おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:アケウのごはん( 29 )



a0135577_20204355.jpg




おはようございます。
本当に久し振りのアケウのごはん、
昨夜の出来立てほやほやごはんを綴ります。



綴るために写真を撮らなきゃと気合が入って、
「さて!ごはんを作ろう!」と、大きな独り言を言ったら、

「ごはん」というワードに反応して走って来た!(笑)


ごはん?ごはんなの?
a0135577_20205723.jpg

このアケウの表情!(笑)


ごめん、違うのよ。今からごはんを作るの。
まだまだ。もうちょっと待って。待ってね。



a0135577_2021977.jpg



ちなみに「まだまだ」と「待ってね」もアケウはわかります。
ちゅらはわからない。アケウの感情に釣られて一緒に行動しているだけ。
まだ小さいからね。



さて、早速作っていきます。
所々に所感や見解も挟みますので長くなります。
... 長くなるのはいつものことですね(笑)



まずは、すべての野菜を安心やさいに浸します。


露地物とれとれ新鮮菜花♪
a0135577_20231243.jpg



a0135577_20232416.jpg

もちろん有機でも浸します。



a0135577_202335100.jpg


この作業は必須。
購入した野菜その他食材はすべて
安心やさいに浸してから使っています。



よくすすいだものを土鍋で蒸します。

a0135577_2024119.jpg

今日は地産の春キャベツと、ブロッコリー、露地物の菜花、
鹿児島産の万次郎南瓜と新ごぼう。

少し前までは、ブロッコリーと菜花は湯がいていたのですが、
茹でるよりも蒸した方が食べっぷりが良いのです。

a0135577_20242070.jpg




冷凍アルティジャーノお粥を、解凍兼温めます。
a0135577_20243331.jpg


タヒボ茶二番煎じ(一番煎じ茶葉も少し)と一緒に火にかけ、
ことこと煮ます。
a0135577_20244431.jpg

分かり難いけど、今日は雑穀お粥。
無農薬米の遠賀(おんが)のひかり「かがやき」オーサワの十五穀米
炊飯器で炊いたものを土鍋でお粥に炊き直し、
液体酵素を加えて熟成させたものを冷凍しました。
作り方はこの時に綴ってありますが、
液体酵素は力価の数段高いアルティジャーノに変更しました。


蒸し野菜とお粥を待っている間に他の物も用意します。


左上から時計回りに、
オーガニックシードで発芽させた自家製アルファルファ、アルティジャーノ発酵野菜、
地産セロリ葉の柔らかいところ、海の精の有機 紅玉梅干の有機梅(奈良県産)と、
有機赤紫蘇(和歌山県産)。
a0135577_20275166.jpg


本当はこれにイタリアンパセリも入れるはずでしたが...


a0135577_20292739.jpg

こんななのであきらめました。



イタリアンパセリが大好きなちゅらが齧って食べちゃうの。

a0135577_20294415.jpg
しょりしょり・・・


a0135577_20295779.jpg
落としたのもちゃんと食べます。


アケウは食べません。
a0135577_20301542.jpg

このイタリアンパセリも、ポットと土ごと全部、安心やさいに浸しています。
だから止めずに好きなだけ食べさせているのですが...


a0135577_20302957.jpg

う~ん。。
そんなに解毒が必要なごはんや環境なのだろうか...?(汗)
(パセリは解毒作用があるハーヴです)



ところでこちらは茹で上がった春キャベツと菜花、ブロッコリー、
下の緑の葉は生の大葉春菊です。
a0135577_2031679.jpg

新ごぼうはもう少し時間がかかりそうです。


*生野菜、加熱野菜のこと。

前の日と今朝のごはんでレタスを食べたので、
今回は柔らかく蒸した春キャベツ。
以前は酵素を摂らせたくて、生野菜がほとんどでしたが、
今は消化と栄養、美味しさも考えて、加熱野菜もよく使っています。

丁度良く蒸した春キャベツや菜花は、
私がそのまま食べても甘くて美味しい♪
a0135577_20311613.jpg


包丁でみじん切りにします。

左上から、
大葉春菊、春キャベツ、南瓜、
a0135577_20313124.jpg

左下から、
スプラウトやアルティジャーノ他、とろりとペーストになるまで叩きます。
真ん中の黒いのは天然太もずく、
右は菜花とブロッコリー、一緒にみじんにしました。


沖縄県久米島産 天然太もずく
a0135577_2222614.jpg
塩蔵なので塩抜きして使います。

新ごぼうはこの後蒸し上がったので画像無し。みじん切りにしました。
柔らかくお花の様な良い香りの新ごぼうでした♪



*包丁はよく切れるものを使いましょう。

私はメーカーの研ぎ直しにしょっちゅう出しています。
猫の手作りごはんに限らず、よく切れる包丁で作ると、
お料理の美味しさが違います。

同じトマトでも、切れない包丁で潰す様に切ったものと、
よく切れる包丁ですぱっ!と切ったものでは、
食べた時に美味しさがまるで違いますよね?
それがみじん切りの状態の中でも起きているとイメージしてくださいね。


それぞれをお肉のタッパーに入れます。

a0135577_20314960.jpg

下の二つ、丸いのと四角いタッパーは今夜食べるごはん。
上のは明日の朝のごはんで、お肉はまだ凍っています。
そのまま冷蔵庫で明日の朝まで解凍します。

アケウもちゅらも野菜の蒸し立て、作り立てが好きなので、
朝もそうしてあげたいのですが、
如何せん朝は夫のお弁当作り等々で、とっても忙しい。
だから朝だけは作り置きで我慢してもらっています。

ところでお肉のタッパーには、インサラータも入っています。
お肉と一緒にして解凍しています。



*解凍や調理で、電子レンジは使用しないでくださいね。
絶対に、ダメ。 です。

これについては長くなるのでまた別途綴れたら良いのですが、
健康な仔や仔猫はもちろんのこと、
特に、身体の弱い仔、高齢猫、病気の猫さんは、
電子レンジ使用は厳禁です。

(出来たらフードプロセッサの様なパワーの強いものも避けた方が無難と
私は思っています。
時間はかかりますが、包丁で念入りに、愛を込めて作ってあげてくださいね)



副食材を入れて混ぜていきます。

a0135577_20321129.jpg

a0135577_20322377.jpg

順不同ですが、
フルーツザイム、センシク、有機JAS明日葉と大麦若葉、ローヤルゼリー、
アズミラのスーパーC2000、デイリーブースト、タウリン、
オーガニックガーリック、ピュアシナジーとベリーベリープレミアム、それと、
グレイトミネラル。これは、マグネシウム主体のマルチミネラルで液体なので、
これには混ぜずにそのままごはんに落とします。


直接振り掛けずに、この様によく混ぜ合わせてから、
振り掛けます。

a0135577_20324565.jpg


a0135577_20334562.jpg



a0135577_2034043.jpg

お肉他と軽く混ぜ合わせたら、


程良く冷めた先程のお粥を入れます。

a0135577_20344063.jpg

お粥はほんのり温かい状態。お肉他もこの時は常温に戻っています。
α化をなるべく維持するイメージ。


切るように混ぜます。

a0135577_20345723.jpg

一気にガー!ぐるぐるー!って混ぜちゃうと、ねばりが出て糸を引いちゃうのね。
そうなったごはんはアケウとちゅらが大嫌い。食べないの。
だから、そっと切る様に、でもちゃんと混ざる様に丁寧に、混ぜます。
一時間位、少し温かいところや常温のところにおいて、熟成させ、
タッパーの中で予備消化を施します。


*熟成タイムのこと。

ちゃんと消化酵素を入れて予備消化を施したものでないと、
猫さんのお腹には大変厳しいごはんになってしまいます。

切って混ぜてハイどうぞ。... では、
お野菜や穀物が少ししか食べられないし、食べられたとしても、
お肉も含めてすべての食材の栄養が、一部しか身体に取り込まれず排出され
無駄になってしまいます。

食材の栄養とパワーを余すことなく身体に吸収してもらう様、
しっかり熟成タイムを取りましょう。



アケウとちゅらの食べ頃です♪

a0135577_20351185.jpg

食べ頃になるまでの熟成タイムも日によって違います。
そしてその食べ頃の状態もその仔によって様々。
とろりとする前、とろりとした後、ほとんど繊維が切れた様な状態などなど、
その仔が美味しい♪と喜ぶ食べ頃を探してあげてくださいね。


サプリメントを混ぜます。

a0135577_20353526.jpg

メガペット・デイリー、カルシウムwithボロン3、Bコンプレックス50、
COUNTRY LIFE CoQ10 100mg

a0135577_20355151.jpg



直接振り掛けずによく混ぜ合わせます。

a0135577_2036022.jpg

写真を撮るために器に入れていますが、
いつもは手のひらの上で混ぜ合わせています。

手のひらのくぼみにサプリメントを載せて、
反対の手の人差し指で、ぐるぐると軽く押し潰し混ぜる様な感じ。
乳鉢で優しく擂るイメージでしょうか。

以前はそのまま振り掛けていたのですが、
良く混ぜたつもりでも溶けずに残っている時があったのです。
メガペットデイリーとか、時々塊があるんですよね。
それが溶けずにお口に入ったら嫌だろうなと思って。

