おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:キッチンにて( 42 )

久し振りのぬかこさん


いつもの様に無農薬米、
精米し立ての糠を

a0135577_1333652.jpg



たっぷり入れて

a0135577_13332077.jpg

塩も多めに入れて


ありがとう
ありがとうと

沢山沢山、話し掛けました。

a0135577_1333343.jpg



それをジッパーバッグに詰めて

a0135577_13334798.jpg



しっかりと空気を抜いて

a0135577_13335890.jpg



いつもの様に二重にしました。

a0135577_1334810.jpg


一昨年、
2010年10月2日のことです。






そして先日、

2012年4月17日。




a0135577_13342688.jpg





おはようございます。

春になり桜も咲き
とても良い季節になりましたね。
糠床を起こすのにも良い季節です。
久し振りに我が家のぬかこさんにも
起きてもらうことにしました。

昨年は春に震災があり、
ぬかこさんを起こすどころではありませんでした。
特に何をしていた訳でも無いのですが
気持ちがぬかこさんにまで回りませんでした...



さて、二年も冬を越したぬかこさんは大丈夫?
きっと大丈夫でしょう!
元気に目を覚ましてもらいましょう♪



見た目は特に問題はありません。

a0135577_13345151.jpg



でもちょっと気になる個所を発見。

a0135577_1335378.jpg



まずは、いつもの糠床容器を用意しておきましょう。

a0135577_13351466.jpg

洗った後に熱湯を回し掛けて、
きれいな乾いた布巾で良く拭き取っておきます。


空気に触れた部分が黒く酸化しているのは
いつものことですが、

a0135577_13354611.jpg



この真っ黒になったところは要注意。

a0135577_13355794.jpg

... 要注意と言ってもこれが何なのかわかりませんが(笑)

明らかに取り除いた方が良いとわかるので、
黒く酸化した部分と一緒に袋ごと切り取りました。

a0135577_13361761.jpg



a0135577_13362889.jpg



きれいなところだけを容器に移し替えたら

a0135577_13363850.jpg

とても良い香り!

いつものぬかこさんの香りです♪

a0135577_13371848.jpg



「久し振りね、ぬかこさん。
 随分長い間、静かに眠っていてくれましたね。
 今年からまた美味しい糠漬けをお願いしたいの。
 だから... 起きてもらえますか?」

a0135577_1338983.jpg




a0135577_13391596.jpg


二重のジッパーバッグで野菜庫に保管していましたが、
やはりいつもの時よりも水分が大分抜けている感じです。

とりあえずこのまま静かに、一日か二日掛けて、
ゆっくりゆっくり起きてもらうことにします。
無事に目を覚ましてくれますように。

次回のぬかこさんをどうぞお楽しみに。










さて、ここからは、
美味しそうな おまけ。



定番のきゅうりとにんじんの糠漬け。

a0135577_13393272.jpg



大根とにんじんの糠漬け。

a0135577_13394422.jpg



春は旬のアスパラで浅糠漬け。

a0135577_13402840.jpg



夏はオクラとパプリカの糠漬け。

a0135577_13403985.jpg



秋は夫が大好きな茄子で糠漬け。

a0135577_13405015.jpg



ひね漬けきゅうりとセロリの糠漬け。

a0135577_134116.jpg



これらは2010年にぬかこさんが漬けてくれた、
ほんの一部の糠漬けたち。
旬の野菜をより一層美味しく頂きました。
今年もとっても楽しみです♪
















a0135577_13445182.jpg
















+2009年8月19日ぬかこさん
+2009年11月4日ぬかこさん冬眠
+2010年4月2日桜が咲いたらぬかこさん
+2010年4月14日ぬかこさんの捨て漬け
+2010年6月7日ぬかこさん*捨て漬けの野菜で


*昨年4月の日記『画を掛け替えました
[PR]
by koko_blanca | 2012-04-23 08:54 | キッチンにて


a0135577_102531100.jpg




a0135577_10254428.jpg





おはようございます。
夫がお仕事で行った先の奥様から
レモンを頂いてきました。

そのお宅のお庭には立派なレモンの木があり、
これまた立派なレモンがたわわに実っていたそう。
「木の上の方に手が届かないのよ。いくらでも取って行って」
そう促され、初めてレモンを収穫した夫。
「レモンの木にはトゲがあるんだね~初めて知ったよ~」と、
とても楽しそうに話してくれました。


早速その新鮮なレモンを使って
爽やかクリーミーなスパゲッティをこしらえました。





a0135577_1026028.jpg



南イタリアで定番のレモンスパゲッティは
生クリームやパルミジャーノレッジャーノを使って作ります。
それをヘルシーに、豆乳と白味噌、塩だけで作りました。
材料は2人分です。

スパゲッティーニ170グラムを茹でている間、
小鍋に豆乳1カップ、白味噌大さじ1、塩小さじ半分位を入れ
白味噌がよく溶ける様に混ぜながら弱火で温めます。

次に、良く洗ったレモンを丸のまま、おろし器でおろします。
白いところは苦味があるので、そこまでおろさない様に気を付けて
レモンを回しながら全体の黄色いところだけをすりおろします。
おろせたらそのレモンを半分に切り、絞ってジュースを取っておきます。
私はこの作業をここでしますが、一番最初にして、
予め準備しておいても良いでしょう。

小鍋のソースをボウルに移し、粗熱が取れたら、
先程絞ったレモンジュースを加えて混ぜます。
私は小さじ3強入れましたが、味を見ながら好みの酸味にしてくださいね。
これは先のソースの塩もそうで、味を見ながら好みの塩気に。
但し、パスタと和えるソースと考えて、塩気は少し強めにつけておきます。

茹であがったパスタをボウルに移し、ソースと和えてお皿に盛り付けます。
上からレモンのすりおろしを掛けて出来上がり。




a0135577_10261267.jpg




レモンの皮の微かなほろ苦さと香りが
スパゲッティにアクセントをつけます。
チーズの様な風味がするのは白味噌のおかげ。
クリーミーだけどレモンの爽やかさで後引く味わい。


国産イエローレモンは今が旬です。
皮まで使える国産レモンが手に入ったらぜひ作ってみてくださいね。
爽やかに香るレモンクリームスパゲッティでした。














a0135577_10262538.jpg
[PR]
by koko_blanca | 2012-02-16 11:01 | キッチンにて
place mat☆

a0135577_17561753.jpg



おはようございます。
プレースマットがくたびれてきたので
新しいものを取り寄せました。






a0135577_17573753.jpg
早速ちゅらがすっ飛んできて、


うずうず。
a0135577_17575194.jpg




a0135577_1758731.jpg

あああ、ちょっと待って。
君たちにはこれをあげるから。



はい箱をどうぞ。

a0135577_17582457.jpg

これでよし。



さて。
我が家はお夕飯の時に必ずプレースマットを使います。
ランチの時はトレイを使う時が多い...と言うか、
私はキッチンで立って食べることがほとんどです(笑)




