おだやかな毎日を綴ります。おだやかでない時も正直に。       


by koko_blanca
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:アケウのごはん( 29 )



a0135577_14262113.jpg

コルテッロ(ムネ・ササミミンチ)、
フォルケッタ(キンカン)、
ブロッコリー、
ニンジン。
(副食材、カルシウム他サプリ)



おはようございます。
アケウのごはん、コルテッロにフォルケッタのせです。
これは先週あげたごはんです。



この数日、食事の回数を、
一日4回から3回に減らすべく頑張っています。
朝と深夜はキャットフード、
夕方は手作りごはんをあげています。

キャットフードにローミートをトッピングしていた
なんちゃって手作りは、しばらく前に止めました。
なぜかというと、
試しに一度、手作りごはんだけ食べさせてみようと
ローミートと野菜だけでやってみたところ、
あれだけ酷かった目ヤニがぐんと減ったのです。
目から鼻に繋がっていた粘液が減ったことで、
一日何度も「ブシュン!」としていたくしゃみの回数も減りました。
腸内環境の悪さから来る口臭も少し減りました。
そしてその後したうんこが今まで見た事の無い素晴らしいものでした。
まるで薬が効く様に、手作りごはんの良さが即効に目に見えたので、
これはもう手作りの割合を増やすしかないと思ったのです。




a0135577_14265760.jpg
小振りな高原野菜ブロッコリー。

農薬不使用の様なので買いました。
鮮度、元気もまあ良かったです。




ブロッコリーは私の大好きな野菜の一つで
いつも冷蔵庫に入っています。
好きな野菜は?と聞かれたら、
セロリとレンコンとブロッコリーと答えるかしら。
もちろん他の野菜も全部大好きです♪

ただ、そのブロッコリーって栽培するのに
農薬が多く使われる野菜なのだそうですね。
今度ブロッコリーを買ってきたら是非試してみてほしいのですが、
ボウルにお水(微温湯がわかりやすい)を張って、
ブロッコリーを洗わず買ってきたそのままの状態で、
そっと沈め押さえて少し待ちます。
そうすると水面に油の様なものがとろりと浮くんですね。
キッチンの灯りで分かり難い時は場所を変えて、
目の高さにボウルをもってくるとわかりやすいです。
スーパーで安価に売られているものは、
その油が虹色になるものもあり怖かったです。
それが農薬なのかどうなのかはわかりませんが
少なくとも自然のものでないのはわかりますし、
無農薬のブロッコリーはそうならないものが多いです。

そうは言っても毎回無農薬のブロッコリーが手に入る訳ではないので、
普通にスーパーで売っている地産のものも買いますが、
ベーキングソーダ、重曹ですね、それをお水に溶かしたものに、
しばらく漬けて、その後に流水でよく洗ってから調理します。
これはLAのホストファミリーのマムに教わったことですが、
今は『安心やさい』というノンケミカルの野菜洗浄剤の方が
より良いと思います。





a0135577_14273169.jpg
アケちゃん、齧っちゃメよ。
私も生で食べるのが好きだけれども、
それ洗ってないし(笑)


念入りに洗ってから、
小鍋に水(うちはピタリゲン)と一緒に入れて、
柔らかくなるまで茹でます。
指で挟んで潰せる位に。
茹で汁も混ぜてあげます。


a0135577_1428953.jpg
あげる時は全体を潰す様にしてよく混ぜます。


写真のキンカンが楕円形なのは半解凍で
ナイフで半分に切ったから。本当はまん丸です。
そしてスプーンで潰せる位の硬さです。
キンカンって卵黄になる部分のことなんですってね。
卵の卵黄と栄養価は同等だそうです。




さて今夜は何のごはんを作ってあげようかな♪
セーリオ(モモ・ムネミンチ)とクッキアイオ(内臓ミンチ)、
少量のクレスタ(トサカミンチ)は冷蔵庫で出待ちです♪



a0135577_14294370.jpg

今日のアケウはいつもと違い
物憂いな、何か言いたげな表情ね。
まるで今日の空、
寒い冬の空の様。
[PR]
by koko_blanca | 2009-12-16 15:03 | アケウのごはん


a0135577_14441267.jpg

ボジータ パテ ミックスミート&七面鳥、
さつまいも。
(副食材、マルチビタミン他サプリ)

