おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

パンを焼く * 食品添加物のこと



昨夜、パンを焼きました。
といっても、作ってくれたのはホームベーカリーです。
以前、何度か手で捏ねて作ったことがあるのですが、
この頃はホームベーカリーにおまかせです。


a0135577_1483645.jpg
 写真はパン...ではなくて、昨夜のアケちゃんです♪


市販されている安価なパンは原材料が不安なものばかりです。
小麦粉も海外のもので残留農薬、ポストハーベストも心配です。
白砂糖や合成甘味料も結構な量入っています。
それに加えて添加物も山盛り入っていますね。


a0135577_14101335.jpg


例えば、イーストフード。
これを使うと短時間で発酵させることが出来て、
ふわふわしたパンを一度に沢山作れるんですね。
でもこれが何で出来ているかというと、
毒性の強い塩化アンモニウム、炭酸カルシウム、
リン酸塩などの14種類程の化学物質を
数種類配合させたものなんだそうですよ。
それに加えてコンビニのサンドイッチなどには、
酸化防止剤、乳化剤、pH調整剤、
増粘多糖類、発色剤、着色料、香料、などなどなど...

もちろんこれらは食品添加物で安全は認められています。
さあ皆さん、どんどん食べましょう!

...と言われて
 ...あなたは食べたいですか?

私は食べたくないし、大切な人にも食べさせたくないですね。



a0135577_14112551.jpg


お家で作ると、強力粉、ドライイースト、
豆乳、水、ショートニング、砂糖、塩、だけ。
牛乳や卵も使わずにヴィーガンなパンが作れます。
小麦にアレルギーがある方には米粉で作るレシピもありますね。

自分で作ると納得出来る好みの材料が選べて安心だし、
なにより、とっても楽しい♪
例えば、小麦粉は国産が風味があって美味しいとか、
海外のオーガニックのものがふくらみが良いとか。
ドライイーストではなく天然酵母にしてみるとか。
そうそう、
ショートニングはトランス脂肪酸の入っていないものが安心ですよ。



a0135577_14124538.jpg
 今回は水分が多かったので少ししぼんでしまいました。
 でもとっても美味しかったです♪


一般的に日本人1人が摂取する添加物の量は
一日平均10グラム、
なんと年間、4キロです。
少しでも減らすためにはなるべく自分で作ること。
それに食品のパッケージの裏をよく読むことです。

食品添加物は台所に無いものと考えるとわかりやすいですよ。
例えば、醤油、味噌、砂糖、塩、酢などはありますね?
でも、ぶどう糖って無いでしょ?
アミノ酸等、pH調整剤、グリシンなども無い。
これは台所にある、これは台所にない、と順番に見ていって、
なるべく、台所にないものが沢山入ってるものは避けることです。

パッケージの裏の表示をよく読んで、
安全なものを自分と家族のために買う人のことを、
グリーンコンシューマーと言います。
愛する家族のために、
私はいつもグリーンコンシューマーでいたいと思っています。


a0135577_14131821.jpg

あなたもどうぞグリーンコンシューマーに♪






今回作った美味しいパンのレシピ♪(牛乳を豆乳に変えています)
参考書籍 食品の裏側 安部 司さん
[PR]
by koko_blanca | 2009-09-19 15:02 | キッチンにて