ようこそ。

a0135577_17584788.jpg

実は一番欲しかったものは売り切れだったので
とりあえず他のものを。
再入荷したら教えてくださるそうなので
あと3枚送って頂く予定です。



ついでに、とっても可愛いソフトバスケットというものがあったので。

a0135577_1759314.jpg




アクリルたわし用の毛糸やソーイングキットを入れようと思って。

a0135577_17591661.jpg

何の事は無い、布製の四角い箱...mocoさんならすぐに作ってしまえそうね。
私は作れないので買いました(笑)



横から見るとこんな感じ...て、アケウ?

a0135577_17592647.jpg



するり。
a0135577_17593685.jpg



ごそごそ。
a0135577_17594832.jpg



a0135577_180527.jpg



a0135577_1801999.jpg



a0135577_1804156.jpg



a0135577_1805523.jpg



a0135577_1817100.jpg



a0135577_1812130.jpg



a0135577_1814362.jpg



a0135577_182980.jpg




a0135577_1822169.jpg

ちゅら反撃しまくり(笑)
それにしても猫たちが気に入るなんて想定外だわ。
もう一つ買わなければ。



ところで...テーブルクロスも一緒に取り寄せました...

a0135577_1825422.jpg

我が家は猫たちをテーブルに上がる様に躾けたので(普通は逆)
たぶん...と言うか、絶対無理なのはわかっていたのですが、
あまりにも可愛かったので、つい...



そしてfor Christmasのトップクロスも...
a0135577_183693.jpg


English hollyがあまりにも可愛かったので、つい...
a0135577_183186.jpg
機械刺繍だけど可愛い。。


暖かい色合いタータンチェックのテーブルランナーと
ポインセチア柄のオーナメントブーツも...
a0135577_18339100.jpg
可愛かったので、つい...


だってこんなに可愛い...♪
a0135577_1835250.jpg



クロスを掛けて、ランナーを♪
a0135577_1841886.jpg



ワインレッドのクロスにしても良い感じ♪
a0135577_1844025.jpg



あ、アケちゃん...
a0135577_184542.jpg
バリバリバリ!

首根っ子かかないでよぅ...


あ!
a0135577_1851950.jpg
がじり!


ぎりぎりぎり・・・
a0135577_1853366.jpg


......うん。わかってた。
わかってたよね?私。

テーブルクロスもクロスウェイトもドイリーも
フラワーベースもそれに飾るお花も
ずっと前に全部全部あきらめたよね?私。

でも...たまには夢を見たいのよー(泣)



a0135577_1855662.jpg

...思う存分やってよし!(ヤケ)




気を取り直して、新しいプレースマットたち。

a0135577_1861268.jpg



a0135577_1863152.jpg



a0135577_1864751.jpg



a0135577_187155.jpg



プレースマットは「あったら素敵ね」のオプション的なグッズと思われがちで
あまり重要に思わない方が多いかもしれませんね。
でも、食器やカトラリー同様、とっても大切なものなのです。

当たり前の様なことですが、テーブルと食器に傷が付かないのはもちろん、
テーブルに食器を置く音がとても静か。
食器を置く音って案外耳障りなものなんですよ。
これは普段プレースマットを使っていないとわからないこと。
それまで如何にその音が、気分や、会話や、お料理の邪魔をしていたのだなぁと
外してみて初めてわかるの。

それとプレースマットを使うことで食事への感謝が生まれます。
「いただきます」「ごちそうさま」と言うのと同じ、
それを食卓に敷いて片付ける時に、けじめが付き律することが出来るの。
これはとっても大事なこと。



a0135577_1871636.jpg



幸せな気分や楽しい会話、
美味しいお料理の邪魔をさせないために
感謝の気持ちでお食事を頂くために
プレースマットはおすすめです。
一度使うと食事への満足度が違うので
手放せなくなりますよ。





今までプラスチックケースに二つ折にして入れていましたが、

a0135577_187484.jpg

折り癖がついてしまうので、
これからは伸ばしたそのままローテーブルの引き出しに仕舞うことにしました。


プレースマットは何枚か用意しておき、その日の気分やお料理で使い分けます。
和食の時は和風またはそれ風に使えるもの、洋食の時はエレガントなもの、
暖かい雰囲気のもの、涼しげな雰囲気のもの等々、コーディネートを楽しみましょう。

私は毎回は洗いません。撥水加工のものは静かに拭くだけで汚れが落ちるので便利です。
数回使って汚れたと感じたら洗濯機にポン。軽い汚れコースで洗って干します。
アイロンを掛けた方が気持ち良く使えるのでそうしています。




くたびれてしまった今までのもの。

a0135577_188533.jpg

毛玉もぽちぽち出来ています。
他のと代わる代わるとは言え、もう10年近く使っているものね。

くたくたで撥水加工も無くなりましたが、
洗うと汚れがすっきり落ちるので重宝しました。



a0135577_18820100.jpg

グリーンとイエローのアイビー柄は
当時住んでいたアパートの近くのデパートで買ったもの。
そのデパートはもう無くなってしまった。
辛子色と橙色のは家具屋さんで夫と初めて買ったもの。
横に細く入ったアクセントの布が素敵だった。
こげ茶色のは引っ越し先のデパートで夫と一緒に買ったもの。
和食用に良いねなんて話しながら...


長い間、
私達の会話を静かに聞いて
お夕飯を支えてきてくれた子たち。
今まで本当にありがとう。
お疲れ様ね。
ありがとう。





とても寂しい気持ちですが、
新しいプレースマットで気持ちも新たに。
新しい子たちも大事に長く使ってあげたいと思います。















a0135577_18583816.jpg


















ami-brugge
プレースマット(ランチョンマット)が沢山あります。
お値段も手頃なので普段使いに良いですね♪
[PR]
by koko_blanca | 2011-12-21 18:56 | キッチンにて

Chocolate Bread for vegan☆
a0135577_1625124.jpg


animal rightsからveganになった
あの頃の私へ。


秋はパンが美味しいね。
春と秋は身体が小麦を美味しく感じる季節だから。




この頃チョコレートパンばかり焼いています。

a0135577_1626836.jpg



ふわふわパンが恋しくて仕方が無かったあの頃。
でも、そんなパンは、卵、牛乳、バターがどっさり。
...食べられないよね。

だから仕方無く、固くてどっしりのマクロビパンを買って食べてみたり、
自分でホームベーカリーで焼いてみるも...「なんだか違-う!(泣)」


そんなベジタリアン初心者の私へ。
ふわふわチョコレートパンのレシピ。


a0135577_1627322.jpg

天然酵母チョコレートパン(ホームベーカリー使用)