カルシウムなど、他のと潰し混ぜ合わせることで、
香りや味も少し穏やかになる様な気がします。
サプリメントが苦手な猫さんは試してみると良いかもしれませんね。


ごはんに振り掛け、よく混ぜます。
写真を撮り忘れましたが、
WEIL NUTRITIONAL SUPPLEMENTS ビタミンEコンプレックス、
NATURAL FACTORS Rxオメガ3ファクターズもここで入れます。

a0135577_20382273.jpg

この時も切る様に、ねばりが出ない様に混ぜています。


サプリを混ぜたら個体差調整。
アケウとちゅらのを分けて、
アケウのにはタヒボ濃縮とビタミンB、ハーヴのホーソンを追加、
ちゅらにはアルティジャーノ液体酵素を追加。



出来ました♪

a0135577_20384027.jpg

同じ位に見えますがアケウの方が多めですよ。

ちゅらはこの頃お魚ブームなので、
デリカの安心お魚を少々トッピングします。これも個体差調整かな。
今回はイワナ。

a0135577_2039947.jpg

イワナもトラウトも食べますが、一番好きなのがヒメマスです。


アケウはお魚が好みでないのでそのまま。

a0135577_20401498.jpg

良かれと思ってトッピングすると匂いを嗅いで食べないの。



はい、どうぞ♪

a0135577_204192.jpg

美味しそうにパクパク... ガツガツですね(笑)

a0135577_20415258.jpg


a0135577_2042642.jpg



a0135577_204341.jpg



a0135577_20431834.jpg

あっと言う間に完食。



アケウは見る間もありませんでした(笑)

a0135577_20433123.jpg


アケウはごはん台で、ちゅらはキッチンカウンターで食べさせています。
以前の様に一緒に並んで食べさせたいのですが、お互いのが気になって仕方が無いの。
二人とも落ち着いて食べることが出来ないのでこうなりました(笑)




a0135577_20434625.jpg




それにしても、ごはんを綴るの本当に久し振り。
アケウのごはんのカテゴリを見たら、前回は去年の5月?!
しかもインサラータの2や、他に書こうと思っていたことがまだだし(汗)
それより何より、当時作っていたごはんと、割合も作り方も、
何もかもが違う。

でも本当はそれが当たり前のことなのよね。

どう調理したら消化がより良いごはんになるか、
どう組み合わせたら美味しいごはんになるか、試行錯誤の日々だし、

それに、アケウとちゅらの様子---
遊び方や走り方の元気度、眠り方や睡眠時間、
目の力や覇気、全体の雰囲気、具体的な未病(目ヤニや口臭他)、
うんこやおしっこの様子などなどを日々よくよく見て、

不足もしくは過多の栄養は無いか、ごはん全体の量、割合、水分量、
何の食材を使ったら良いかなどなどなど、とにかく毎回考えることは山程で尽きないし、
それを考え、思い付いたことを試す勇気とアクティヴさが必要だし、
(これは受動的でネガティブな私にとって課題でもあること)

だから、数日前のごはんとまったく違う作り方だったり割合になることも当たり前だし、
日々刻刻と変わる猫の成長、年齢に因る体質の変化に合わせなければならないから、
変えていかなければならないことが、必ず、あるし。

「これが、最高のごはん!」と思っても、それは、
「これが、今の、最高のごはん!」ということなのよ。

なにはともあれ、

その時時に対応出来る沢山のレシピが作れる様になるために、
困った時に使える奥の手が入っている引き出しが沢山持てる様になるために、

毎日こつこつ試行錯誤を重ね、静かに経験を積み重ねて頑張ることが、
手作りごはんには必要だと思うのです。



...でもね、何も難しいことはないの。

a0135577_20444419.jpg

この仔たちが全部教えてくれるから。




頭をかかえて悩むこともあるけれど、
手作りごはんは楽しみながら作るのが一番。
そうすると、ごはんも美味しくなるしね。
楽しく悩んで、これからも頑張ろう♪


















*おすすめするには訳があります。
手作りごはん食材 ニンナナンナデリカ
サプリメント&副食材 Cat's専科NinnaNanna

手作りごはんを始めると、必ず、
壁に突き当ったり、困ったことが起きたりします。
そんな時、相談が出来ます。
... 他のお店でも相談出来るところがある?
いえいえ、こちらは経験値と情報量が格別に違います。
それと何より、愛があります。


*ごはんの時間、割合やグラム他の覚え書きが出来なかったので、
次回以降に綴ろうと思います... 忘れない様にしないと(笑)
[PR]
by koko_blanca | 2012-03-02 08:40 | アケウのごはん


a0135577_15344927.jpg



おはようございます。
久し振りのアケウのごはん、今日はおやつについて。

アケウのごはんは一日2回、朝夕ホームメード、手作りごはんです。
それと、午後10時前後におやつとしてカリカリを数粒、
私のサラダのお皿から茹で野菜という感じでした...でしたと過去形なのは、
少し前からおやつのカリカリを控えて様子を見ているからです。
なので今日綴ることは少し前のことになります。



これがおやつのカリカリ。
a0135577_1535387.jpg


今現在メーカーで長期欠品になっているアズミラキャットフォーミュラーです。
色々なカリカリを試した結果、これがお腹の弱いアケウに一番合っているので
おやつで与えていました。今はCastor&Pollux ORGANIX ADULT CAT FOODなどです。
メーカーサイトhttp://www.castorpolluxpet.com/

少し前はFlint River Ranch Super Premium Feline Health Cat & Kitten Formula
だったのですが、お水でふやかした時に脂を放してしまうのでなんとなくやめました。
お水に脂が浮くというか脂っぽくなる感じで酸化が気になったので。
でもそこまで気にされない方、ドライのままで与える方には大変おすすめのフードです。
メーカーサイトhttp://www.frrco.com/

でも、与えて思うのですが、やはりアズミラドライが調子が良いんですよね。
国内入荷が無くなってからもう半年になるでしょうか。
私の猫友の愛猫もアズミラ好きなので早く再販になると良いなと思います。



キャットインサラータ
a0135577_15372579.jpg

原材料に大変こだわった冷凍野菜ペーストです。
凍ったまま少し折ってカリカリの上に。

a0135577_15382238.jpg

インサラータはほどんどが野菜。必要以上に水分でかさまししていません。
なのでカリカリをふやかすには水分が足りないのでお水を少しかけます。
ピタリゲンなどのπウォーターがおすすめ。

a0135577_1538331.jpg


小一時間放置すると...
a0135577_15385594.gif
インサラータが解凍され、追加したお水と共にカリカリをふやかしました。

インサラータをほぐして和えて、アケウのおやつの出来上がり。
a0135577_1539199.jpg

これを食べた後すぐにテーブルに上がり私にもらえるサラダを待ちます。
夫のお刺身がある時はそれもご相伴に。


...と、これは先日2歳になる少し前のお話。
このおやつはしばらくお休みしています。

理由はいくつかあり、まず一つ目の理由は、
たった数粒でも朝夕のごはんに響いてしまうということ。
肝心のごはんを残しがちになってしまいます。
たぶん2歳を迎え大人になってまた食べる量が減ったのでしょう。
このことはまた別の機会で綴ろうと思います...と言って
過ぎてしまうと忘れてしまうので、忘れない様にしなければ(汗)

二つ目の理由は、
タンパク質や脂質が過剰になって耳が汚れやすくなったり、
黒い目やにや鼻が出やすくなってしまうということ。
こちらも大人になって仔猫や今まで青年の時と違って
栄養の要求量が減ったからなのだと思う。


a0135577_15395148.jpg




余談になりますが・・・

黒い目やにや鼻が出る、肩こりや痛みなど体の全般的な未病は、
『体の法則にのった出方』があります。

体の右側に出るのは、お肉やご飯が多い、所謂タンパク質糖質脂質過剰(陽性過多)
体の左側に出るのは、甘いもの(砂糖)果物(果糖)所謂糖分などが多い(陰性過多)

アケウだけでなく自分に起こる未病の症状を見ても顕著にそれがわかります。

視力も然り。夫は乱視なのですが、左よりも右が悪い。
小さい頃から甘いお菓子や果物は食べなかったけど、お肉やご飯をたっぷりと、
夫の『体が要求するより多く』食べて来たからですね。

個体は100人いたら100人違います。
だから、同じものを同じ量食べても、未病が出る人と出ない人がいる。
その人の体の要求以上に食べると必ず小さい症状として出ます。体の法則に則って右と左に。
...両方出ている?
それはどちらも多過ぎ、体が悲鳴を上げている状態です。



参考書籍「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」大森一慧さん







さて、最後の理由ですが、ターニッシュが出てしまうということ。

ターニッシュ(tarnish)というのは変色などという意味なのですが、
メインクーンの、特にシルバーに出やすい毛色の変化です。
白とグレーがなんと茶色になっちゃうの。
全体ではなく一部なので見た目が非常に汚い。
きっとシルバーだけでなく、他のカラーの子にも出ているのでしょうが
シルバーと違ってわかりにくいんでしょうね。