*ミックスミート&七面鳥の原材料
鶏肉、豚肉、七面鳥(4%以上)ミネラル、β-1.3/1.6-グルカン




おはようございます。
アケウの今日のごはんは、
先日新しく買ったキャットフードです。


ヨーロッパにおいて最も厳しい環境法律を持つ、
スウェーデン産のキャットフード。
久し振りにかなり期待大!のフードです。
会社の素晴らしい方針と安全性の高いフード内容の詳細は、
是非お店の方をご覧頂くとして、
早速アケウのごはんです。


a0135577_14461860.jpg




a0135577_14463578.jpg
中身。



a0135577_14465066.jpg
ゴミもコンパクト。



離乳直後から利用出来る全ての栄養を含んでいるフード、
所謂、総合栄養食と同等ということなので、
最初そのままアケウにあげたんですね。
そしたらその後、
空気清浄機やプリンタの電機コードにじゃれて齧ったので、
アケウにとっては食物繊維が足りないのかな?と感じました。
手作りごはんでいつも野菜を食べているので
それに慣れているせいもあるかもしれませんね。




a0135577_1450737.jpg
今も膝の上。





電機コードを無心に齧ったりする猫がいますが、
いたずらしてやっている訳ではないらしいので、
叱らないでくださいね。
以前お話しした観葉植物と一緒で、
猫草を食べたい時と同じ場合があるそうですよ。
今与えているフードでは、その子にとって、食物繊維など、
なんらかの栄養素が体に足りないからなのだそう。
そういう子にはフードにお野菜を少し足してみたり、
食物繊維を含む消化酵素をプラスしたりしてみるのも
良いかもしれませんね♪





a0135577_14512079.jpg
グルーミング。膝の上というよりアケウ専用イスです(笑)



原材料を見るとお肉だけなので、
少し野菜を足してみようと思いました。
鶏肉と豚肉はわかるけど、七面鳥ってターキーでしょ?
ターキーっていうと、マッシュポテトとグレービーソースしか
思いつかない私(汗)

あ、笑ってますね。
でも、こういうの必要だと思うんですよ。

さんまに大根おろし、トンカツにキャベツ、生ハムにメロンを添えるのは、
消化などの相性が良いからなのだそう。
昔の人達は、酵素、食物繊維、栄養なんてわからなくても、
例えば、(さんまに大根おろしを添えると胃がもたれないぞ)とか、
体で体験して長い間そうやってきたんですね。
だから、昔から普通にされている食材の組み合わせって、
美味しいというのはもちろん、消化がしやすいとか、
栄養のバランスがとれていることが多いのだそうです。
手作りごはんの食材の組み立ても
そういう風に考えると良いんじゃないかなぁと思っています。

で、サンクスギビングのメニューがそれかと言われると
わかりませんが(笑)
しかも、ポテトと思ったのですが、無いので、さつまいもを。
... 全然違うメニューになってしまいましたね(笑)
今までのフリは何だったんだって感じですが、
同じ芋類ということでご勘弁を。


a0135577_14524882.jpg
露地物の紅あずま。
みじん切りにしたさつまいもを、
少量の水に入れて沸騰させ、柔らかくなるまで蒸し煮、
最後に残っている水分を飛ばす様に煮切ります。


アケウはさつまいもが大好きなんですよ。
柔らかく茹でたものを少し手のひらにのせてあげると
美味しそうに食べちゃうの。
それに何度かあげて感じましたが、
さつまいもってお腹にとっても良いんです♪



a0135577_14531973.jpg
あげる時はさつまいもを少し潰し気味にしてよく混ぜます。


ということで、今日はフードにお野菜を混ぜてみました。
これもなんちゃって手作り。


最初からすべて手作りや、
お肉を用意して手作りというのでは...と、
気負ってしまう猫飼いさんも、
いつものフードに、少し野菜を加えるというのから
始めるのもありかなと思います。
それに、あなたの愛猫にとっても、
手作りごはんに入りやすいのではないかなぁと思いました♪



