肉やお魚を買ってきたり...?
安全基準の高い食品宅配業者から届けてもらったり?
「ええ、もちろんうちは、ヒューマングレードです!」と、胸を張った方がいらしたら...


ヒューマングレードという文字に操られ、それを過大評価していますよ。


ヒューマングレードは確かに上質ですが、
「人間の食品基準」であって、
「猫の食品基準」では無いのです。


これはどなたもご存知だと思うのですが、鶏を初め人間用の食肉になる動物達には、
病気予防のためのワクチンや抗生物質(成長促進剤としての用途も)が使われていますね。
でも、休薬期間が決められているので、人の口に入る時には安全だと言われる残留値、
仮に食べても人が代謝出来る残留値になっていると聞きます。

私としては、上記の直接投与するケミカルもだけど、その動物達に食べさせるごはん、
エサの穀物などに使われる農薬やその後のポストハーベストで使われる防虫剤や防カビ剤、
遺伝子組み換え作物の産生毒も非常に気掛かりなところではありますし、
それらすべてのケミカルがその動物達の筋肉や内臓(主に肝臓、レバーですね)に凝縮、
残留していると思うのですが


何にせよ、それらを食べる人は自己責任に於いて自由だと思うんですね。


でも猫たちは違う。

手作りごはんを作る私達が、「はい、どうぞ」と、あげたごはんしか食べられない。
自分で「これが良い」、「こっちの方が良い」と、選べないのです。


腎臓や肝臓の強さは、人より、人の赤ちゃんより、犬さんより弱いのが、猫。
だから人間の食品基準で作られ売られているお肉やお魚は、猫の体にとって非常に厳しい。

手作りごはんにしている理由は人それぞれ、さまざまな思いがあるでしょうが、
「健康で元気でいて欲しい」ということは、すべての方に当てはまることだと思います。
でも、食べさせるごとに解毒に酷使される小さく痛々しい体がそこにあるとしたら......




a0135577_21441242.jpg



人間の食品基準、ブロイラーの食用鶏よりも、
ケミカルを与える期間を極力短くした有機と呼ばれる食用鶏よりも、
遥かに猫たちの体に優しい鶏がいます。


その優しい鶏たちが分けてくれた大切な命が、
私が作る手作りごはん、
アケウとちゅらのごはんです。




a0135577_21442661.jpg



ヒューマングレードよりも上質な、
スペシャルキャットグレードのお肉とお魚。

あなたの大切な愛猫の手作りごはんにも
おすすめの逸品です。















a0135577_2145539.jpg
















どれだけ違うのかお読みくださいね。
+ MammaForza

このMammaForzaだけでなく、ホームページにあるすべてのコンテンツが、
手作りごはんをされている方には必読ですよ。

+ニンナナンナ デリカ トップページ



*最後の写真に写っているのは食材に同封されている『ナンナさんの豆知識』です。
猫に関する本や獣医さんのお話しより、余程為になります。
ほっこり楽しい♪MammaGrassと共に毎月の楽しみです。



*一番最初に取り寄せたのはネコちゃん基本セットでした。
生肉セットが届く
2009年11月7日のことになります。

本当の最初は虹の橋に渡った仔、安爾の時だったのですが、
自己流で行ったので、お肉を上手にごはんに生かすことが出来ませんでした。
手作りごはんが初めての時や困った時は、必ずお店に相談しながら、
取り組んでくださいね。
[PR]
by koko_blanca | 2012-04-29 16:51 | おすすめ猫グッズ