強力粉300グラム(私ははるゆたかブレンド)
砂糖17グラム(メープルシロップか黒糖)
塩5グラム(海の精や石垣)
水165ミリリットルから(他の材料に含まれる水分によって調節)
ホシノ丹沢酵母パン種25グラム前後(発酵力が強いので若干少なくても)
以上をパンケースに入れて天然酵母の食パンモード(レーズンあり)で。

そして肝心のチョコレートは適宜...
この頃私はチョコヴィックのグアランダかオクマーレ。
どちらも原材料は「カカオマス、砂糖、ココアバター、レシチン(大豆由来)」のみで
forベジタリアンなチョコレート。
以前はフェアトレードのオーガニックカカオを使ったチョコを使っていたのだけど、
メーカーで販売終了になってしまったのでとりあえず。
これを適当小さめキューブに切ったものを冷凍庫に入れておいて、
レーズンナッツ投入のブザーがなったらパンケースに入れる。

冷凍庫に入れておいたチョコは固いので、結構ごとごと音がしますが、
少しずつ融けながら生地に混ざる様です。
パンケースにキズはつかないと思いますが
心配なら冷蔵庫か常温のものを使った方が良いかもしれませんね。
でもそうするとチョコが全部融けてしまう可能性があるかも。
製菓用の融けないチョコだとmaltyな感じに出来上がらないし...
そこは色々と楽しみながら試してみてください(笑)


すべての悩みを解決する方法は天然酵母にありました。
ショートニングなどの油脂を使わずともふっくら。
そして国産小麦を使ったら香りも味も素晴らしくて。
身体に美味しいから心も満足するのよね。




初めて焼いた時のもの。
a0135577_16291896.jpg



ちょっとチョコが大き過ぎ?
a0135577_16293393.jpg
でもそれが美味しかった!




...また焼きました(笑)
a0135577_162425.jpg



どんどん良い感じ♪
a0135577_1633198.jpg


ベジタリアンになったばかりの頃は、
お料理もパンも、
思う様に出来なくて。

でも、大丈夫。

そのうち、必ず、
美味しく作れる様になるから。






a0135577_1694546.jpg


ふんわりチョコの香りのパンを口に頬張る。
時々maltyなチョコがとろりと出て来て
うっとりする程、幸せ。


痛みが伝わってこないパン。
やっぱりヴィーガンって素敵。













*昨年10月の日記『アケウの心臓
[PR]
by koko_blanca | 2011-10-11 17:07 | キッチンにて

美味しいお味噌汁



a0135577_10243751.jpg




おはようございます。

夫が帰省して居なかった時、
ちゃんとごはん食べてますかー?というメールを猫友から頂きました。
今日はちゃんと食べていた証拠を綴っておきます(笑)

このご飯とお味噌汁は16日の朝に食べたもの。
普段、朝食は取らないのですが、
前日15日に随分早く変な時間にごはんを食べてしまったので
この日も変な時間にお腹が空いちゃったの。



さて、ご飯を炊いている間にお味噌汁を作りますよ。



これ、何かわかりますか?
a0135577_1025780.jpg

これは瓶に干し椎茸と昆布、お水が入っています。
それを冷蔵庫に丸1日入れて置いたもの。




干し椎茸はこれを使っています。
a0135577_10251969.jpg
オーサワジャパンの乾椎茸カケ葉。

国内産原木栽培の干し椎茸が50グラム入って420円と、とてもお得な干し椎茸です。
カケ葉という通り、欠けたものが入っているのですが、普段使いならこれで充分。

おすすめのこのカケ葉は可食部が100%。
他のメーカーのカケ葉のお買い得品は、椎茸の足、石突、木屑まで入っているものが多く、
食べられるところも少しだけ。中には黒くなっていて品質が悪いものも入っています。
それこそ、出汁取り用にしか使えませんし、その出汁もあまり美味しくありません。
これは本当にカケ葉の部分のみが入っているので、そのまま全部食べられます。
味も比べ物にならない位とっても良いんですよ。




a0135577_10253240.jpg
丸一日お水に浸していたので、椎茸も昆布もしっかり戻っています。

昆布は以前母が沢山送ってくれたもの。
普通に生協などで売られている早煮昆布というものでした。



a0135577_10254549.jpg
椎茸と昆布を取り出し、だし汁はお鍋へ。


a0135577_10255637.jpg
細かく刻みます。




a0135577_1026826.jpg
一緒に入れて少し煮たら、野菜も入れてコトコト煮ます。
すぐに火が通りますよ。




空いた瓶にはまた新しい椎茸と昆布、お水を入れて冷蔵庫へ。
a0135577_10262022.jpg


椎茸も昆布も低温のお水でじっくり戻すと美味しい出汁が取れますよ。
空いた容器にぽいぽい入れてお水を張り冷蔵庫にポンと入れて置くだけ。
それで一日二日放っておくだけなのでとても簡単。

椎茸と昆布、お水の量はお好みで。私はいつも適当です。
濃く取れたらお水を足しますし、もし薄い時には具にきのこや野菜を増やします。

鰹節は?って思うでしょ?(笑)
無くても充分美味しいので大丈夫ですよ。
鰹節で出汁を取るお料理はたまのご馳走の時にしましょう。
普段は干し椎茸と昆布の精進出汁で、体の中をきれいに
デトックスしておきましょう。


私も昔々は、沸騰したお湯に野菜など具になるものを入れて煮て、火が通ったらお味噌、
そして市販の出汁風調味料の粉末をサラサラサラ...と入れて作っていました。
出汁入り味噌(正確には出汁風調味料入り味噌)も使ったことがあります。

そう作っていらっしゃる方は、そっちの方が簡単だと思うでしょ?
でもこのやり方も同じ位、簡単。
お野菜を切る時に椎茸も昆布も切って入れたら良いの。後はお味噌とお塩少々を入れるだけ。
市販の出汁風調味料を使うのと、一つだけ違いがあるのですが、
それはこちらの方が断然美味しいということです。





ピンボケになってしまいましたが、
a0135577_10263784.jpg
麦味噌と豆味噌。

普段は麦味噌だけを使っています。
今日は何となく豆味噌もちょっぴり入れてみました。

普段使いのお味噌は、麦味噌がおすすめです。
お味噌汁ってお米のご飯と一緒に頂くでしょ?
お米と麦を一緒に摂るとバランスがとっても良いんですよ。




お友も作ってご飯も炊き上がり...出来ました。


a0135577_10265120.jpg

今日のご飯は七分搗き米、
お味噌汁の具は、ささがき牛蒡とセリにしました。
椎茸と昆布、ささがき牛蒡をだし汁でコトコト煮て火が通ったら
お味噌を溶き入れ、天日塩少々、食べやすく切ったセリを放して出来上がり。
牛蒡とセリは春のお味噌汁におすすめの組み合わせです。