a0135577_14535812.jpg









参考書籍
酵素が病気にならない体を作る!鶴見隆史さん
Natural Cat Care Dr.BruceFogle


久し振りに私の目に止まったフード・ボジータ。
かなり期待大!ですぞ。
ボジータ
ボジータ:テトラリカート
[PR]
by koko_blanca | 2009-12-11 15:52 | アケウのごはん


a0135577_14362489.jpg

アズミラオーシャンフィッシュ、
コルテッロ(ムネ・ササミミンチ)、
クレスタ(トサカミンチ)、
サラダ(レタス、キュウリ、ブロッコリー、トマト)。
(カルシウム他サプリ)
*これは少し前のごはんです。
今はアズミラ缶はあげていません。




おはようございます。
良い週末をお過ごしになられましたか?
さて今日は以前作ったアケウのごはんです。


お夕飯のサラダを作っていた時、
露地物野菜の元気な力を感じたので、
アケウ用に取り分けました。

a0135577_14583932.jpg



a0135577_14365098.jpg
肉厚のレタス。

緑が濃く窒素分が多いかな...と、少しためらいましたが、
なにより元気が良いので使うことに。
なるべくこまかく微塵切りにして
少しお水にさらしました。


a0135577_14371542.jpg
レタス、キュウリ、ブロッコリー、トマト。

ブロッコリーは柔らかく茹でて、
指で挟んで潰せるくらいに。
トマトは湯剥きして皮を除き、消化しやすい様に。






近年、消費者の健康への意識とニーズが高まり、
普通のスーパーなどでも無農薬や有機栽培の野菜を
取り扱う様になってきていますね。
レタスや小松菜などの葉物も多くみかけます。

そんな野菜の中に、虫食いの野菜を見かけて、
(無農薬だから虫食いなんだ♪)と、
有り難がって買ってはいませんか?
私はそういう野菜は買いません。
なぜなら、虫食いがひどい野菜は、弱い個体の野菜だから。

虫が食べるのは生命力の弱い野菜で、
自然に淘汰する為らしいのです。
虫たち皆で、自然に帰そうとしているんですね。
そういう弱い野菜を食べ物にしているのです。
だから、本当に力のある強い野菜には虫がつかないの。

それだけでなく虫食いの野菜は、
虫が好む肥料を大量に使っている場合もあるそう。
だから虫が野菜についている様に見えても、
本当は肥料目当てについているんですね。

実際私も長年、慣行栽培、減農薬、無農薬、無施肥、など、
色々な野菜を見て触って食べてきて思うのですが、
本当に力のある野菜には、虫がついていないのです。
葉物や実野菜、根菜に限らず、力のある野菜は、
元気で生き生きとしていて、とても存在感を感じます。

今度、沢山虫に食われている野菜を見かけたら、
手に取ってじっくり見てみてくださいね。
弱々しくて元気がないのを感じ取れると思います。
野菜を選ぶ時は、無農薬や有機の表示を鵜呑みにせずに、
よく見て、手に持って、野菜と話しをするつもりになって、
本当に元気な子を選んでくださいね♪







a0135577_14375656.jpg

手前のピンク色のがクレスタ。


今回はクレスタがわかりやすい様に多めにトッピングしていますが、
トサカは本来、正肉部位ではなく、内臓とも異なり、
特殊な部位で、沢山食べる必要は無いそうです。
それに量が多いとねばりが多く出て、食感が重たくなり
食べ難くなってしまいます。
でもコラーゲンやヒアルロン酸をたっぷり含んでいるので
毎日少しずつ与えたい部位です。