人それぞれ好みがあるので、そのターニッシュを味わい深いと思う方もいらっしゃる様ですが、
私は(正常なら変色するはずのない被毛が、なぜ?)と疑問に思うほう。

全体ではなく一部ということは、唾液のpHによるものなのかと憶測したり、
成長の過程?いや大人でもあるし...、とか、個体の違いで...体質?、とか、
色々なことを考えていたのですが、そのうちに、フードにお肉などをトッピングする
なんちゃって手作りごはんを止めてすべて手作りにしたら、
なんとターニッシュが治っちゃった!(笑)
きれいなシルバーに戻ったの。

理由は分からずじまいでしたが、戻って良かったなぁと思っていました。
でも昨年末辺りから手作りごはん以外にフードのカリカリを復活させたら
また一部茶色っぽくなってきて。
それで、ああ、ターニッシュの原因はフードだったんだ、と。
でもアズミラドライではならなかったので、フードの種類と量によるものだと思います。
アズミラを数粒あげている時は良かったんだけどね。

まあこれは理由の上位にあがるものではないけれど、
アケウのターニッシュの要因と思われることなので止めようと思いました。


これらがおやつを控えている理由です。
でも、おやつを止めてもインサラータは引き続き
手作りごはんの食材として使い続けています。
腸内細菌を育てるのに秀逸なキャットインサラータについては
次回に綴りたいと思います。






a0135577_15401311.jpg





*ターニッシュが一番酷かった頃。
悪夢ふたたび?
アケウは酷いターニッシュでしたが、フードを止めて
手作りごはん100%にしたら治りました。


*シッポたちにおすすめのサラダ
キャットインサラータ
手作りごはんの食材ですが、むしろ私はフードを食べている子に食べてもらいたいです。
そのままでも舐めてくれる子がいる位美味しく作ってありますし
アケウは野菜好きなのでドライフードに混ぜても食べますが、
初心者さんはウエットフードにほんの少量からが、お口にもお腹にもおすすめな食べ方。
フルーツザイムなど消化酵素も合わせて使うとよりGood。

*文中のドライフードはこちらから取り寄せられます。
NinnaNanna for Cats
ナチュラルキャットフードサプリメントからお入りください。
[PR]
by koko_blanca | 2011-05-19 16:44 | アケウのごはん


a0135577_748256.jpg
以前よりお肉の量がだいぶ減ったので、フラットなお皿でも大丈夫になる。
これはヘルスウォーターM。


1食分
クッキアイオ(内臓ミンチ)17~19g、
コルテッロ(ムネ・ササミ ミンチ)、セーリオ(モモ・ムネ ミンチ)合わせて約30g前後
クレスタ(とさかミンチ)少々、フォルケッタ(キンカン)適宜、
ローミートすべて合わせて合計50g~53g

スパイラルおかゆ14~15g、スパイラルさつまいもorかぼちゃ16~17g、
キャット インサラータorホームメード フローズンサラダ10g
生野菜(主にベビーリーフ、キャベツ、サニーレタスなどの葉物と、
アルファルファなどの自家製スプラウト)+果物(パイナップル、りんごなど)10g
野菜、穀物、果物すべて合わせて合計約50g位。


*お肉のコルテッロとセーリオの割合は日々変化。
クッキアイオは必ず17gから。それ以下にはしない。
ルーミートやダチョウの場合は正肉を減らし、クッキアイオは17gより多め。

フォルケッタ(キンカン)は味に変化とメリハリをつけるため、
その時によって少ない時と多い時が。多い時は正肉を減らす。

*この頃は野菜果物を冷凍10g+生10g、合わせて20g。(穀物、芋類は別)



野菜は冷凍すると細胞壁を予め壊すことが出来るので消化が良いとされる。
冷凍野菜のみだと30g位までは余裕で食べることが出来た。
うんこも良好。しかし、胃に負担が掛かるのか(これは不明)
胃が悪い時に出る様な口臭がする様になる。また、
冷凍野菜だけだとアケウの体には繊維が足りないのか、
うんこが臭くなってしまう。
今のところ、冷凍と生半々位が口臭もせずうんこも臭くない。
生野菜だけで20gだと、うんこが柔らかめになりがちだが、
硬さも良い感じである。





a0135577_749729.jpg
いつもの様に熟成タイムを取ったもの。
この頃は1時間30分から2時間位。

これを朝7時と夜7時の一日2回。
夜10時頃におやつのカリカリふやかし20粒位?
その後、私のサラダのお皿から野菜を。
この頃は茹で春キャベツ、蒸しかぼちゃ、アボカドなど。
アケウが大好きな芽キャベツの季節が終わってしまって残念な限り。



*サプリメントの覚え書きは次回以降に。でも種類にさして変わりはない。
*お肉の量を減らしている理由も次回以降。




ちなみにこれは私のサラダ。
a0135577_7492984.jpg
春キャベツ、ニンジン、豆苗、トマト、ひよこ豆、チャービル。パイナップルとりんご少し。
アケウのごはんに入っているのと同じ野菜。





今夜は夫が会食でひとりごはんなので


a0135577_7494871.jpg
白ワインとナッツ。
結局これだけで終わりの超テキトーごはん。




アケウはと言うと...

a0135577_7501975.jpg
丁度この位食べて残すんだよね...




a0135577_7504735.jpg
そして私のサラダを齧って...って、こらぁ!



a0135577_7511225.jpg
そそくさ。



a0135577_7513748.jpg
悪びれる様子もなく、しれ顔で毛づくろい。



a0135577_752014.jpg
けろり。



アケウがごはんを一瞬で完食しなくなった。
...いつ頃から?
忘れてしまったけど、3月初めより前なのは確か。
もう一か月か二か月か。

まずごはんの直前にあまり騒がなくなった。
以前だったら、にゃあにゃあ!(早く早く!)と足元で言っていたのに、
この頃はたまに様子を見に来て、にゃぁ?(まだ?)と言う位。

サプリを混ぜていると、(まだかかるな...)と思ってかどうか、
おもちゃで遊び始めたり、窓辺に外を見に行ったり。

いよいよあげる時になると嬉しそうにはするけれど、
一生懸命ひしひしと食べるのは最初だけ。
半分位食べると急にごはん台を離れてしまう。
それで口の周りを念入りに毛づくろいし始める。

それからはその時によって色々。

とても念入りに口の周りをきれいにした矢先に
戻ってきてまた少し食べる(笑)

そのまま小一時間眠ってしまう。起きてまた食べる。



一番多いパターンは、

口の周りも拭かずに遊ぶ。

途中でごはん台に戻ってきて少し食べる。
なぜかその後にごはんに砂かけの仕草(!)

また遊ぶ。

戻ってきて砂かけ。

遊ぶ。

戻ってきて食べる→毛づくろい→食べて完食→...わけわかんないわ!(笑)

とにかく一瞬で完食はしなくなった。
完食はするものの、食べては離れ、食べては離れ。


...アケちゃん、そういうの
遊び食いとかだらだら食いって言うんじゃあないの?





a0135577_7581158.gif
だ、だめなの?



う~ん、そこなんだよね...
猫の食性はそうらしいけどね...
私的には前の様にパクパク一瞬で完食!が嬉しいけど... どうなんだろう...
まあほぼ良いうんこが出てるから大丈夫かなぁ...





a0135577_7585466.jpg
~♪




なぜ一度に全部食べなくなったのか原因を探ろうと思う。
何かきっと理由があるはず。
...私が美味しく作れないだけだったりして(汗)
















*昨年4月の日記『たけのこご飯*春のお献立
今年は露地物のたけのこが全く以て出ません。
菜の花も然り。なぜだろう...
[PR]
by koko_blanca | 2011-04-14 09:26 | アケウのごはん


a0135577_1652459.jpg


a0135577_16522585.jpg




おはようございます。
アケウのごはん、今日は或る日のお夕飯(基本の作り方)でお話しした
普通のお粥やさつまいもペーストよりもお腹に優しい
スパイラルお粥、スパイラルさつまいもの作り方を。

手作りごはんを始めた当時、アケウは穀物の消化が苦手でした。
でもそれはアケウのお腹に問題があった訳ではなく、
アケウが穀物を消化出来る様なごはんを
私が上手に作ってあげられなかったのだとわかりました。

手作りごはんで、お粥を初め穀物が苦手な猫さんは
このスパイラルお粥を少しずつ試してみると良いと思います。



前回のアケウの七草粥ごはん
猫の手作りごはんには、お肉の他に、野菜、穀物、果物が必ず必要、
これらはお腹にとってとても重要とお伝えしましたが、
その中の穀物、お粥(消化のしやすいα化させたデンプン質)は
腸内細菌を育てるのに必須です。




早速お粥を炊きます。
a0135577_16584280.jpg

これはマスタークックの土鍋。
遠赤外線効果が高く安全なセラミック製の土鍋です。
これで調理するとお料理が格段に美味しくなります。特に蒸しものは絶品。
下に敷いているのはとろ火をより緩和するクッキングマット。
じっくり時間を掛けて火を入れお粥を炊きます。



以下はお腹のために重要なこと。私の覚え書きにもします。

お肉、ひいては、猫が苦手とする野菜や穀物を消化させるための腸内細菌を育てるには
・細菌の栄養になる糖類(デンプン質)が一定量必要
・細菌が糖の食事をして不溶性食物繊維の分解を行う時間が必要
・そのためには、水溶性食物繊維を食べて腸管内での移動時間を遅らせる必要がある
(葉物、根菜類はほとんどが不溶性食物繊維です)


不溶性食物繊維・・・うんこの保水力down↓通過スピードup↑=硬いうんこまたは早い排泄
水溶性食物繊維・・・うんこの保水力up↑通過スピードdown↓=柔らかいうんこまたは遅い排出

うんこの硬さや速さは、両者の組み合わせと細菌(→デンプン量)次第。


その細菌の食事となるのが炭水化物
炭水化物=デンプン(糖)+食物繊維(不溶性+水溶性)+微量絵要素群

じっくり炊いたお粥はα化したデンプン質と水溶性食物繊維(粘り)。

スパイラルお粥がお腹に優しいのは、普通に炊いたお粥から
さらに一歩先、酵母を使ってお粥を「料理」しておいてもらうからです。




お粥が炊けました。
a0135577_1659172.jpg



a0135577_16594281.jpg
とろりと美味しそう。
これがα化したデンプン質と水溶性食物繊維の粘り。


...アケウ、味見する?


a0135577_1702515.jpg
くんくん..



a0135577_1704234.jpg
ぺち..


a0135577_17177.jpg
ぺちぺちぺち...



a0135577_1712529.jpg
ぺろぺちぺち...