私の大好きなご飯のお友。
a0135577_1027436.jpg
梅シソ納豆。

梅干しと大葉を包丁で叩いたものに納豆を加え、粗めのひきわり程度に再度叩いたもの。
それに白胡麻をぱらり。
梅干しで味が付いているのでお醤油は掛けません。
私はこのご飯のお友が大好きなの。

納豆をご飯に掛けると、ご飯がよく噛めないので、普段はご飯と別々に食べるのですが、
この時はお腹が空いていたのでご飯にのっけてかっ込んじゃった!(笑)
ご飯もお味噌汁もおかわりして食べました。







a0135577_10271856.jpg

ささがき牛蒡の大地の香りと、爽やかで清々しい香りのセリ。
春の恵みを丸ごと頂いている様な味わいのお味噌汁。
感謝の気持ちで頂きました。
















a0135577_10273292.jpg



















*今の私達に必要なのは、毎日お味噌汁を頂くこと。
 昆布もしっかり噛んで頂きましょう。

書籍『日本食があなたを救う』‐放射能デトックスの鍵は日本食にあった!‐

おすすめの本でしたが売り切れてしまいました。
再販したらぜひどうぞ。


放射能汚染に対するマクロビオティック情報




*後程ここにおまけを追記します。
[PR]
by koko_blanca | 2011-04-23 11:51 | キッチンにて

ベジキーマカレー



a0135577_1614435.jpg




おはようございます。
先日ソイミートでキーマカレーを作りました。
大豆と野菜の栄養がたっぷりのヘルシーカレーです。



これがソイミート。
a0135577_1634546.jpg
オーサワの大豆ミート(ひき肉風)です。
原材料は国産大豆のみ100%、ソイミートにありがちな小麦グルテンや澱粉を使っていません。
しかも大豆の油分を圧搾法で約9割カットしているので脂肪分が少ないのが特徴です。



使い方は簡単。お湯に浸して5分戻すだけ。
a0135577_1642032.jpg
戻ったところを水切りしています。

このソイミートは戻しただけでサラダにしたりと生食も出来ます。
これ自体には味はついていません。大豆の風味だけです。

このオーサワの大豆ミートは、臭みが無くナチュラルな香りと味なのですが
中には大豆の香り、風味自体が苦手な方もいらっしゃる様です。
そういった方の下ごしらえを拝見すると
お湯で戻したものを絞ってから再度お湯に浸けて絞ったり、
お湯ではなくスープストックなどで戻す、または、
お湯で戻して絞ったものをスープストックに浸ける、などなど
色々と工夫して調理なさっている様です。



a0135577_1645390.jpg
畜産動物のひき肉にそっくりでしょ?


見た目も食感もひき肉に近いので、ひき肉の代わりとしてどんなお料理にも使えます。
ミートソーススパゲッティ、ラザニア、麻婆豆腐、ハンバーグや餃子、
そぼろにしてビビンバ、丼物にしたり、お弁当にも。
今回は久し振りにキーマカレーにしました。





a0135577_1652046.jpg
私が作るキーマカレーはソイミートの他に野菜をたっぷり使います。
...キーマカレーに限らずいつも野菜たっぷりですね、失礼しました(笑)

一番多く見えるのがたまねぎ、そして時計回りにエリンギ、椎茸、エノキ、セロリ、ニンジン、
レンコン、真ん中にゴボウ、小さい容器にはニンニクとカー(タイの生姜)のみじん切りが
入っています。




a0135577_1653374.jpg
スタータースパイスはクミンシード。オイルは菜種油です。
油に香りをつけたらニンニクとショウガ、野菜をじっくり炒めます。

たまねぎ、ニンジン、セロリなどの香味野菜は、弱火でゆっくり優しく火を通すことで
香りと旨味を引き出すことが出来ますよ。





a0135577_1661174.jpg
トマトピューレを入れて少し炒めたら、スパイスを入れてまた炒めます。
今回スパイスはコリアンダー、パプリカ、ターメリック、チリパウダー、クミンパウダー(少々)
フェンネルやカルダモンも入れたかな...いつも適当なので(笑)
無ければカレー粉だけで充分です。

戻したソイミートを入れてよく炒めたらお水を入れて沸騰させて
白ワインかブランデー、ベイリーフを入れてその後は弱火で煮込みます。

a0135577_1663578.jpg


野菜やキノコの種類が少ない時はスープストックを一緒に入れて煮込んでも。
あまり使うことはありませんが、私が持っているのは、
アリサンのベジタブルスープブイヨン、ムソーの洋風スープの素 野菜のおかげです。




最後に香りを立たせるためにガラムマサラを少々加え
塩胡椒で出来上がり。

a0135577_1665298.jpg






この時のサラダはカレーに合わせてさっぱりと。
a0135577_1672030.jpg

白菜とパクチー、桜かいわれ大根、枝つきのミニトマト...確か名前はキャロルセブン。
この頃お気に入りのトマトです。

小さい器に入っているのは、わかめとコーンの酢の物レモングラス風味。
薄くスライスしたレモングラスをたっぷりと入れました。

カレーの時はピクルスやマリネ、酢の物など、
ビネガーやお酢を使った一品を添えるとバランスが良いですよ。
あとは刻み葱を載せた木綿豆腐の冷奴。

a0135577_1675648.jpg





今日もご飯はジャスミンライス。
でも以前色々試してみた結果、キーマカレーに一番合うのは雑穀入り七分搗きご飯と判明。
わかっていたのですがうっかりお米を研いでおくのを忘れてしまったの(笑)
こんな時は洗ってすぐに炊けるジャスミンライスが便利です。

a0135577_169508.jpg




正直な話、ソイミートを使わなくても、野菜だけでキーマカレーって作れるんです。
meat malletで叩いたエリンギや椎茸をみじん切りにすればお肉の食感になるし、
キノコ類、日高昆布の粉だし(昆布を微粉末にしたもの。昆布の粉ですね)を合わせると
グルタミン酸、グアニル酸で相乗効果の高い旨味になるし、
それにたっぷりの野菜を合わせたらもう充分な美味しさなの。

このソイミートも気が向いた時だけ、たまにしか取り寄せません。
以前も然程使っていませんでした。私は面白いなぁと思うのですが、
味にしろ食感にしろ、素材そのものが好きな夫が好みではないの。
これを食べるんだったら茹で大豆をそのまま食べたい彼。
そぼろだったら高野豆腐で作った方が好きな様です。


なにはともあれ、このソイミートは
ベジタリアンになったばかりの方や、肉食が大好き!な方におすすめ。

大豆は畑の肉と呼ばれる様に、
タンパク質など栄養がたっぷりバランス良く含まれているのはご存知ですね。
食物繊維も多く含み、大豆サポニン、大豆レシチン、大豆オリゴ糖など現代人が摂りたい成分、
女性に嬉しい大豆イソフラボンなども含みます。
以前お伝えしたがん予防に効果があるデザイナーフーズの上位にも大豆は入っています。

お肉と同じ位タンパク質を含みますが、脂質は半分以下、
コレステロールはなんとゼロです。
その大豆で出来たソイミートを上手にお料理に取り入れて
心と体に優しく、ヘルシーで美味しい食生活にしたいですね♪










a0135577_16102443.jpg













*高野豆腐そぼろの作り方はこちら。『精進ビビンパプ』ビビンバのレシピです。

*アケウを見たい奇特な方(笑)はこちら。
昨年2月の日記『アケウのおやつ*無酸処理の海苔
海苔が好きな猫さん、多いですよね。あなたの愛する子のおやつは何ですか?
[PR]
by koko_blanca | 2011-02-18 17:03 | キッチンにて


a0135577_11552913.jpg





おはようございます。
...き、今日は何曜日ですか?(笑)
週末や祝日もあったかと思いますが
いかがお過ごしでしたか?

