おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

舟和の芋ようかん



a0135577_14555316.jpg
『明治三十年前半、浅草寿町で、芋問屋を営んでいた創業者 小林和助が、
 当時は高価で庶民の口に入らなかった煉ようかんの代わりにと考案し、
 完成したのが芋ようかんです。吟味された甘藷を一本一本手で皮をむき、
 着色料、保存料、香料はいっさい使わず、甘藷と砂糖と少量の食塩で
 造りあげています』               同封紙より抜粋




週末いつものスーパーに行った時に、
夫が「あ、これ知ってる?美味しいんだよ」と手に取りました。
これは有名なのですか? 私は知りませんでした。
舟和の芋ようかんです。

a0135577_14563862.jpg

創業当時に作られた味そのままの様に、
とても素朴な味です。


近年こういう芋菓子って、
生クリームやらバターやら使用しているものが多いですね。
そういうものも時には美味しいのですが、
芋の素朴な味わいだけもまた乙なもの。

秋の夜長に少し甘いものが欲しい時にも
安心して食べられる芋ようかん。
しみじみと美味しかったです。





                                                       芋ようかん 舟和
[PR]
by koko_blanca | 2009-10-27 15:15