a0135577_14383896.jpg
ブラッシングをしました♪

目に見えてツヤツヤした毛ヅヤになって、
手触りもなめらかになりました。
これも、手作りごはんにして以前と変わった、
良くなったと思うことです。



a0135577_14391258.jpg





a0135577_14394918.jpg


ザナベレも毛ヅヤが良くなると感じていましたが、
手作りごはんの方が上でした。
それと、以前少し悩んだ酸化防止剤の没食子酸プロピルも、
やっぱりなんだか気になって、今はあげていません。
酸化防止剤ではなく腐敗防止剤だと危険性を唱えるサイトもありました。
でも実際今まで与えてきて、悪いフードとは感じませんでしたし、
嗜好性が高いからよく食べるといった良い点もありました。
でも、市場にはそれこそ沢山のナチュラルフードが売られていて
自由に選ぶことが出来る時代なので、私がより安全だと感じた
トコフェロール(ビタミンE)とアスコルビン酸(ビタミンC)が
酸化防止剤として使われているものを今は食べさせています。



a0135577_144230100.jpg


アケウは体が弱く、消化機能も強い方ではないので、
今はまだ食事の回数を一日4回から減らせないでいます。
でも最終的には一日2回のごはんで、
朝はナチュラルフード、夜は手作りごはん。
そういう風に出来れば良いなと思っています♪








参考書籍  Organic Base マクロビオティックと暮らす 奥津典子さん
参考サイト ナチュラルハーモニー
[PR]
by koko_blanca | 2009-12-07 15:32 | アケウのごはん


a0135577_14364155.jpg

アジ、
長芋とろろ、
大根おろし。
(副食材、カルシウム他サプリ)



土曜日の夜ごはん。
フードは混ぜずに魚と野菜だけ。



a0135577_14433182.jpg
アジさんごめんなさい...



アジのお刺身を夫とアケウで半分こする。
いつもは3切れから4切れ程のお相伴だが、
アジが大きく沢山あるし、
夜ごはんにするので半分もらった。

私も一切れご相伴に与ったが、
新鮮でよく引き締まった身、
その上、良質な脂がたっぷりと乗り、
とても美味しかった。
脂が乗っているといっても、
どんよりとして生臭みを感じるものもあるが、
これは、さすが地産、釣りの天然アジという味わいだった。
これならアケウのごはんに合格、満点。




a0135577_144907.jpg

野菜は何にしよう...と、少し考えたが、
私達が長芋のとろろを食べるので、
それから少し取り分けた。

脂が乗っているので消化の為に、
大根おろしも少し加えた。
包丁で細かく叩いて、
アジのタタキ、とろろと大根おろし和えの
出来上がり。



a0135577_13111255.jpg

あげる時はよく混ぜます。




この頃はアケウのごはんに入れる野菜であまり悩まなくなった。
私達の食べる野菜からその都度ほんの少し取り分けるから。
その時、これは猫に与えて良いもの?と、少し考えるが、
アブラナ科のものは少量にして、
ネギ類とナス科以外のものはほとんどあげている。

茄子、ピーマン、ジャガイモ、トマトなどのナス科の野菜は
ソラソニンという劇物の成分が含まれるそう。
よく加熱すれば毒性が消えるので問題は無いのだそうだが、
今のところはトマト以外、避けている。
でもナス科には、消炎作用、強心作用、ガン細胞抑制の働きなど、
とても良い成分も含まれている様なので、是非与えたいものだ。
これから少しずつ試していこうと思う。



a0135577_13183798.jpg



手作りごはんの一番の難しさは、
カロリー計算、栄養管理などではなく、
その子が食べてくれるかどうからしい。
どんなに頑張ってもなかなか食べてくれない子が多く、
それで手作りごはんを挫折する人もいるそう。
成猫は尚更、今までキャットフードだけを食べているから、
手作りごはんへの移行は一筋縄ではいかないらしい。


虹の橋に渡った子にも
健康の為にと野菜などをフードに混ぜたりしたが、
結果、うまくいかなかった。
生肉は消化酵素を使ってもお腹に合わず、断念した。
かなり高齢になってからだと、口もだが、お腹にも難しいと感じた。
キャットフードだって、嫌いなものは頑として食べなかった。
食に対してとても難しい子になってしまったのは、
私が何も考えずに、嗜好性だけが強い市販のドライやプチ缶を
小さい頃から与え続けてきたからだ。
それで病気にもなってしまったし、
あの子には本当に申し訳ないことをしたと思っている。