私の方はというと
あっと言う間に週末が過ぎ火曜の祝日も過ぎ、
気が付けばまた週末になろうとしています。
もうね、お休みも無く毎日過ごしているとですね、
曜日の感覚も無くなって来るんですよ。

この頃日記が思う様に綴れず、撮った写真は溜まる一方。
せめて週明けだけはブログにアクセスせねばと思っているのですが...
まあ、ぼちぼち綴って行こうと思います。






いつも行くスーパーに島唐辛子が売っていました。
a0135577_11562118.jpg




a0135577_11574713.jpg
島唐辛子は小さい。
イタリアの唐辛子、ペペロンチーニに似ている。


作り方を調べてみると、
さっと洗って2、3日陰干しした島唐辛子を
泡盛に1~3カ月程度漬ける...とありますが、
陰干しをしない作り方もあるし、漬ける日数も大きく幅がある様。
たぶん中の島唐辛子や泡盛が、薄いオレンジ色になったら
出来上がりなのだろうと思います。





a0135577_11585620.jpg

島唐辛子に緑のヘタも付いていないし、
そんなにジューシーそうでもないので、
陰干しは省いて漬けました。


小さな可愛いビンはアチュートバルサミコが入って売られていたもの。
バルサミコを使い切り、捨てるにはもったいないそれに
オリオ・サントでも作ろうかなと思って取っておいたの。

オリオ・サントとはイタリアの唐辛子ペペロンチーニに
エクストラヴァージンオイルを注ぎ入れたもの。
1~2週間でオイルに唐辛子の風味と辛さが移るので
ちょっとした辛みのアクセントが欲しい料理に振り掛けて使います。

イタリアではピザやパスタにタバスコは使わないそう。
タバスコは辛さだけでなく酸味も付いてしまうから、
元々の味が変わってしまうものね。

そういえば、アメリカのピザにも酸味の無いホットソースを掛けるし、
ピザにタバスコは日本人が作った食べ方かも。
オイルやチーズたっぷりの油っぽい料理に馴染みの無い日本人に
なんとかさっぱり食べやすく、タバスコで酸味を持たせてと
考えたのではないのかなぁ...。

ちなみにオリオ・サントは、
聖なる油(Santo olio)、聖人油(Santi Olio)と訳します。
日本のお醤油の様にイタリアではかかせない調味料なのでしょうね。



...あれ?なんでオリオ・サントの話になってるの?(笑)



そうそ、コーレーグースを
そのオリオ・サントを作ろうと思っていたビンに
作ったのでした。

a0135577_11593826.jpg

本当は30度以上の泡盛に漬けるらしいのですが、
家にある泡盛が25度のものなのでそれに。

たぶん若干水分が出たり、アルコール分が抜けたり、
保存性を考えての30度なのだろうと思います。
でも以前カリン酒をほんの500ml漬けた時も25度の焼酎で大丈夫だったから、
今回もきっと大丈夫でしょう...大丈夫であります様に(笑)



コーレーグースはどんなお料理にも使えるそう。
隠し味にほんの少し使うと味に深みが出て素晴らしく美味しくなるらしい。
出来上がりがとっても楽しみです。








a0135577_1202321.jpg













*昨年11月の日記『久し振りに外ごはん
外ごはん、ずっと行ってないな...

アケウはこちら『椅子取りゲーム
笑ってる...絶対笑ってる!
[PR]
by koko_blanca | 2010-11-25 13:09 | キッチンにて
a0135577_12591183.jpg




おはようございます。
このところ朝夕がめっきり寒くなりましたね。
こっくりとした温かいものが食べたくなる季節です。

写真は野菜チャウダーです。
冷蔵庫の余り野菜で作りました。

今日は野菜チャウダーを作りますが、
クリームシチューもトマトクリームシチューもこの作り方で出来ますよ。




白ワインを飲みながら、アケウも一緒に。
いつもの夜です・・・
a0135577_130280.jpg


クリームシチューを作る時、
市販のルーを使っていらっしゃる方、
今キッチンにありますか?
ぜひ持ってきて箱の裏の原材料を見てみてくださいね。



さて、お家でホワイトシチューを作る時はどうしていますか?
お肉やお野菜をコトコト煮込んで牛乳を入れる?
それでは味が足りないから市販のスープブイヨンや
コンソメを使ってから牛乳?生クリーム?
それともお肉お野菜煮込んで、市販のルーをぽちゃん?

私が市販のホワイトシチューのルーを使わなくなって早数十年。
今はどんなものが原材料なのかなぁと思い、先日スーパーに行った時に
久しく通ったことが無いカレーやシチューの売り場へ。

色々なメーカーから美味しそうなシチューの素、
ルーや顆粒パウダーが出ていますね。
棚に並んでいる順番で次々に見てみました。


これは…
【原材料】食用油脂(豚脂)、小麦粉、粉乳…
豚のあぶらの次が小麦粉ね…

こちらは?
【原材料】食用油脂(牛脂豚脂混合油、パーム油)、小麦粉、粉乳、砂糖、食塩…
牛と豚のあぶら、パーム油、次に小麦粉。

この隣のは…?
【原材料】食用油脂(牛脂、豚脂)、でん粉、ミルクパウダー、食塩、
砂糖、調整ホエイ、ゼラチン…
これも牛、豚のあぶら、次が…でん粉?

う~ん…どれもこれも「あぶら」が筆頭。
一つだけ、小麦粉が一番先に書かれているのがありましたが...
さて、あなたのお持ちのルーは?



市販の加工品の原材料って、
『 使われている量が多い順に記載するのが決まり 』
なのをご存知でしたか?



…ということは?