お米の甘い香りや味が好きなのか、この様にアケウはこのままでも食べます。
でもほんの少しだけ。好きな野菜程の量は食べません。



a0135577_1715178.jpg
もういらないー。


自然農法の無農薬無肥料米なので変な味がしないのも
そのまま食べられる理由の一つだと思います。
農薬など化学物質への鋭い敏感さは
動物ならではなのでしょう。




炊いたお粥を100g取り分け、50度に下がるまで待ちます。
a0135577_1722871.jpg

まだ少し熱いですね。

熱いうちに酵母を入れると酵母が死んでしまうのでもう少し待ちます。

a0135577_173167.jpg



a0135577_1743433.jpg
お粥100gに対してスパイラルエンザイムを20g入れます。


a0135577_175931.jpg
よくよく混ぜます。


こちらがスパイラルエンザイム。
a0135577_1754332.jpg



このスパイラルエンザイムに含まれる酵母(善玉菌)に
デンプン質を食べさせ分解させます。
糖の食事を終えた酵母に酵素を出してもらいます。
それに必要な熟成時間は約2時間。
常温で放置します。


a0135577_1761812.jpg



これでスパイラルお粥の出来上がり。

すぐ使わないものは活性フィルムに入れて薄く伸ばし冷凍。
a0135577_176522.jpg


*活性フィルムとは・・・
コルテッロやセーリオなどお肉が入っているフィルムです。
お肉を使い終わった後、よく洗ってよくすすいでから使います。
雑菌の繁殖、ドリップや冷凍焼けを防ぎ、冷凍に於ける品質劣化のスピードを
緩めることが出来るそう。ラップやジッパーバッグには出来ないワザです。
一度で捨ててしまうのはもったいないですね。(以前のテキストより転写)

スパイラルさつまいも、スパイラルかぼちゃも同様に作ります。
じっくり火を入れて調理したさつまいもやかぼちゃの重量に対し
20%のスパイラルエンザイムを入れよく混ぜ、熟成時間を2時間取れば完成。
スパイラルお粥同様、活性フィルムに入れて冷凍保存を。


手作りごはんに入れるα化デンプンは野菜の2~4割を目安にすると良いそう。
α化デンプン供給素材としてお粥(穀物)さつまいも(イモ類)かぼちゃなどなど。

細菌がすくすく育つ良い腸内環境にするには、
【お肉】と【野菜、穀物】及び【水溶性食物繊維】【不溶性食物繊維】の
バランスを整えなければなりません。

以前のアケウのごはんはこのバランスが悪く、
デンプン質と水溶性食物繊維が欠けていました。
今はスパイラルお粥とスパイラルさつまいも(またはかぼちゃ)を合わせ
デンプン質と水溶性食物繊維をアケウのお腹に合う量、
しっかり取り入れるようにしています。

猫の手作りごはんには・・・
「お肉」が「必要」
「野菜、穀物、果物」が「重要」です。








覚え書き*アケウの基本のごはんの割合(2011年2月現在)

a0135577_1775924.jpg
1食分
コルテッロ(ムネ・ササミミンチ)29g
セーリオ(モモ・ムネミンチ)10g
クッキアイオ(内臓)20g
クレスタ(とさかミンチ)1g
ローミート計60g

野菜+果物20g~
スパイラルさつまいも17g
スパイラルお粥13g~

*お肉のコルテッロとセーリオの割合は変化します。
クッキアイオは必ず20gから。それ以下にはしません。
ルーミートやダチョウの場合は正肉を減らし、クッキアイオは20gより多め。

フォルケッタ(キンカン)も使いますが、味に変化とメリハリをつけるため、
その時によって少ない時と多い時が。多い時は正肉を減らします。

*野菜と果物合わせて20g。少し多くなる時もあります。
別に、スパイラルさつまいもは17g、スパイラルお粥は13~15g位でしょうか。
野菜、穀物、果物すべて合わせると約50g位になります。

この他に私のサラダをそのままあげるので
野菜はもっと食べていることになりますね。













*以前アケウのお腹の相談をナンナさんにした時に教えて頂いたことを
本日のテキスト中に一部抜粋、転記させて頂いています。




ニンナナンナデリカ
内臓まで安全に食べられる生肉を取り扱っているお店は他にありません。

スパイラルエンザイムはこちらから取り寄せられます。
Cat's専科ニンナナンナ


*『●●フリーを思う。』参考になります。

*『水溶性食物繊維を多く含む食品』
アケウの大好きなものがいっぱい!
アボカド、オクラ、明日葉、芽キャベツ、菜の花、春菊、さつまいも...
特に今旬の芽キャベツはアケウのブーム。
茹でて切ってあげるとそのまま食べます。その量はなんと丸ごと1個!(笑)
[PR]
by koko_blanca | 2011-02-14 18:40 | アケウのごはん


a0135577_1395429.jpg

マンマフォルツァのお肉と七草粥、蒸しサツマイモ、
フローズンサラダ。
(副食材、カルシウム他サプリ)



おはようございます。
先日の七草粥をアケウにもあげたのですが
そのことを綴ろう綴ろうと思いつつ結局今日に。
七草から随分経ってしまったのでどうしようかとも思いましたが
七草粥を一緒に食べた思い出を綴っておきます。

それと...手作りごはんに於ける私の大きな失敗も。




a0135577_13112225.jpg
ふんわり美味しく炊けた七草粥をアケウの分取っておきました。




a0135577_1312588.jpg
その七草粥、蒸しサツマイモ、
いつものマンマフォルツァのお肉と副食材他。
今日の野菜はフローズンサラダです。




これがフローズンサラダ。
a0135577_13122151.jpg
インサラータを真似て作りました。

...と言っても、インサラータの作り方がわからないので
似ているのは見た目だけです。


これに入っている野菜は、
ベビーリーフ、サニーレタス、グリーンリーフ、春キャベツ、寒じめほうれん草、チコリ、
ブロッコリースプラウト、大葉、イタリアンパセリ、バジル、チャービル、セロリ葉と茎、
ブロッコリー、カリフラワー、トマト、大根、ニンジン、長芋、もやし、スナップエンドウ、
マッシュルーム、アボカド、柿、りんご、バナナ、キウイ、黒ゴマ、近江生姜、
オーガニックガーリック(順不同)。

これらを下ごしらえ(茹でるものは茹で、蒸すものは蒸し、生のままはそのまま、
すりおろすものもあり)した後、すべてをフードプロセッサにかけてから冷凍しました。

水分がある程度無いとプロセッサが回らないのですが、
お水の類(ペット用ウォーター、茹で汁など)は入れません。
水分の多い野菜や果物を一緒に入れるので難無く回ります。




a0135577_13124345.jpg
アボカドが多かったので色が薄く、黄緑色になりました。


その時によって入れる野菜は変わります。
アケウが好きな野菜は入れる様にしますが、すべて同じにはなりません。

昨日も作りましたが、上のいくつかの葉物、根菜、果物、きのこ等の他に、
赤茎サラダほうれん草、アイスプラント、黄色いミディトマト、ピーマン、
パプリカ3種類(赤黄オレンジ)、芽キャベツ、エゴマの葉、パクチー、
パイナップル、苺などが入りました。
ネギ類以外は大抵何でも。出来る限り新鮮な野菜を使います。

フローズンサラダを作ったら必ず味見をします。
美味しそうに喜んでパクパク食べた時に入れた野菜や味を覚えておくと
次に作る時参考になります。




a0135577_13133634.jpg
そのフローズンサラダが入っています。
良く混ぜて1~2時間置き熟成させます。


出来上がり。
a0135577_13295024.jpg
ふっくらとして美味しそうです。

フードプロセッサにかけているフローズンサラダは、
手切りの野菜と違って細かく、熟成後というのもあって目に見えません。
七草粥に入れた七草が少し見えますね。





a0135577_13142523.jpg

やっぱり炊き立てのお粥は喜んで食べます。食べる勢いが違うの。
蒸し立てのサツマイモやカボチャも然りで、
アケウは何でも作り立てが好きみたいですね。
小さい頃からそういったものを一緒に食べてきたからでしょうか。
どちらかと言うとフローズンサラダよりも
フレッシュサラダの方がよく食べます。