手作りごはんを始めるなら、仔猫の時からが楽だと思う。
初めての生肉セットを購入する前に、お店に相談した時も、
手作りごはんを始めるのにとても良い月齢と言われた。
でも、これから手作りごはんを始めようとしている成猫の猫飼いさん、
仔猫でも食にうるさく難しい子の猫飼いさんに、心から言いたい。
思う様にいかないことが沢山あるかもしれないけれど、
その子のために愛を持ってあきらめずに頑張ってほしいと。


アケウは今のところ何でも食べてくれる。
それはとても恵まれていることで、
本当に有り難いと思っている。
ありがとうね、アケウ。


a0135577_13193679.jpg

[PR]
by koko_blanca | 2009-12-04 15:51 | アケウのごはん

ローミート他、届く



ローミート、ナチュラルフード他、届く。

a0135577_15442095.jpga0135577_15443681.jpg


























前回注文したローミートが無くなったので、
また新たに届けてもらった。
手作りごはんがアケウの口とお腹に合うとわかったので、
まとめて入って少しお得なものを選ぶ。



a0135577_15473685.jpg
セーリオ(モモ・ムネ ミンチ)150g×5枚入り



a0135577_15481227.jpg
コルテッロ(ムネ・ササミ ミンチ)150g×5枚入り



a0135577_15483664.jpg
フォルケッタ(キンカン)200g×2枚入り



a0135577_15485458.jpg
レガール(ムネ ブロック)2枚入り



a0135577_1549108.jpg
カンガルーミンチ100g
ダチョウミンチ100g
各2個ずつ



次はナチュラルキャットフード。


a0135577_15505310.jpg

こうして見るとなんだか変な物体(笑)
これはフリントリバーランチというドライフード。
真空パックになっているのでこんな形。
袋を開けると、プシュ!と空気が入る。

a0135577_15513285.jpg






ここで、怖い話。

*エトキシキン、
*ブチルヒドロキシアニソール (BHA)、
*プチルヒドロキシトルエン (BHT)、
*プロピレングリコール。

これらが絶対に入っていないことが、
キャットフードを選ぶ基本中の基本。
あなたが愛猫に与えているフードには入っていませんか?
フードの袋の原材料を見てみてくださいね。
これらは殺虫剤、石油製品の酸化防止剤、塗料の剥離防止剤、
ベトナム戦争で使われた枯れ葉剤(!)と、
同じものですよ。





次はウェットフード。


a0135577_1554311.jpg
ボジータ
ミックスミート&ザリガニ
ミックスミート&ニシン
ミックスミート&タラ
ミックスミート&トナカイ
ミックスミート&ターキー
全種類各1個ずつ。



きゃあ♪
a0135577_1555820.jpg
このミックスミート&ザリガニのパッケージの子!
はちわれ&ホワイトでむちゃくちゃ可愛いし〜。
たぶんノルウェージャンかなぁ。
いや〜、やっぱ、良い!(笑)



a0135577_15562868.jpg
キャスター&ポラックス オーガニクス
サーモン
シーフード
ターキー&ほうれん草
ターキー&チキン
全種類各1個ずつ。



次は食材。

a0135577_1557570.jpg
デリカの副食材3種類と消化酵素。


a0135577_15573352.jpg
フルーツザイム。
隣のファーがジャマ(笑)



ピンぼけだけど中身。
a0135577_1558949.jpg
左上から時計回りに、
フルーツザイム
大麦若葉
センシク
明日葉


さて、役者が揃ったところで、
今日からまた体に良いごはん、
美味しいごはんを、
アケウに作ってあげよう♪


a0135577_1559072.jpg

[PR]
by koko_blanca | 2009-12-03 16:35 | アケウのごはん


a0135577_1436201.jpg

ザナベレキトンふやかし、
ダチョウ、
ニンジン、
春キャベツ。
(カルシウム他サプリ)




昨日いつものスーパーへ行ったら、
春キャベツが売っていた...
まだ初冬なのに!(笑)




