おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

てんてこまいな週末



土曜日曜とアケウに翻弄された
てんてこまいな今週末だった。


事の起こりは木曜日。
朝起きたらバスルームにおしっこが。
湿気を逃がすために開け放しているのだが、
夜、皆が寝静まってから、やっちゃったらしい。
夜1時から朝6時までの正味5時間のうちに。

とりあえず、猫トイレはきれいに洗って拭いて、
猫砂はすべて捨てて新しいものに全取り替え。

なぜなら、猫がトイレ以外の場所でおしっこをする理由として、
その多くは、トイレが汚れていて使いたくないか、
または、泌尿器の異常。病気だ。
布団に粗相をして怒っても直らないといった大変な猫の話しも聞くが、
ほとんどの猫はその習性からトイレトレーニングは安易なものだ。

毎日トイレは掃除しているし、うんこはその都度取り除いている。
それにアケウも普段は普通にトイレを使っている。
それがなぜバスタブの横で...?
とりあえず、バスルームを使ったあとはドアを閉めることにしたのだが、
脱衣所に粗相をすることもなく週末を迎えた。


一難去ってまた一難。
昨日土曜は夕方お部屋がうんこ付き肉球でスタンプだらけに。
トイレでなさったブツをうっかり踏んでしまったらしい。

こんな時にノラ助だと大〜変!
あんよを洗おうと捕まえようとしても、
ダッシュで部屋中逃げ回り、どこもかしこも うんこスタンプ!
やっとの思いで捕まえて、さあ洗おうと思ったが、
もがいて暴れて、押さえているのが精一杯。
夫にだっこしてもらい...というより、
押さえつけてもらいながら、あんよとてってを洗う。
それから、夫と部屋中を拭き掃除。
夕食前に二人ともヘトヘトになってしまった。


そして、最後の仕上げは本日、日曜日。
夕食後、夫と私、アケウで団欒していたのだが、
なんと座布団におしっこをなさったのだ。
真横の所行に言葉を失う夫と私。

すぐに、ここではしてはいけないよと教えようと思ったが、
捕まえようとしても、逃げる、逃げる。
数分後にやっと捕まえ叱ったが、今からではもう遅いと思った。

猫に何かを伝えたい場合、その直後でなければ意味がない。
時間が経ってからだと、何を言われているかわからないからだ。

例えば、今日のおしっこの粗相の場合、
して直後、座布団を嗅がせ、ここではいけないよと強く言い、
トイレに連れて行って、ここでするんだよと優しく言う。
そうすると、こっちが言わんとしていることを理解してくれる。
頭の良い子ならすぐだ。

それが、時間が経ってしまうと、
〝座布団でしたこと〟〝それがいけないということ〟
〝トイレでしなければいけないということ〟
この三つを頭の中で繋げることが出来ないのだ。

そして、アケウの様な怖がりの子は
理解してもらうのが他の子よりも大変だ。
そこに怖いという気持ちが入るからだ。
それも、直後ではなく、追いかけられて捕まえられてからでは、
怖い、怖いということしか頭にないだろう。
そんな時に伝えようとしても無理な話しだ。
根気よく伝えていくしかないのだと思うのだが...

話しが前後してしまうが、もう一つ。
こういう時には絶対に叩いたりしてはいけない。
〝叩かれたこと〟と〝してはいけないこと〟が、繋がらないからだ。
猫からしたら、ただただ痛いことをされたと思うだけだろう。

叩くのがしつけと考え、それで上手くいっている人もいるだろう。
人それぞれ、飼い主それぞれで、
やり方は皆違うと思うしそれについて何も言うつもりはない。
私は、叩いてもわかってもらえないと思うのでそうしないだけ。



さて困った。
他は何をしてもかまわないのだが、
粗相だけは直してもらわないと。



a0135577_0243934.jpg
  おしっこして私に叱られた直後のアケウ。
[PR]
by koko_blanca | 2009-09-06 23:00 | メインクーン 'akeu