ピンボケになってしまいましたが
完食です。
a0135577_1315968.jpg




「猫の手作りごはんには、肉、野菜、穀物、果物、消化酵素、水分が必須だそう。
肉が7で、野菜穀物果物足したもの3が基本。後は様子を見ながら個体差に合わせて。」

これは以前、「アケウの基本のごはん」(昨年1月15日)でお伝えしましたね。
そして、お伝えした私本人もよく理解しているはずでした。
でも...今だから書きますが、全然わかってなかったの。

数ある手作りごはんの本やサイト、手作りごはん食材のショップを見てみると、
「猫にはお肉!」「お肉が多めで野菜は少しで大丈夫」「タンパク質のお肉が一番重要」
「猫はご飯など穀物の消化が苦手。一定量以上あげてはいけない」...という
情報が山ほど溢れていますね。それが正しいことの様に言われてる。
でもこれは間違ったとても危険な情報なのです。

猫の手作りごはんには、お肉の他に、
野菜、穀物、果物が必ず必要、これらはお腹にとってとても重要なのです。

食物繊維...水溶性食物繊維、不溶性食物繊維などをバランスよく取らずに
お肉だけで野菜ちょっぴり、もしくは、フードにお肉をトッピングという
なんちゃって手作りごはんをずっと続けていると、
最初のうちは良いうんこが出ていても、そのうちに消化不良を起こす様になり、
最後には「お肉やフードすら消化出来ないお腹」になってしまいます。
腸内環境を育てるのは他でもない野菜、穀物、果物なの。
決して「猫にはお肉!」のお肉ではないのです。


それで私は大きな失敗をしてしまいました。
アケウにそれが出始めたのが去年の5月頃からのことです。

頭では野菜、穀物、果物が必要とわかっていたはずなのに、
「猫にはお肉!」「お肉さえ与えておけば大丈夫」という構図の方が
しっかり頭に刻み込まれてしまっていたのです。
何度も繰り返しそういった間違った情報を見聞きしているうちに、
知らず知らずそうなってしまったの。

(お肉をたっぷり、野菜はアケウが好きだからたっぷり、
果物は嫌いだからなぁ...ちょっぴりだけ。
お粥は穀物だから...あげる時とあげない時があっていいや)
以前のアケウのごはんを見て頂ければそれが一目瞭然だと思います。

そうこうしているうちに、腸内環境が悪くなり、
消化不良を起こす様になってしまったんですね。
何を食べさせても軟便気味。
お肉や野菜の割合など考えられることをすべて試してもダメ。
アケウ本人はとっても元気だけど、お腹が緩いままで良いわけが無い。
私は手作りごはんを上手に作れなくなってしまったんだ...
もう手作りごはんを止めよう...とまで思いました。

今はもうすっかり良くなりましたが、治すまでに要した時間は約半年。
一度悪くなった腸内環境を整えて良い状態にするのは大変なことなのです。

最新版以前のアケウのごはんは、食材が良いとか悪いとか以前の問題、
「良くないバランスの手作りごはんの見本」と思って見てほしいです。


猫の手作りごはんには...

「お肉」が「必要」
「野菜、穀物、果物」が「重要」

...と、重ねてお伝えします。
そして誰でもない、私自身にも。


大きな失敗、壁に突き当り、回り道をしてしまいましたが、
手作りごはん大先輩から沢山のアドバイスと励ましを頂いて、
猫友に愚痴を聞いてもらったり、慰め励ましてもらったりして頑張りました。
お蔭様で大きな壁を乗り越えることが出来、手作りごはんを止めなくて済みました。


大切なアケウのために、
美味しくバランスの良いごはんを目指して
今日もコツコツ頑張っています。





a0135577_1432360.jpg












*おすすめします『キャットインサラータ
手作りごはんベテランママが作った、あなたの愛猫のためのとっておきサラダ。
野菜が嫌いでもこれなら食べられるという子も多いそう。
とても食べやすいお味でした。あなたご自身でどうぞお味見を。
手作りごはんの食材としてだけでなく、
ドライやウエットのキャットフードに混ぜてどうぞ。


*とても参考になります。是非お読みください。『食物繊維は菌類が料理するもの
[PR]
by koko_blanca | 2011-01-19 15:02 | アケウのごはん


猫の手作りごはん♪ 今夜はルーミートです♪
a0135577_1227164.jpg





おはようございます。
アケウのごはん最新版、今日は私の基本の作り方を綴ります。


アケウのお夕飯の時間は午後7時、それに合わせる様
大体夕方の4時半~5時頃からお夕飯を作ります。
では作っていきます。




...と思ったら、お野菜が届いた模様(笑)
少しお待ちくださいね。

a0135577_1227541.jpg
こちらのお店のベビーリーフとマッシュルームが気に入っているので、
定期的に取り寄せています。


a0135577_12283373.jpg
さつまいもが美味しい季節ですね。
大根は無施肥の自然農法のもの。

前回もお伝えしましたが、手作りごはん食材の野菜や果物、穀物は
無農薬無化学肥料のものを使う様にしています。



では届いたお野菜も使って早速作っていきましょう。

主食材となるお肉のルーミートは朝、冷凍から冷蔵へ上げて、夕方まで解凍。

*その日のお天気、体調、おやつや夫のお刺身のご相伴の量などを踏まえて
お肉の量、そこから来る食事全体の量を考えます。
そう考え大きく捉えると季節でも変わってきますね?
それを変えられるということ。
ここが手作りごはんのすごいところです。




a0135577_12301174.jpg
今現在、基本のお肉の量は合計60g。
(容器が14gなので74gの表示)
これより多い日はありませんが、少ない日はあります。

*お肉やお野菜のグラムは私の覚え書きなので気にしないでくださいね。
それにしてもなぜか写真が暗い(汗)
後で写真を差し替えられたらそうします。


a0135577_1231498.jpg
ルーミート40g
クッキアイオ19g
クレスタ1g
計60g

*その日に寄ってお肉の割合を変えることも。
例えばルー35g、クッキアイオ25gという様に。
クレスタを入れなかったり、フォルケッタを使う時も。



冷凍庫からさつまいもとお粥を出す。
a0135577_1232118.jpg
上がさつまいも、下がお粥。


*さつまいもやかぼちゃは土鍋で蒸してから潰す。
土鍋で炊いたお粥(精白米、七分搗き米など、うるち米の全粥)。
どちらもじっくり時間を掛けて蒸したり炊いたりします。
それを活性フィルムに入れて伸ばして冷凍。
大体6食分なので三日に一度作ります。

*活性フィルムは・・・
コルテッロやセーリオなどお肉が入っているフィルムです。
お肉を使い終わった後、よく洗ってよくすすいでから使います。
雑菌の繁殖、ドリップや冷凍焼けを防ぎ、冷凍に於ける品質劣化のスピードを
緩めることが出来るそう。ラップやジッパーバッグには出来ないワザです。
一度で捨ててしまうのはもったいないですね。

*普通のさつまいもペーストやお粥よりも お腹に優しい
スパイラルさつまいも、スパイラルお粥の作り方は次回以降に綴ります。



a0135577_12331380.jpg
森修焼きのお皿にグラムを計って載せていきます。
この時はさつまいも15g、お粥13g。
出ているグラムは違っているので気にしないでください。
写真を撮っている間に一度消えちゃったの。

*今のこの季節、冬に向けて身体がエネルギー源となる脂肪を蓄えるため、
食欲旺盛ですぐにお腹がすきます。私達と一緒ですね(笑)
なので、腹持ちが良い様に、夏よりさつまいもやお粥を多めにしています。
これより多くなる時もありますよ。



a0135577_1233456.jpg
黄色いのがさつまいも。白いのがお粥。
黒いのは雑穀粥。

*雑穀はキヌア、アマランサス、あわ、きび、ひえ、たかきび、はとむぎ、胚芽押麦、黒米、赤米など。割合はその時に寄って変わりますが、キヌアとアマランサスが他のものより少し多め。洗って丸一日程浸水した後、土鍋でゆっくり時間を掛けて炊き、すり鉢で擂るか、
フードプロセッサやミルサーでペースト状に。



a0135577_12352071.jpg
土鍋で蒸して解凍します。

以前はお肉と一緒にして冷蔵庫で解凍していたのですが、
アケウは蒸して解凍した方が好きで美味しそうに食べるので、
さつまいもとお粥はこうして解凍しています。


その間に野菜と果物を切ります。



最近のアケウのお気に入り。
a0135577_1236991.jpg
ブロッコリースプラウト、春菊、マッシュルーム。

これらは、はいどうぞとあげるとそのままでも食べます。
というか、私のサラダのお皿から勝手に取って食べる程好きなので
ちょっと困っています(笑)
ごはんもこれらを入れると食べっぷりが違います。


安心やさいで洗った野菜を、浄水機を通した流水でよくよく洗います。
水を切ってまな板に上げていきます。

a0135577_12365672.jpg
今日のお野菜達はベビーリーフから5種類と、サニーレタス、春菊、セロリ葉、マスタードリーフ、スイートバジル、イタリアンパセリ、ブロッコリースプラウト、パプリカ(レッド、オレンジ、イエロー)ミニトマト、マッシュルーム。