私の住んでいるところは、とても良いところだ。
温暖な気候、空気もきれいで、野菜や魚介が豊富。
スーパーの魚介売り場では種類の多さに目を見張る程だ。
野菜も一年中、地産や露地物のものが売られている。
しかも立派で力のある野菜が多く、価格の安さにも驚くが、
なによりとても美味しいのだ。
例えばこの季節、県特産の里芋が旬を迎えている頃、
露地物の木で熟した真っ赤な大きいトマトが売っている。
瑞々しい葉付き大根が山積みされている横には、
太ったキュウリや茄子が所狭しと並んでいる。
野菜が大好きな私には夢の様なところだ。
最初に良いところだと簡単に言ったが
ここに家を建てて一生住みたいと思う程に、
良いところなのだ。




思わず手に取ってしまった春キャベツ。
まだ走りで旬ではないので、甘みは少ないとは思うが、
軟らかそうなのでアケウに食べさせたかった。



a0135577_14371179.jpg
地産の春キャベツ

本来ならカットしてある野菜は買わない様にしている。
なぜかというと切り口に鮮度保持剤が霧吹きでかけてある場合があるから。
切り口を空気に触れさせない様にラップでぴっちり包んでも、
キャベツなどは切ったところが黒くなりがち。それを防ぐ為だ。

キャベツだけでなく他の野菜も出来たら丸ごとが良いが、
如何せん我が家はアケウを入れて三人家族。
野菜に関して言えば、アケウの口なんて、あって無い様なものだし、
私と夫がいくら菜食中心と言えども、
他の葉物も買ったので今回は半分のにした。
良く洗い使う。




a0135577_14374299.jpg
春キャベツの中の方を使う。
少量のお水(ピタリゲン)とミルサーにかける。




a0135577_14381181.jpg
ごはん待ちアケちゃん。




a0135577_14385142.jpg
ニンジンのすりおろし。
なるべく滑らかにする為、
薬味用の小さいものですりおろす。
葉物と根菜でバランスが良いと思う。


a0135577_14392372.jpg
キャベツのジュースもかけて、
よく混ぜてからあげる。


キャベツにはビタミンU、別名キャベジンが含まれ、
胃壁の粘膜の強化、炎症や潰瘍を予防する働きをする。
その他、ビタミンKやビタミンCなどが豊富、
生で食べると酵素も摂れるので、
アケウに食べさせたいと思う野菜だ。

ただ、
手作りごはんの本に、与える時に注意したいものとして、
キャベツ、かぶ、大根、ブロッコリーなどの
アブラナ科の野菜があげられていた。
ゴイトリンという成分が含まれ、甲状腺の働きに悪影響を与えるそう。
高齢の猫は避けたい成分だが、健康な猫は少量与えることで、
整腸作用などが期待出来ると書いてあり、レシピにも使われていた。
だからアケウにも様子を見ながら少量与えていこうと思う。

他の野菜もだが、
与えて良いとされるもの、悪いとされているものが、
手作りごはんの本によっても、
ネットの手作りごはんサイトによっても、
皆それぞれ考え方が違うことに気付いた。
例えば、トマトはダメのところと良いというところがあったり。
ネギ類がダメなのはどこも書いてあるけれど...
この事はもう少し調べてみよう。



a0135577_14401459.jpg
目の先には猫じゃらし。

夜眠る前にベッドの上での一遊び。
今日も穏やかな一日だったね、アケウ。








*鶏よりも高タンパク、低脂肪、低カロリー、高鉄分、
高カルチニン(脂肪燃焼)、高クレアチン(筋肉維持)の為、
コレステロール値が低いダチョウ。アレルギー対応です。
[PR]
by koko_blanca | 2009-11-27 15:11 | アケウのごはん


a0135577_13204565.jpg
アズミラオーシャンフィッシュ、
コルテッロ(ムネ・ササミミンチ)、
チンゲンサイ。
(カルシウム他サプリ)



今日の野菜は葉物。
アケウは何でもよく食べる子なので
色々あげることが出来て、食べさせ甲斐がある。


a0135577_13212842.jpg
露地物のチンゲンサイ
肉厚で甘みがあり美味しかった!


