おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:キャットフード( 2 )


FLINT RIVER RANCH
A Super Premium Food for All Breeds of Cats and Kittens

a0135577_1336987.jpg




a0135577_13351080.jpg




まず最初に「さようならフリントリバーランチ」と言わなければならないでしょうか。
ご存知の方も多いと思いますが、今までのものが製造中止となるそうですね。
大変残念ですが仕方がありません。それにしてもユニークで素敵なドライフードでした。

Official Siteがわからない程フリントリバーを名乗るホームページがUSには沢山あって
その数件を照合して見てみると、今までのものは廃止して、穀物不使用、
所謂グレインフリーに置き換えると書かれています。
この事はもうCat's専科ニンナナンナさんでインフォメーションされていたことですが。

リニューアル後の新製品を引き続き販売するショップもある様ですが(2月中旬より)
ニンナナンナさんでは取り扱いを見合わせる方向(今現在)で決まっているとのことですね。

商品ページにあるリニューアル後の製品について、
「従来のフリントリバーランチのメリットを全て手放し、大幅な原材料の変更が
値上げ分以上のメリットが見いだせるかという点において疑問が残ります。」とだけあり、
詳しくは書かれていませんでしたが、メリットで考えると私も思うところがありました。


一般的なフードは高圧をかけて短時間で蒸して押し出し形成するらしいのですが、
フリントリバーランチ(従来品)は、慎重に制御された条件と管理された温度下で
形成前に一度、形成後にもう一度と、計2回もオーヴンでじっくり焼いて作られるとのこと。
(以前私はキャットフードは1度焼きと記憶していましたが、ドッグフードと同じで2度焼きだそう)
そういった独特の製造工程なので、猫が消化しにくいデンプンを消化しやすいデキストリンに
変化させることが出来るそうなんですね。これは非常に貴重なことでした。

ホームメードのごはんを作っている私は、穀物と野菜の重要さを身を以って過去に体験し、
今も必要不可欠なものだと認識している訳ですが、それらを猫たちに消化良く食べさせるには
工夫と手間が必要なことも同時に感じ理解しています。
フードでそれが成されているフリントリバーランチは他に類を見なく、その通り、
少しお腹が弱い仔やアレルギーがある仔に良いことは、アケウに与えてみて感じることでした。
他のフードでは少しでも量が過ぎると、お腹が緩くなったり、
耳が赤くアレルギー気味になってしまうアケウも、
フリントリバーランチではそうならないからです。

食べさせるのが難しい穀物、されど、腸内環境のためには絶対必要と思う穀物、
その穀物を排除しグレインフリーにしてしまうのは、
オーヴン2度焼きのフリントリバーランチの良さ、それこそメリットを無くしてしまうのと同じと
私は感じています。

しかし、もしかしたら定かではありませんが、オーヴン2度焼きである従来の製造方法も
新しい猫用グレインフリーのフォーミュラに限っては変わっている可能性もあります。
先にお話ししたフリントリバー社と思われるホームページを見ると
犬用ではOven Baked Food、そして100%オーヴンで焼かれたとありましたが
猫用は高温下で製造と書いてあるだけなので。

穀物が排除された原材料の変更、その上、製造方法の変更も?となると
今までのフリントリバーランチとはまったくの別物になってしまいますね。





a0135577_13355564.jpg


+ Flint River Ranch Cat and Kitten Food +
(輸入販売元 同和科学株式会社)

原材料
チキンミール、粗引イエローコーン、ラムミール、コーングルテンミール、家禽由来の脂肪、全小麦粉、醸造用酵母、フィッシュミール、コーン胚芽ミール、ナトリウム、乾燥ビートパルプ、乾燥チーズ、レシチン、ビタミンD3、ビタミンA酢酸塩、ビタミンB12、ビタミンEサプリメント、ナイアシンサプリメント、リボフラビン、パントテン酸カルシウム、塩化コリン、塩酸ピリドキシン、葉酸、ビオチン、チアミン硝酸塩、イノシトール、DL-メチオニン、マンガン、乾燥ケルプおよび亜鉛、銅およびコバルト、鉄、タウリン、ヨウ化カルシウム、亜セレン酸ナトリウム、乳漿