すりおろしにしたので、ここには写っていませんが、
ラディッシュとにんじん、大根が入っています。
後で蒸しかぼちゃも少し入れました。
果物はバナナ、柿、りんご、マンゴー。


a0135577_12401448.jpg

細かくみじん切りにしたもの。
奥はかぼちゃ。おやつで蒸したのがあったので。
手前の黄色は冷凍してあったマンゴーのペースト。
この時は野菜果物含めて25g。

アケウは野菜を大きくカットした方が好きなのですが、
インサラータのお蔭様で、細かいみじん切りの野菜にも慣れました。

ペースト状や細かいみじん切りの方が、酵素の馴染みも良く、
消化するのにも胃腸に負担が掛からないので、
本当はこういう状態のものを食べさせたかったのです。
なのでインサラータ様様なのです(笑)


*インサラータについては次回以降に。



ちなみにこれは野菜の切れ端。
a0135577_12412829.jpg
葉物の中央のスジは硬いので入れません。ベビーリーフデトロイトの赤い筋は苦味が出るので少しだけ入れて、パプリカも内側と皮を削いで中だけ、トマトも皮を剥いて種を取ったもの、
バナナも内側だけ...とカットしていくと、この様に残ります。これは私のサラダに入ります。



野菜をカットしている間に、蒸して解凍しているさつまいもとお粥が出来るので、
土鍋からお皿を出して冷ましておきます。




あ、アケウが来ましたね。

a0135577_12421180.jpg

アケウ、お腹空いた?もうちょっと待ってね。


...と言ってもごはんの時間はまだまだ先ですが(笑)
アケウは『待って』の単語を覚えたので、
遊びでもごはんでも「待って」というと、
今は遊べない、食べれないのだなぁと
わかってくれるんですよ。



a0135577_1243947.jpg
蒸して解凍し、程良く冷ましたさつまいもとお粥は奥に入れました。
手前には副食材のセンシク3g、フルーツザイム1g、
HIMALAYAのオーガニックハーヴサプリ ガーリック少々、
生酵素のスパイラルエンザイム小さじ1とアニマストラス少々。


a0135577_12435423.jpg
カットした野菜を入れます。
出ているグラムは違っています。
写真を撮っている間にまた消えちゃったの。

*以前はすべて目分量でしたが、今は何から何まで計って簡単にメモしています。
何が何グラム入っているか把握しておくことは大事だと経験でわかりました。
数字が重要ということではなく、
お肉と野菜の割合や、野菜の中の葉物と実野菜、根菜の割合など、
ごはんを作る上で何がどれくらい入っているかメモしておくと
後々必ず役に立ちます。



a0135577_12443970.jpg
りんごをすりおろしたらすぐ酸化防止にビタミンCを振り掛け混ぜます。


そのりんごも入れて、
a0135577_12474193.jpg
お水も入れます。

お水はπウォーターピタリゲン、ヴァルナπウォーター、ヴァルナパイGOLD、
バイオスO2、バイオスO2-Sのうちのどれか。

手作りごはんが初めての猫さんや、お魚好きお肉嫌いの猫さん、
ごはんの食べっぷりが悪かったりしたら、ツッパで作ったスープでも良いかもしれません。


a0135577_12501914.jpg
よく混ぜます。

この時、
「アケウのごはん、美味しくなぁれ、美味しくなぁれ」と言いながら
優しく混ぜます。
そうすると美味しくなる様でアケウもよく食べてくれます。



a0135577_12511535.jpg
この時は湯煎に掛けました。

湯煎と言ってもお湯の温度は28度以下、
手を入れてほんの少し温かいかなと感じる位の低い温度。
普通のお鍋より土鍋は保温力があるのでその温度を長くキープしてくれます。

スパチュラが入っていますがこの後すぐに掻き混ぜてから取り出し
入れっぱなしにはしません。

これからお腹に入る前の予備消化、熟成タイムに入ります。
酵素で予め消化を施しておきます。
そうするとお腹に優しいごはんが出来ます。

私が熟成させる時間ですが、
夏はキッチンラックの上にそのまま置いて1時間半、
冬は湯煎に掛けて1時間半、湯煎に掛けなければ2時間位です。

この熟成タイムの時間のために、
夜7時のごはんを作り始めるのが夕方4時半~5時頃なの。
作ったら一度か多くて二度、かき混ぜて様子を見るだけなので、
付きっ切りではありません。




さて、お夕飯の時間が近づいて来ました。



そろそろごはんだなぁと思ったアケウは

a0135577_1253143.jpg
キッチンカウンターの上で待機(笑)



今現在のサプリメントです。
a0135577_140117.jpg
メガペット・デイリー、スーパーC2000、カルシウムwithボロン3、Bコンプレックス50、
COUNTRY LIFE CoQ10 100mg、
WEIL NUTRITIONAL SUPPLEMENTS ビタミンEコンプレックス、
NATURAL FACTORS Rxオメガ3ファクターズ、
ホールフードのピュアシナジー、ベリーベリープレミアム、
タウリンパウダー、デイリー・ブースト。

*普段サプリメントを入れる量は少量ずつ。必要に応じた量を。
その時のアケウの状況によって必要なものは多めにしたりします。
例えば、ストレスフルなシャンプーの前はBを多めにしたごはんを
前々日位からあげる..など。


*今後もより良いものを探し試す予定。
新たにプラスしたいと考えているのはハーヴのホーソンや
クリルオイル、ポリコサノールやフィトステロールなど・・・



a0135577_158262.jpg

これらをよくよく混ぜます。
もちろんこの時も美味しくなぁれと言いながら...と言いたいところですが、
足元ではアケウがぐるぐるにゃあにゃあ!なので、
待って待ってすぐすぐ!と言いながらです(笑)



a0135577_12543022.jpg
出来上がり。


a0135577_1255621.jpg

一心不乱に食べています。
ピントが合いません。




a0135577_12553566.jpg
完食。


以前と違うのは、
それぞれの量を計ってメモしていること、野菜はみじん切りやすりおろしにする、
野菜ばっかりではなく、さつまいもやお粥などデンプン質をしっかり必ず入れる、
果物を数種類必ず入れる、予備消化の熟成タイムが長くなった、
サプリやハーヴの変更など・・でしょうか。
...書き連ねると以前とは大分違いますね。


アケウのごはんをホームメード、手作りごはんにして約一年経ち、
実際経験をし、今更ながらに気付いたことは、
腸内環境を良くするため、腸内の細菌叢を育てるために
「野菜、果物、穀物」が必ず必要だということ。
これが、猫の手作りごはんで一番大事なことだと思います。



では今日はここまでにしますね。
何かご質問などがあればコメント欄でもメールでもお気軽に。
私でわかることであればお伝えします♪









*安全安心美味しいお肉はこちらから
ニンナナンナ デリカ



*昨年11月の日記『アケウ生後6カ月
生後半年のこの時、体重3.6kg。
生後一年と約半年経った今現在の体重は6kg。
ゆっくり少しずつ成長しています。
[PR]
by koko_blanca | 2010-11-10 15:33 | アケウのごはん
猫の手作りごはん♪
a0135577_16433624.jpg






おはようございます。
猫の手作りごはんで来てくださる方がいらっしゃるので
今日は久し振りに『アケウのごはん』です。

今現在、アケウのごはんは朝夕7時の一日2回、
どちらもホームメード、手作りごはんです。
それと夜10時頃におやつでカリカリを少しあげています。

手作りごはんを始めた当初と作り方などが若干変わったこと、
その作り方のパターンやおやつも含めて、数回に渡って綴ろうと思います。
アケウのごはん最新版ですね(笑)


今日は手作りごはん食材のお野菜などのこと。


縁があって我が家に来た野菜達。
a0135577_16492351.jpg

これらは宅配で取り寄せたお野菜ときのこです。



手作りごはんで使う野菜、果物、穀物などの食材は
『無農薬、無化学肥料』のものを基本にしていますが、
無施肥の自然農法、有機栽培、近隣の露地物、
時には慣行栽培も(割り合いは少しですが)使いますし、
国外産も使います。

選ぶ一番の基準は、私が実際手に取って見て
力があると感じるもの。
それと、旬のものです。

お野菜を例に取ってお話しすると、
それが有機栽培のものでも、元気が無かったり、
野菜洗浄剤の安心やさいに浸けた時に油の様なものが沢山浮いたり、
洗った後に少し齧って食べてみて美味しいと感じないもの、
そういうものはアケウのごはんの食材には使いません。
私と夫が有り難く頂いています(笑)

以前もお話ししましたが、虫食いの多い葉物なども使いません。
有機だから無農薬だから虫食いは当たり前ということではなく
それは力の無い個体で、そこから淘汰するために虫達が食べているから。
使われている肥料目当てでつく虫も多いと聞きます。
野菜自体の弱さもそうですが、
肥料を使い過ぎて土も弱っているということも懸念します。

それとスプラウト類を除いて水耕栽培のものもあまり使わない様にしています。
やぱり大地の力を蓄えたお野菜を使いたいというのが一番ですが、
水耕栽培は化学肥料を多用している場合が多いからです。
化学肥料の怖さ、肥毒についてはここで触れませんが、
水耕栽培は無農薬だから♪...と安心は出来ないんですよ。