そう、市販のルーの材料はあぶらが一番多く使われているということ。
あぶらをご飯に掛けたり、パンと一緒に食べたりしていることになりますね。

ホワイトシチューのルーはミルク、牛乳たっぷりって思ってました?
どうやら違う様ですね。
ご飯やパンに、サラダ油をたっぷり掛けて食べるのと一緒…あ、違いますね、
ステーキを焼く時に使う白い塊の牛脂や
豚の脂身を掛けて食べてるのね。

考えただけで胸やけがしそうですが、
それでもミルクたっぷりに感じて美味しく食べられるのは
食品添加物、化学調味料マジックです。




a0135577_1382370.jpg

長くなってしまいましたね。アケウも飽きてきた様子なので(笑)
早速野菜チャウダーを作ります。




最初にドライハーヴでブーケガル二を作ります…と言うとなんだか難しそうですが
とっても簡単。

a0135577_1392115.jpg
お茶パックやだしパックにニンニクを入れ、

a0135577_1395719.jpg
ドライハーヴを入れます。

a0135577_13102856.jpg
それを糸で縛って出来上がり。簡単でしょ?

ニンニク、ベイリーフ(ローリエ、月桂樹の葉)は必ず入れますが、
他のハーヴはもう何でも。
種類も何でも良いですし、ドライでなくてフレッシュなものでも。
数種類入れると色々な味と香りが織り成す複雑な味わいになりますし、
種類が少ないとそのバーヴが持つ香りをシンプルに楽しめます。

ちなみにこの時入れたハーヴ(順不同)
ベイリーフ、マジョラム、クラッシュドミント、ディルウィード、
グローヴ、タイム、パセリ、サボリー、オレガノ、バジル。

今日は沢山入れましたが、シンプルな味わいにしたい時、
お野菜の味を純粋に楽しみたい時は
ベイリーフとニンニクしか入れません。

他のものが無くてもベイリーフは入れた方が良いです。
それとニンニクだけで大丈夫。

糸は料理用のタコ糸を使っています。
他の糸でも大丈夫だと思いますが、
中身が出ない様にしっかり縛ってくださいね。





a0135577_13125313.jpg
冷蔵庫に入っていた余り野菜。

にんじん、シメジ、えのき、エリンギ、白菜、
知る人ぞ知る、冬瓜(まだあるの!)それとセロリ。
写っていませんが、この他にたまねぎとごぼうも入れました。
セロリを抜けば、お味噌汁の具みたいですね(笑)
そう、セロリを入れると和野菜でも洋風に使えるんですよ。

セロリとたまねぎ、それときのこ類(特にえのき)は必要、
にんじんも味が出るので入れたいところですが、
お野菜は本当に何でも。冷蔵庫の余り野菜で大丈夫。
でも、ネギの青いところ(白いところは大丈夫)や、
ごぼうなどのアクの強い味の濃いものは向かないです。
入れるとしてもほんの少しにしてくださいね。

それと、ほうれん草やブロッコリーなどは
一緒に入れて煮込まずに、
さっと湯がいたものをカットしておき、
最後に加えて温める程度にします。





a0135577_13141327.jpg
お鍋の一番下に先程のブーケガル二を入れます。

次に食べやすく切った野菜をぴっちりと重ねて入れていきます。
下からきのこ類、セロリ、冬瓜、白菜葉の青いところ、次が白いところ、
たまねぎ、にんじん、ごぼう。この順番で。

野菜を全部入れたら、鍋肌から静かにひたひたになる位のお水を入れ、
上に塩をひとつまみ「美味しくなってね」と言って振り掛けます。

そしたら、フタをして弱火にかけ、じっくり火を入れて、コトコト煮込みます。
野菜が柔らかくなれば大丈夫なので、煮込み時間はお好みですが、
これからの季節はゆっくり時間を掛けて煮込むと美味しいですよ。

お好みの時間煮込んだら豆乳を入れます。

ここで気をつけてくださいね。
豆乳を入れたら決してグラグラと沸騰させないで。
静かに温めないと分離した様な感じになってしまいます。
これは市販のルーでもそうですね。
シチューは沸騰させずに温めるのが基本です。

塩と胡椒で味を調えます。
胡椒は白胡椒だと見た目が良いですね。

肝心なのは塩の量。
コツがつかめるまでは、味を見ながら入れてくださいね。
塩が少ないとぼやけた味に、多いと塩辛くなってしまうので。
塩の量が、野菜とスープ豆乳の全体の量とぴったり合うと、
それはもう誰かに食べさせたくなる程の美味しさになりますよ。





出来上がり。
a0135577_13155331.jpg
自分で言ったのに、うっかり沸騰させてしまいました(笑)
クリーミーな見た目でなくなってしまいましたね。


でもとっても美味しいです。
きのこのえのきを入れるとなぜか魚介の旨味が出る様に思えます。
貝類にはコハク酸という旨味成分が含まれているのですが、
えのきにも若干入っているのではないかしら。
えのきの代表的な旨味成分はグルタミン酸、グアニル酸。
これらを多く含んでいるのでシチューにはかかせません。

クリームシチューを作る時は野菜を大き目にカットします。
トマトクリームシチューの時はトマトピューレを入れて煮込んだり、
みじん切りにしたトマトを入れてさっと煮たり。
野菜チャウダーとはそれだけの違いです。

うふふ、気付いた方はいらっしゃいますか?
そう、このシチューはノンオイルなの。
自分で作るとノンオイルで作れるんですよ。

ヘルシーなので沢山食べても大丈夫。
胸やけしませんし、野菜がたっぷり食べられますね。



a0135577_132327.jpg




今日の様に日中とても良いお天気の日は
夜になると冷え込むことが多いですね。
今夜はノンオイルで身体に優しい
あったか野菜チャウダーをぜひどうぞ。











*野菜を大きくカット、コトコト煮込んだ
あったかホワイトシチューはこちら

*トマトを入れたトマトクリームシチュー

*以前はニンニク、ベイリーフをそのまま入れていました、私のミネストローネ
今はだしパックに入れるので取り出しやすくなりました。

*たっぷり野菜チャウダーを作ったら、翌日はスパゲッティに。
[PR]
by koko_blanca | 2010-11-16 14:30 | キッチンにて


ヴィーガンなパンを食べませんか?
a0135577_13204493.jpg






おはようございます。
今日は火曜、もう今週も始まっていますが、
週末はいかがお過ごしでしたか?
私の方はというと相も変わらず
週末って何だっけ?という感じに過ごしました。

夫がいつもの如く週末にお仕事が入るというのもありますが
なんとかという(一度聞いたんですが忘れちゃった)資格を取るらしく、
学校に通い始めたからです。

平日も数時間授業があり、週末はほぼ丸一日授業、
それだけでなく帰って来てからも、書斎にこもって勉強しているので
お家の中に居ても、一緒に居られない私はとてもつまんない。
早く終わってくれないかなぁ...とそればかり思うこの頃の土日です。






a0135577_1322311.jpg
うふふ、美味しそうでしょ?



