おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日向でブラッシング



a0135577_12123422.jpg



おはようございます。
週末はいかがお過ごしでしたか?
こちらは寒い冬が中休みをしたのか、
とても暖かくお天気の良い週末でした。


そんなぽかぽか陽気の午後、
日向でアケウをブラッシングしました。



a0135577_12131318.jpg



時間は短かったり長かったりしますが、
毎日一度は必ずブラッシングをします。
私が忙しい時と、
アケウがしてほしくなさそうな時は短め、
気持ち良さそうな時は長めにします。


ブラッシングは毛づくろいの順番でしています。
猫の毛づくろいには決まった手順があり、
頭から始まり背中から脇腹を通って尻尾の根元で終わります。
念入りにする時はお腹やお尻、指の先まで。
その順番でブラッシングもすると、
安心して気持ち良さそうにしますよ。




a0135577_12134398.jpg


シャンプーは9月の連休にしてからその後はしていません。
冬になる前に一度しようかと思ったのですが、
アレルギーで下痢が続いた時期と重なり出来ませんでした。
でも、キャットショーに出る訳でもないので、
そんなに頻繁に洗う必要は無いと感じています。
それに冬は身体の代謝や免疫力が低下している時なので、
シャンプー後、暖かいお部屋で良く乾かしても、
風邪を引きやすくなるそう。


酷い汚れを取る目的を除けば、
ブラッシングはシャンプーと同じ位の効果があります。
軽い汚れは抜け毛と一緒に取れますし、
皮膚にのった皮脂も毛先まで持ってくることが出来、
マッサージ効果で血行も良くなります。
なにより幸せなスキンシップになりますね♪



a0135577_12141522.jpg
はい、ネズさん。


a0135577_12144229.jpg



a0135577_1215397.jpg
舐めてあげてます(笑)


ブラッシングもしないシャンプーもしないでは、
皮膚に余分な皮脂が増え、フケや痒み、
酷くなると皮膚病になる可能性もあるそう。
シャンプーを控えている冬は特に
ブラッシングを沢山してあげた方が良さそうです。




a0135577_12154933.jpg
自分でも毛づくろい。

日向での毛づくろいはとても良いことです。
太陽光で皮脂腺周辺に出来たビタミンDを舐めとって
体内に摂取することになるそうです。



それにしても猫はとても頻繁に毛づくろいしますね。
起きている時間の8〜15%を
毛づくろいの時間に当てているそうですよ。
また、毛づくろいには大量の水分が消費されるそう。
1日に猫が尿として排出するのと同じ位の量の水分が
唾液に使われるそうです。




今度は私の脚の上で、

a0135577_12162937.jpg

向きを変えて、


a0135577_1217286.jpg
ほわほわのお腹。




a0135577_12173898.jpg

目の粗いコームで毛をすいた後は、
仕上げのブラシを使い、
その後は手でマッサージする様に、
優しく全体を撫でてお終いです。



a0135577_12471721.jpg
はい、おしまいよ、
おりこうさんでした。



母猫は仔猫をさかんに舐めまわしますね。
舌を使って仔猫の身体をきれいにしているだけでなく、
筋肉を刺激したり血液やリンパ液の循環を促しているのです。
ブラッシングやマッサージは健康で強い子になる為に
母猫に変わって私がアケウに出来る
大切で幸せなお世話なのです。


あなたも愛する子に
優しくブラッシングをしながら
幸せなひとときを過ごしてくださいね♪



a0135577_12184256.jpg





参考書籍 Natural Cat Care  Dr.Bruce Fogle
[PR]
by koko_blanca | 2010-01-18 13:34 | メインクーン 'akeu