きのこは殺虫剤、殺菌剤、防カビ剤を使用していませんよと
明記してある、鮮度が高いもの。

お米や雑穀などの穀物も国産無農薬と謳っているものを選んだ上で
実際私が食べてみて美味しいと感じるものを使います。





果物とハーヴ。
a0135577_16595894.jpg
(ハーヴのバジルの隣は観葉植物です)

バナナは有機栽培のもの。
少し前はイチジクやぶどうが旬だったので使っていました。
今は柿、りんごなど。キウイやアボカドも好きです。
熟していなければ過熟させてから使います。
その方が栄養価が高いので。

果物も国産の安心安全なものを使いたいところですが、
有機や無農薬のものは数も種類も少なく、手に入り難いのが現状です。
国外産のものも含めて、必ず安心やさいで洗ってから使っています。






ベィビーリーフを安心やさいに浸けています。
a0135577_16452599.jpg


縁があって私のところに来たお野菜や果物、穀物達。
よく来たね、ありがとうねと声を掛けて
優しく洗って使います。




では今日はここまでにしますね。
最後はかぼちゃを食べるアケウをどうぞ。













最初に映っているのはアケウのお夕飯。
土鍋で湯煎にかけています。
この日はとてもお腹がすいている様子だったので
夜おやつであげようと思っていたかぼちゃをあげたの。
ビデオが長くなってしまうので途中で止めましたが...





a0135577_18261143.jpg
完食。

お夕飯に響くかなぁと思いましたが全然大丈夫でした。
食欲の秋...もう冬ですね(笑)















*昨年11月の日記
祝・初なんちゃって手作りごはん
手作りごはんを始めたのは去年の11月だったのか!
この時の感動は今も忘れません。
[PR]
by koko_blanca | 2010-11-07 19:07 | アケウのごはん


a0135577_12321982.jpg
オーストラリア産ラムミンチ、
クッキアイオ(鶏内臓ミンチ)、
サニーレタス、ブロッコリー、アボカド、ニンジン、
キウイ、ワイルドルッコラ、イタリアンパセリ。
(副食材、カルシウム他サプリ)




おはようございます。
アケウのごはん、初めてのお肉です。
ラムミンチと...大好きな野菜いっぱい添えです(笑)

いつもは安全で信頼出来るニンナナンナデリカのお肉を
アケウのごはんの主食材として使っています。
特にマンマフォルツァのお肉はリンが少なめなので猫に最適。
安心して与えることが出来ています。

今回はお誕生日ということもあって
特別にいつもと違うローミートを取り寄せてみました。



ペットのお肉屋さんThe Pet Deli
a0135577_12363040.jpg

こちらのお肉屋さんは元々人間用のお肉を販売するお店で、
そこで人間用に販売しているものと同じものを、
ペットが食べやすい様にミンチにし小分けのパックに詰め
販売しているのだそうです。
届いた箱の横に書いてあるのは会社名でした。




a0135577_12391258.jpg
5種類のお肉お試しセット
...なんだか犬さん専用という感じのパッケージですね。


食べるのが大〜好きなアケウにお肉は最適なプレゼントですね(笑)
でもカンガルー以外のお肉は初めて食べるものなので、
お誕生日当日急にあげて食べない!ということになったり、
食べてもお腹に合わない!なんてことになるとあまりにも可哀想なので、
お誕生日の数日前のごはんからあげることにしました。




a0135577_12473244.jpg
オーストラリア産ラム、
カナダ産馬肉、
オーストラリア産カンガルー、
オーストラリア産牛肉、
国産鹿肉の5種類。

今日はこの中からラム肉を。



a0135577_12493664.jpg

ラムは生後1年以内の子羊の肉。
ビタミンA、Bと鉄分が豊富に含まれています。
また、ラムのタンパク質は他のお肉に比べ、
体内への吸収効率に優れているそうです。
胃腸を温める作用があるので腹痛や下痢に効果があるそうですね。
冷えが原因でお腹を壊した時や、寒い冬の季節に良いかもしれません。



a0135577_12555016.jpg
しきりに匂いを嗅ぐアケウ



a0135577_12563634.jpg
50gずつの小分けになっていました。



a0135577_12571927.jpg
とりあえず二つ解凍しました。
残りは空気に触れない様ラップにぴったり包んで冷凍。


a0135577_12575794.jpg
a0135577_12582084.jpg



a0135577_12584566.jpg
解凍後ほぐした状態。


...ラムの匂いがとんでもなくすごいんですが。
食べるのかしら。

あげてみよう。

a0135577_1393779.jpg
アケちゃん、これ食べれる?


a0135577_1310249.jpg
匂いを嗅ぎまくる。



a0135577_13105861.jpg
た、食べない!(笑)



...今のは見なかったことにして(爆笑)
とりあえず野菜と合わせてごはんを作ってみましょう。


a0135577_13121950.jpg
合わせる野菜はアケウの好きなものばかりにしてみたのもありますが、
体を温める作用のラムに対してバランスを取るために、
冷やす作用のあるアボカドやキウイを選びました。




a0135577_13141483.jpg
右の細く尖ったハーヴはセルバチコ、ワイルドルッコラです。
野生種で栄養価が高く、ビタミンCやカルシウム、鉄分が多く、
解毒作用があるグルコシノレート、
血栓予防効果があるアリルイソチオシアネートが含まれています。
この様に、ルッコラやイタリアンパセリに限らずハーヴ全般には
それぞれの薬効成分が微量ながら入っているので、
独特の香りはありますが、少量でも与えてあげたいものの一つです。




a0135577_1315110.jpg
今回ブロッコリーは蒸しました。
他は食べやすく切ります。
消化しにくいニンジンは細かい微塵切りに。
酵素として全体に馴染んで欲しいキウイも微塵切りに。
アケウは素材の味が混じるのが好みではないので
すりおろしはしません。
葉物やアボカドも大きめに切っています。




a0135577_13153215.jpg
食べる直前のもの。


...ラム特有のすごい匂いです。
カンガルーやダチョウも独特の香りはしますが、
私にとってはそちらの方がまだマシです。
それと、ラムの脂肪は他のお肉の脂肪と比べ非常に独特です。
慣れていないというのもあってかなり扱い難い。
今回は生ですが、一度火を通した方が良いかもしれないと思いました。


食べないと思いますが一応あげてみましょう(笑)

a0135577_13172171.jpg
長い間匂いを嗅いでいました。

a0135577_13174789.jpg
プイ...


a0135577_1318970.jpg
やっぱりダメでしたか。



無理に食べさせることも無いし、何より可哀想なので
いつものマンマフォルツァのお肉で作り直そうと思いました。
お皿を下げようと行ってみると...



a0135577_1322167.jpg
恐る恐る、少しずつ食べてみてました。

a0135577_13224734.jpg
でもすぐにお皿から離れる。


でもまた戻ってきて、


a0135577_13231918.jpg



a0135577_1324089.jpg



少しずつ食べ進めて、
a0135577_13251349.jpg



a0135577_13253613.jpg



a0135577_13255824.jpg
完食。
ほっとしました。


初めての匂いと味だったから躊躇したんでしょうね。
その後一番心配だったお腹の調子を崩すこともありませんでした。
なにはともれ、このラム肉に関しては、
体が受け入れても良いと判断した様ですね。

ただやはり猫に毎日食べさせるのに最適なバランスのお肉は鶏。
アレルギーが無ければ鶏を主に与え、
他のお肉は時々のお楽しみにあげた方が良さそうです。
今回はハレの日だったので色々なお肉を与えてみましたが、
普段のケの日は鶏にしましょうね、アケウ。


a0135577_13272090.jpg
やっぱり君はチャレンジャーだね。


セットに入っていた他のお肉も食べさせてみたのですが
その時のことは次の機会にお話ししますね。
初めてのお肉シリーズ、続きをお楽しみに。






只今のアケウ♪

a0135577_13281555.jpg

遊んで攻撃がすごかったので、猫じゃらしで反撃しました(笑)
沢山遊んで満足、くったりです。
[PR]
by koko_blanca | 2010-05-14 14:53 | アケウのごはん


a0135577_15252157.jpg


a0135577_15254699.jpg














おはようございます。
写真はアケウのごはんの野菜です。

アケウのごはんですが、
3月初めからホームメード100%にしています。
それと、二週間程前からでしょうか、
一日3回だったごはんの回数を一日2回にしました。
今は朝7時と夕方6時から7時の間。
最終的には朝8時、夜8時にと考えています。



a0135577_15274128.jpg

これは3月初めに田舎の母が送ってくれた
寒じめほうれん草です。
普通のものよりアクが少なく葉が肉厚で柔らか
とても美味しいほうれん草です。
柔らかく甘みがあるのでアケウは生でも食べます。


a0135577_15282062.jpg
はい、どうぞ。

a0135577_15283977.jpg
ぱく。


でも、今回は茹でこぼしました。
a0135577_15293790.jpg

野菜に含まれるシュウ酸は生で食べることによって
身体に無害になり、良い成分に変わるという説もあります。
我が家ではサラダで食べることも多いほうれん草ですが
この日のお夕飯で私達がナムルを食べたかったのと、
アケウには量を食べさせたかったので茹でたのです。



a0135577_15301997.jpg
写真は副菜の小鉢です。
長芋の大葉和え、トマト、ほうれん草のナムルなど。
アケウも同じものを食べます。
手前のタッパーに入っているものがそうです。



a0135577_15344250.jpg
同じ野菜が入っています。
もちろん味付けは無しです。
今回、加熱比加熱は同じ状態のものですね。



a0135577_15353144.jpg
これは朝ごはんの分の野菜です。
フタを閉めてこの状態でチルド保存します。
ラップに包まれている黄色いものは、
マンゴーです。




a0135577_1536561.jpg
タイ産マンゴー


南国のフルーツが大好きな夫のために時々買うのですが、
カットする時にアケウにもと思い食べさせてみたら
思わずとてもよく食べました。
バナナは苦手、りんごやいちごは少しだけなら大丈夫という
フルーツがあまり好みではないアケウも、
マンゴーはかなりの量を入れても食べられます。
とても甘くて酸味がほとんど無いのが良い様ですね。
猫の手作りごはんにおすすめのフルーツです。