さて、今日はお家でパン♪ ホームベーカリーのおすすめです。
ホームベーカリー、お持ちですか?
昨今ホームベーカリーの売れ行きは家電の中で常に上位だそうですよ。
食品原材料の産地が国外の不安なところだったり、産地偽装があったり、
添加物の問題など、食に対して消費者の関心が高まっているからでしょうか。
アレルギーやアトピーの問題などもあるのでしょうね。

以前もお伝えしましたが、我が家のパンはホームベーカリーが作ってくれています。
市販のパンは添加物入りのものが多く、材料もシンプルなものが少ないから。
お家で作ると材料もすべて見え、安心なものが選べるし、
何より、美味しい。
お口にだけでなく、
身体と心にとっても美味しいパンが出来るんですよ。


そうそう、以前はドライイーストとショートニングを使っていましたが、
この頃はもうずっと天然酵母でショートニングなどのオイルは入れていません。

最初、天然酵母って『難しい』『手間がかかる』というイメージがあって、
とても面倒臭がり屋な私は(笑)なかなか作ってみようと思いませんでした。
ドライイーストの方が簡単だと思っていたの。

それに、巷のパン屋さんで売っている天然酵母パンって
酸っぱいものが多くないですか?

酸っぱいパンというとドイツパンが頭に浮かんで、それもたまにならいいけど、
いつも食べるパンは、ふわふわだったり、焼いてサクッとしてたり、
もっちり食べ応えがあったり、酸っぱくない方がいいなぁ...と。
世間知らずの私は(笑)天然酵母パンはもれなく酸っぱいと思っていたんですね。

でも、いざ作ってみたら、全然難しくない。びっくりする程、簡単。
そして酸っぱくないの。


作ってみて思いましたが、ドライイーストとの違いは、
難しいとか手間ではなく『香り』。
香りなんです。

ドライイーストは、普通のものに限らずオーガニックのものでも
独特の香り、匂いがあるんですが、
天然酵母はそれがまったく無く、自然で良い香りなんです。
食べてすぐに、(私はもうドライイーストのパンを焼くことは無いな...)と思いました。
それ程、違うの。
もうこれは、ドライイーストと天然酵母のパン、
どちらも焼いてみた人しかわからない。
天然酵母を試していない方はぜひ一度試して欲しいです。



では、とっても簡単な天然酵母パンの作り方♪
...と言ってもホームベーカリーに付いてくる本に載っているのですが(笑)
こんなに簡単というのをお見せしたいので。



a0135577_1328091.jpg
以前はホシノ天然酵母パン種でしたが、
この頃はずっとホシノ丹沢酵母パン種。
こちらの方が発酵力が強く、よく膨らむから。





ホームベーカリー付属の生種おこし用の容器にお水を入れます。
ペットボトル入りのお水でなくても大丈夫ですよ。
a0135577_1332464.jpg
気温が暖かい時は冷水、寒い時は微温湯。
これもホームベーカリー付属の本に詳しく書いてあります。




a0135577_13291079.jpg
それに天然酵母パン種を入れて、

a0135577_13324523.jpg
よくかきまぜます。



あとはホームベーカリーのパンケースに入れて発酵させます。
a0135577_1464348.jpg

お水と天然酵母パン種を計って入れ混ぜたら
ホームベーカリーにおまかせということですね。

ちなみに私のホームベーカリーはナショナルの古いもの。
たぶん今はもっと高機能でお値段もお安いものが沢山あると思いますよ。





約24時間後。
a0135577_13331856.jpg
出来ました。
ふつふつと発酵しています。

パン種はいつも三回分位の量を作ります。
徐徐に発酵力が弱まってくるので、
冷蔵庫で保存して一週間位で使い切るのが目安です。
使い切れない時はパンを焼いてしまって
それを冷凍した方が無駄になりませんね。



早速パンを仕込みます。

出来たものをパンケースに入れます。
a0135577_13352291.jpg
量は付属のスプーン約2杯くらい。
若干の差はパンに影響しないのでいつも適当です。
このアバウトさが私にぴったり(笑)
ドライイーストは0.1g単位で計らなければならないので大違いです。





a0135577_1336148.jpg
スケールの上にパンケースを置いて
粉類をどんどん入れていきます。
最後にお水も計り入れお終い。
簡単だし洗う物が出なくていいでしょ(笑)




強力粉。
a0135577_13335474.jpg
北海道産小麦100%江別製粉はるゆたかブレンド。
はるゆたか、春よ恋、ホクシンなど数種類の小麦をブレンドしているものです。
海外のオーガニックのものなど、色々使ってみましたが、この頃はずっとこれ。
理由は、香りが良く美味しいので。
初心者にも扱い易い粉なのでおすすめです。

パンの材料は、天然酵母、強力粉、砂糖、塩、水、だけ。
お砂糖は天然酵母をよく働かせるため...天然酵母のごはんになるので
必ず入れなければならないのですが、少しの量で大丈夫。
私は有機黒糖を使っています。




a0135577_13381273.jpg
あとはまたホームベーカリーにおまかせ。




a0135577_13385953.jpg
香ばしい良い香りがして出来上がり。
卵や油脂を使わなくてもこんなに膨らみます。
天然酵母の力です。


ドライイーストを使っていた時はこんなにふっくらしたパンが出来ませんでした。
国産小麦は膨らみが悪いと聞くし、ショートニングは使っているけれど
卵やバターを使っていないから仕方が無いんだなぁ...とあきらめていたんです。
でも天然酵母パン種を使ったらこんなによく膨らんで
ふんわりもっちり、焼くとサクサクで美味しいリーンなパン、
ヴィーガンなパンが焼けました。




a0135577_13394423.jpg

我が家は夫も私も朝食を食べないので、
朝、天然酵母を仕込み、翌朝出来上がった天然酵母でパンを焼き、
週末の午後や、お夕飯で食べることが多いです。




昨夜のお夕飯。
a0135577_13404974.jpg
野菜サンド。

トマトピューレにディジョンマスタード、塩、胡椒を入れ混ぜたものが
我が家の定番ケチャップ。
それを塗ったパンに、サニーレタス、オニオン、きゅうり、トマト、
パプリカ、バジルなどを挟みます。

厚揚げを薄く切ったものをこんがりと焼いて挟んでも美味しいし、
水切りした木綿豆腐のスライスをそのまま挟んで
粗挽き黒胡椒を多めに振って食べても美味しい。
コクがありヴォリュームが出るので食べ応えがあり
お腹がいっぱいになりますよ。



a0135577_13413154.jpg
マヨネーズはソイマヨがお気に入り。
お豆腐でマヨネーズを作る時もありますが
便利で美味しいので常備しています。

お豆腐マヨネーズはあな吉さんのレシピ。
絹ごし豆腐100g、塩小さじ2/3、酢小さじ1と1/2、白味噌小さじ1、こしょう少々を、
フードプロセッサかミルサーで撹拌したもの。
ノンオイルなのに簡単で美味しいの。




a0135577_1342867.jpg
こちらは厚切りにしてブルーベリージャムをのせて。
こんがりトーストにしてジャムでも美味しいのですが
焼き立てであったかほわほわだったので。