a0135577_13485716.jpg




上記のものは廃止され、以下のグレインフリーに置き換えられます。

+ Flint River Ranch Grain-Free Cat and Kitten Food +

成分
チキンミール、ポテト、鶏、鶏脂肪(混合トコフェロールによる保存)、ポテトプロテイン、ホワイトフィッシュミール、トマト繊維、天然フレーバー、チコリ根、塩、ホエイ、クランベリー、塩化カリウム、ビタミン(塩化コリン、-酢酸トコフェロール(ビタミンE源)、ナイアシン、ビタミンAアセテート、硝酸チアミン(ビタミンB1源)、パントテン酸カルシウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6源)、メナジオン重亜硫酸ナトリウム複合体、リボフラビン、アスコルビン酸(ビタミンCのソース) 、ビタミンD3サプリメント、ビタミンB12、葉酸、ビオチン)、ミネラル(硫酸亜鉛、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、硫酸鉄、硫酸銅、マンガンアミノ酸キレート、銅アミノ酸キレート、酸化マンガン、ナトリウム亜セレン酸、カルシウムヨウ素酸)、レシチン、タウリン、カルシウム炭酸塩、パセリフレーク、昆布ミール、DL-メチオニン、ユッカシジゲラエキス、イノシトール




見事に穀物が排除されていますね。
欧米ではグレインフリーというのがキャットフードの主流(というか流行り?)に
なりつつあるらしいのですが、トマトの搾りかすtomato pomaceも
流行りなのかしら?(アズミラの新フォーミュラにも使われている)

なにはともあれ、従来のフォーミュラに比べてグレインフリーは
10%以上もタンパク質が上がるらしいし、
お口に限っては美味しいフードになりそうです。
フリントリバーランチ社のユニークなコンセプトは変わらないと思いますが
キャットアンドキトンフード大きく変わってしまうんですね。













a0135577_13474493.jpg


















FLINT RIVER RANCH SUPER PREMIUM CAT and KITTEN HEALTH FOOD
製造中止となってしまいますが、とても良いドライフードでした。

キャットフードはこちらのお店がおすすめです。
NinnaNanna for Cats
ナチュラルキャットフードサプリメント
>>WebShopからお入りください。



参考ホームページ
Flint River Ranch
FLINTRIVER.COM
[PR]
by koko_blanca | 2012-01-30 14:38 | キャットフード


a0135577_12184413.jpg




おはようございます。

新しくキャットフードのカテゴリを作りました。
我が家の猫たちに食べさせるキャットフードを
私自身の覚え書きと徒然独り言として綴りたいと思います。



今しがた、おやつのカリカリを食べ終え、
今度は遊びたくて仕方がない様子のアケウ。
a0135577_12195111.jpg



それまでホームメードほぼ100%だったごはんですが、
アケウが口内炎になった時からフードも併用して与える様になりました。

一時期(昨年10月頃)アケウもちゅらもほとんどごはんを食べなくなり、
フードを多めにトッピングして食べさせたりしました。
ある意味フード(の嗜好性の高さ..他)に助けられたということです。

後にごはんを食べなくなった理由が解り、それを改善してからは、
二人とも突然、食べっぷりも食べる量も、元通りになりました。
ちゅらに於いてはホームメードに添えたフードを除けて食べるという
身体に正直な食べ方をする様になったので安心しています。

以前、アケウのごはんをホームメード100%にしてからは、
フードをあげるとしてもおやつ程度にカリカリ(ドライ)を数粒だけでした。
詳しくはわからないので判断違いかもしれませんが、
フードの量を多くあげた時のうんこの様子を見ていると、
フードはホームメードのごはんと違って消化する時の有用菌も
異なる様な気がしています。

今後またフードの助けを大きく借りる時が来ることを考えて
色々な種類のものを上手に与えられる様にならなければと思いました。
...本猫たちのお口が気に入ってくれるかどうかが先ですが(笑)









a0135577_12195825.jpg
[PR]
by koko_blanca | 2012-01-30 13:02 | キャットフード