翌朝、これらの野菜とフルーツを
ローミートと混ぜるだけで出来上がり。

a0135577_15374332.jpg



a0135577_1538974.jpg
朝は水分を沢山摂らせたいので
おじや状態ですね。



これは別な日です。
a0135577_15385864.jpg
この日はサラダとアボカド。
後でパスタを食べました。
左上に写っている黒いものは蒸したさつまいも。
アケウに食べさせるために蒸したものですが、
あげるのはほんの少しの量なので、あとは私達が食べます。


a0135577_15393191.jpg
パプリカとコーン以外は同じものです。
パプリカは野菜洗浄剤の『安心やさい』で洗っていないので
入れませんでした。
コーンは食卓でそのまま食べさせるので入れませんでした。



また別の日。
a0135577_1542540.jpg
この日は夫が会食で私はひとりご飯でした。
こんな日はアケウのお夕飯の時間に合わせて一緒に食べます。
ホームベーカリーで焼いたパンでサラダを挟んで野菜サンドにしました。
茹で大豆はそのままつまんで食べます。
甘くて美味しいです。
アケウにもパン以外同じものを。




その翌日のお夕飯。
a0135577_15433964.jpg
この日は茹で大豆のせサラダと冷や奴、長芋とろろです。
この後お蕎麦を茹でて食べました。



a0135577_154431100.jpg
アケウもお蕎麦以外同じものを。
この時は『安心やさい』で洗ったので
パプリカも入っています。








a0135577_15454669.jpg
露地物いちご



この様に自分達のサラダやおかずを作る時に、
アケウの分を取り分ける様にしています。
少し細かく切るというだけでまったく手間はかかりません。
お皿の隣りにタッパーを用意しておいて入れるだけです。
冷凍しておいたものを解凍して使うより楽だと思います。

夕方6時から7時にかけて食べさせるアケウのお夕飯は
その時に野菜を調理してローミートと混ぜ作ります。

朝7時に食べさせる朝ご飯は前日に調理し、
チルド保存しておいた野菜を使います。
朝はどうしても忙しく時間が無いからです。
夜9時から10時にかけて作るので約8時間
チルドに入れておくことになります。

野菜はカットした時からビタミンやミネラルが損失していきますし、
空気に触れての酸化も気になります。
それでチルド保存にしています。

この頃アボカドなどは細かくカットせずに皮を剥いた状態で
ラップにぴっちりと包んでチルドに入れています。
そうするとまったく変色しません。



a0135577_161273.jpg
ハーブ







朝もホームメードにしてから一ヶ月以上経ち
忙しくてもこの頃は時間配分が出来る様になって来たので、
朝その時に作ることも多くなってきました。
前日の夜に加熱調理しチルド保存しておいた野菜を
小鍋で温めている間に生であげる野菜をカットしてという様に。
これで少しずつ朝ごはんの時間をずらして8時頃になれば
もっと余裕を持って作れる様になると思います。


ちなみに冒頭の写真、タッパーの野菜は
a0135577_1682734.jpg
左から時計回りに、
トマト、春菊、サニーレタス、マスタードリーフ、
バジル、イタリアンパセリ、アスパラガス、
真ん中に大根、伊予柑、ほんの少しセロリの葉。
アスパラガス以外はすべて生です。

パセリやバジルなどのハーブ類は栄養価が高く、
免疫力を高めたりガン予防などと薬効も期待出来る野菜なので、
ほんの少量加えてあげています。



自分が食べる野菜からぱぱっと取り分けておいてチルド保存は
手作りごはん初心者さんや、手作りごはんが面倒そう、
忙しくて時間が無くてという方にもおすすめの方法です。
その時、変色しやすい、酸化しやすいものは
空気に触れない様にラップでぴったりと包んでおくと良いですよ。
あとはローミートやお魚と混ぜるだけです。


大好きな人や大切な家族と、
同じものを一緒に食べると嬉しくなりませんか?
それが自分の愛する子となら...経験したことのない感動ですよ♪
あなたの愛猫にも
美味しいごはんを作ってあげてくださいね♪







a0135577_16201512.jpg

[PR]
by koko_blanca | 2010-04-22 17:22 | アケウのごはん


a0135577_11301822.jpg














a0135577_10525473.jpg
ルーミート(カンガルー)
ほうれん草、レタス、サニーレタス、長芋、
アスパラガス、トマト、茹で大豆、黒胡麻、他。
(酵素、カルシウム他サプリ)



おはようございます。
アケウのごはん、ルーミートと野菜色々。
今日は順を追って作る様子を綴っておこうと思います。

昨夜は夫がお仕事で会食だったので
私は一人ごはんでした。
なので、普段夕食は深夜なのですが、
アケウと一緒に早めに食べることにしました。



a0135577_10531637.jpg
私のサラダからアケウの野菜を取り分け、
同じものを一緒に食べます。
真ん中のホーローの器がアケウの分。



a0135577_1053502.jpg
ルーミート、クッキアイオ(内臓)と野菜。

火が通っている野菜はほうれん草、アスパラガス、大豆だけです。
食べやすい様、好みの大きさにカット、またはすりおろします。
アケウの場合はすりおろしが好みではないので、
千切りか大きめのみじん切りです。

*茹で大豆、お豆腐、納豆などの大豆食品、それと黒胡麻は、
お腹に合わない猫さんが多いと聞きますので、
無理はしない様にしてくださいね。



a0135577_10541783.jpg
野菜を入れて、



a0135577_10544193.jpg
水分と、フルーツザイムなどの酵素や副食材を入れます。

水分はお水(うちはピタリゲンを使っています)か、
野菜の煮汁、お肉やお魚のスープなど。

【現在、入れている酵素など】

*毎回入れるもの
フルーツザイム
アニマストラス
スパイラルエンザイム
センシク
シーオーガニック
スーパーC2000

*時々入れるもの
明日葉
大麦若葉

これらを少量ずつ入れます。


a0135577_10551229.jpg
よくよく混ぜます。
そして30分以上常温に置いておきます。
時々かき混ぜてみて、水分が足りなければ追加します。

放置している間にお肉の香りが飛んでしまうので、
フタ付きの容器を使っています。
かき混ぜる時以外はぴっちりとフタをしています。
熟成具合もありますが、うちでは1時間以上は置かない様にしています。


a0135577_10553524.jpg
目に見えて、とろりとしました。
これが酵素の力です。

今回は30分程でこうなりました。
その時の食材の内容、室温でも
かかる時間が変わります。


もうすっかり食べ頃なので、

a0135577_1056345.jpg
カルシウム他ビタミンを混ぜます。

【現在、入れているサプリ】

*毎回入れるもの
メガペット・デイリー
カルシウムwithボロン3
Bコンプレックス50
タウリンパウダー(NOW)
グルコサミン/MSM/コンドロイチン
CoQ10 100mg(COUNTRY LIFE)

*時々入れるもの
メガオメガ3
ガーリック・デイリーエイド
l-トリプトペット
ミルクシスル

その時の体調や食材の種類によって
入れる量を変えています。
例えば、今回は高タンパクのルーミートなので、
カルシウムとBを気持ち多めにする、の様に。

そして、

a0135577_10563069.jpg
バッチフラワーレメディを垂らします。
身体全体のバランスを整えるために、
精神的な方へもアプローチします。



a0135577_10565215.jpg
よく混ぜて出来上がり。


a0135577_10571785.jpg





一緒に食事を食べ終えた後、
洗い物にも付き合ってくれます(笑)
a0135577_10574725.jpg



a0135577_105888.jpg

今日の写真はごはんもアケウも
なんだかみんなピンぼけですね。
キッチンの照明のせいか、私の腕が悪いのか。
そのどちらもだと思いますが、
見難くて悲しくなります。

手作りごはんについては、
今度はもっと明るいところで見やすく撮って、
わかりやすい様子の順を追った写真を
アップしますね。


酵素や副食材、サプリメントは
これから色々変えていくかもしれません。
アケウの様子を見ながら、
出来ればもっとシンプルで
より良いものにしたいと考えています。




a0135577_10584031.jpg


この写真もボケてる(汗)
腕はさておき、一眼レフのデジカメが
ますます欲しい今日この頃です。






サプリメント1/2
サプリメント2/2
ACMπウォーター・ピタリゲン
[PR]
by koko_blanca | 2010-03-30 12:14 | アケウのごはん