バターやマーガリンたっぷり、卵たっぷり、お砂糖たっぷり、
添加物たっぷりなど、余計なものがたっぷり入っているパンを食べていると
身体のあちこちにも余計なものがたっぷりくっついてきます(笑)

身体にたけでなく、心にもくっついてくるんですよ。
イライラしたり、気分が落ち込んだり。
喜怒、感情の起伏が激しくなったり。
そんな時は食べたもの、食事内容を振り返ってみると
余計なものを食べた時の後が多いのです。

パンだけでなく口から入れる食べ物はなるべくシンプルな方が良い。
シンプルなものを食べていると、心も身体もシンプルになれます。






a0135577_13431659.jpg
耳も噛みしめる毎に味わい深く。




秋はパンが美味しい季節ですね。
ホームベーカリーでとっても簡単に出来る
天然酵母パンでした。











*昨年10月の日記
ひとりごはん * 何サンド?』何サンドに見えますか?
こちらは和風『蓮根の和風サンドイッチ
ドライイーストとショートニング使用の頃『パンを焼く * 食品添加物のこと
[PR]
by koko_blanca | 2010-10-26 16:29 | キッチンにて

おいなりさん



a0135577_15461313.jpg
残暑が厳しい今日この頃ですが
もうすぐご飯が美味しい季節になりますね。
写真はふっくら柔らか おいなりさんです。






おはようございます。
連日の暑さに負けて
麺ものが続く我が家の食卓でしたが
少しずつ秋のお献立にしています。

でも暑い時に熱々ご飯はなかなかお箸が進みませんね。
そんな時にはおいなりさんを作りましょう。
さっぱりとして程良く冷めた酢飯なら
パクパク美味しく食べられますよ。




a0135577_14464657.jpg
具沢山のお味噌汁を添えてバランス良く。




では、おいなりさんのお揚げを煮ていきますよ。

a0135577_14472047.jpg

お家の中で一番大きいお鍋を用意します。
それに半分位お水を入れ沸騰させお揚げを入れます。
グラグラとしばらく煮ます。
所謂、油抜きですね。

このお揚げはすし揚げ。
すし揚げとはおいなりさん専用の油揚げで、
中が簡単に開ける様になっているもの。
消泡剤などの添加物が使われていない
昔ながらのものを使ってくださいね。
出来上がりの味が違いますよ。


油抜きをしている間に
お揚げを煮る煮汁の調味料を合わせておきます。


a0135577_1449512.jpg

参考にならないかもしれないですがレシピを(笑)

*約8センチ角のすし揚げ8枚分くらい。
お醤油大さじ2、みりん大さじ2、
黒糖大さじ1、塩ひとつまみ、だし汁約1カップ。
これらをお鍋に入れ混ぜれば煮汁の出来上がり。


入れる調味料の割り合いはお好みで作ってくださいね。
少し甘めが良ければお砂糖を増やしたり、
甘さを控えたければみりん大さじ2の内の1をお酒にしたり。
何度か煮てみて一番好みの味、我が家の味を決めましょう。




おすすめのみりん。

a0135577_1450633.jpg

普段使いは『味の母』。
『三州味醂』はとろりこっくりしているので
強く甘みを付けたい時に使っています。




さて、油抜きに戻ります。

a0135577_14504483.jpg
油抜きの最中に
時々木ベラでお揚げを挟んで鍋肌に押さえつけます。
中のお湯と油を絞り出す気持ちね。
お揚げが破れない様に静かに優しく
でもぎゅ〜っと。

お鍋の中をかきまぜる時も木べらを使います。
菜箸は絶対に使ってはダメ。
お揚げが破けてしまうので。


a0135577_14511450.jpg
お湯がここまで白濁するまで油抜きします。


おいなりさんを作る時に一番大切、
重要なポイントなのがこの油抜きです。

お揚げにただ熱湯を回し掛けたり、
軽く煮たりするだけではいけません。
お湯が白濁するまでしっかり煮込んで油抜きすることで、
煮汁の調味料の味が満遍なくお揚げに染み込み
しかも柔らかくふんわりと出来るんですよ。
お揚げから油が抜けてパサパサなんてしないので、
安心してしっかり油抜きしてくださいね。


大きいお鍋に半分お湯を湧かして使う理由は三つ。
たっぷりの量のお湯を使いたいのと
お揚げを押し付けて絞る鍋肌のスペースが欲しいのと
レンジ回りの汚れを防ぐためです。

小さいお鍋になみなみお湯を沸かしてやると
レンジ回りがとんでもなく汚れますよ〜(笑)



a0135577_1642937.jpg
油抜きを終えたらザルにあけます。

この時もお揚げが破れない様に優しく扱ってくださいね。
菜箸で取り出す場合は普段手に持つ方の太い方を使って。




a0135577_14531843.jpg
木べらで優しくぎゅ〜っと絞ります。
破かない様に気をつけて。



a0135577_14534683.jpg
先程の調味料のお鍋に重ねて入れていきます。



a0135577_1454972.jpg
落としぶたをしたら
その上からフタをしてコトコト煮ます。





a0135577_14543528.jpg
煮汁が少しになったら落としぶたを取り


a0135577_145518.jpg
また少しだけ煮たら出来上がり。


乾燥しない様にふきんやラップを掛け
そのまま置いて味を落ち着かせます。
私は朝煮て夜までそのまま置いておき
お夕飯で使うということが多いです。

後は簡単。煮たお揚げを真ん中から切り、
酢飯を詰めて出来上がり。





a0135577_14553119.jpg

今日は普通に四角に切りましたが
三角に切っても可愛いですね。


寿司酢はお砂糖と酢、塩を混ぜれば簡単に出来るのですが
私は飯尾醸造の富士すし酢を使っています。
理由は...白砂糖を持っていないのね、私。
手持ちの黒糖で作っちゃうと酢飯が黒くなっちゃうの(笑)
富士すし酢だけでは我が家には甘過ぎるので
純米富士酢を半々に混ぜて使っています。

先にお伝えしましたが、
おいなりさんを作るのに一番大事なのは油抜き。
しっかりと油抜きをすることで
お揚げに煮汁の味がしっとりと染み込み、
柔らかくふんわりとした食感になるのです。
お揚げ煮を今まで上手に出来なかった方は
是非お試しくださいね。


今夜のお夕飯に
秋の行楽のお弁当に
美味しいおいなりさんをどうぞ♪



a0135577_16111735.jpg




*昨年9月の日記
パンを焼く*食品添加物のこと
秋はパンも美味しい季節ですね♪
この頃はドライイーストを使わず、
天然酵母で焼いています♪
アケウ...小さかった(笑)
[PR]
by koko_blanca | 2010-09-21 15:22 | キッチンにて