おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アケウのごはん*ダチョウと春キャベツ



a0135577_1436201.jpg

ザナベレキトンふやかし、
ダチョウ、
ニンジン、
春キャベツ。
(カルシウム他サプリ)




昨日いつものスーパーへ行ったら、
春キャベツが売っていた...
まだ初冬なのに!(笑)




私の住んでいるところは、とても良いところだ。
温暖な気候、空気もきれいで、野菜や魚介が豊富。
スーパーの魚介売り場では種類の多さに目を見張る程だ。
野菜も一年中、地産や露地物のものが売られている。
しかも立派で力のある野菜が多く、価格の安さにも驚くが、
なによりとても美味しいのだ。
例えばこの季節、県特産の里芋が旬を迎えている頃、
露地物の木で熟した真っ赤な大きいトマトが売っている。
瑞々しい葉付き大根が山積みされている横には、
太ったキュウリや茄子が所狭しと並んでいる。
野菜が大好きな私には夢の様なところだ。
最初に良いところだと簡単に言ったが
ここに家を建てて一生住みたいと思う程に、
良いところなのだ。




思わず手に取ってしまった春キャベツ。
まだ走りで旬ではないので、甘みは少ないとは思うが、
軟らかそうなのでアケウに食べさせたかった。



a0135577_14371179.jpg
地産の春キャベツ

本来ならカットしてある野菜は買わない様にしている。
なぜかというと切り口に鮮度保持剤が霧吹きでかけてある場合があるから。
切り口を空気に触れさせない様にラップでぴっちり包んでも、
キャベツなどは切ったところが黒くなりがち。それを防ぐ為だ。

キャベツだけでなく他の野菜も出来たら丸ごとが良いが、
如何せん我が家はアケウを入れて三人家族。
野菜に関して言えば、アケウの口なんて、あって無い様なものだし、
私と夫がいくら菜食中心と言えども、
他の葉物も買ったので今回は半分のにした。
良く洗い使う。




a0135577_14374299.jpg
春キャベツの中の方を使う。
少量のお水(ピタリゲン)とミルサーにかける。




a0135577_14381181.jpg
ごはん待ちアケちゃん。




a0135577_14385142.jpg
ニンジンのすりおろし。
なるべく滑らかにする為、
薬味用の小さいものですりおろす。
葉物と根菜でバランスが良いと思う。


a0135577_14392372.jpg
キャベツのジュースもかけて、
よく混ぜてからあげる。


キャベツにはビタミンU、別名キャベジンが含まれ、
胃壁の粘膜の強化、炎症や潰瘍を予防する働きをする。
その他、ビタミンKやビタミンCなどが豊富、
生で食べると酵素も摂れるので、
アケウに食べさせたいと思う野菜だ。

ただ、
手作りごはんの本に、与える時に注意したいものとして、
キャベツ、かぶ、大根、ブロッコリーなどの
アブラナ科の野菜があげられていた。
ゴイトリンという成分が含まれ、甲状腺の働きに悪影響を与えるそう。
高齢の猫は避けたい成分だが、健康な猫は少量与えることで、
整腸作用などが期待出来ると書いてあり、レシピにも使われていた。
だからアケウにも様子を見ながら少量与えていこうと思う。

他の野菜もだが、
与えて良いとされるもの、悪いとされているものが、
手作りごはんの本によっても、
ネットの手作りごはんサイトによっても、
皆それぞれ考え方が違うことに気付いた。
例えば、トマトはダメのところと良いというところがあったり。
ネギ類がダメなのはどこも書いてあるけれど...
この事はもう少し調べてみよう。



a0135577_14401459.jpg
目の先には猫じゃらし。

夜眠る前にベッドの上での一遊び。
今日も穏やかな一日だったね、アケウ。








*鶏よりも高タンパク、低脂肪、低カロリー、高鉄分、
高カルチニン(脂肪燃焼)、高クレアチン(筋肉維持)の為、
コレステロール値が低いダチョウ。アレルギー対応です。
[PR]
by koko_blanca | 2009-11-27 15:11 | アケウのごはん