アケウに食べさせる野菜は
基本、有機栽培のもの。
力がある野菜と感じる露地物のものも。

スーパーで売っている慣行栽培の野菜よりは有機栽培の方が安心だが、
有機栽培でも使用が認められている農薬はあるし肥料も使われている。
一番良いのは、無施肥の野菜だが如何せん手に入り難い。
私が出来ることはなるべく安全な物を選び、
とにかくよく洗うこと。




a0135577_13215795.jpg
微塵切りにしてさっと茹でる。


野菜はやはり生が良いらしい。
生野菜を使うことが多いが、さっと茹でたもの、
時間をかけてじっくり火を通したものを使うこともある。
消化の悪そうなものは、すりおろす、小さく切る、
茹でる、茹ででミルサーでペーストにする。
消化の良さそうなものは、そのままで、小さく刻んで、など。
その時の野菜によって消化が一番良いと思われる調理法にする。

手作りごはんでは、お肉、穀物、野菜、果物、水分、
消化酵素サプリが必要だそう。
お肉が7、野菜、穀物、果物足して3が基本であとは個体に合わせて。
今のところキャットフードに混ぜているので
何も考えずに楽しく作り食べさせているが、
アケウは好き嫌いなく何でも食べるので、
やっぱり手作りごはんだけを食べさせたくなるのが親心。
... ちょっと頑張ってみようかな。


a0135577_13222631.jpg


キャットフードだけをあげていた時に比べると、
目に見えておしっこを沢山する様になった。
手作りごはんは水分量が多いからと本に書いてあったが
その通りの様だ。

虹の橋に渡った子は、仔猫の頃からお水をよく飲み、
おしっこも沢山する子だった。
そのお蔭で最後まで腎臓が悪くなることが無かった。
他の難病と呼ばれる病気はしたし、闘病生活も長かったが、
腎臓に関していえば数値が悪くなることは皆無だったのだ。

アケウはあまりお水を飲む子でなかったし、
おしっこも少ない子だったから今後を少し心配していた。
猫は腎臓が弱いという定説然り、
多くの猫が腎臓に疾患を持つことを考えると。

水分の多い缶詰ごはんやカリカリのふやかしをあげても
思う様におしっこの量が増えなかったから、
手作りごはんにして良かったと思う。
良かったと思うことは他にも沢山あるがまた今度。





a0135577_1323457.jpg

今日は久し振りに良いお天気ね〜!
ぽかぽかの陽射しでオイルヒーターも御役御免。









*手作りごはん初心者さんへ
*野菜をきれいに洗う優れもの
*無施肥の野菜セット
[PR]
by koko_blanca | 2009-11-25 13:54 | アケウのごはん


a0135577_1544190.jpg
アズミラオーシャンフィッシュ、
ルーミート、
かぼちゃ。

オーストラリアではカンガルー肉をルーミートと呼ぶそうな。
詳しくはこちら



生肉を与え始めたのは、11月7日の夜から。
いつもの缶詰ごはんと少しの野菜も一緒に。



a0135577_15465562.jpg


変わったこと...というか驚いたこと。
うちに来て今までで一番良いうんこをしたこと。

アケウは一度に食べる量が少し多いだけでも
お腹がゆるくなりがちな子だった。
だから最初生肉を与えた時は覚悟していた。

もちろん消化の補助を考えて消化酵素を
ビタミンミネラルのサプリと一緒に混ぜたが、
それは今までもずっと与えてきたもの。
消化酵素を与えても食べる量が多いとダメだった。




a0135577_15473887.jpg


生肉を与えたその日と翌日午後までしなかったので、
(あれ?逆に便秘になっちゃった?)と思っていたのだが、
夜に、ほれぼれする様な立派なものを生み出した。
夫が居た時なのでわざわざ呼んで見せた程(笑)

でも変だな。
今までも悪いごはんはあげていなかったのに、
しかも、食べ慣れないものを食べたはずなのに。
...と、ここで気付いた。
肉だよ、肉。
この肉が良質だからだ。

品質が良いのもそうだけど、
フレッシュな肉と野菜の持っている力を
感じずにはいられない。




a0135577_15492121.jpg
写真の角度が違うと食材の色が違う。さっきより生肉の色が赤い。
これの方が実物に近い。


あれから毎食こんな感じで
生肉と少しの野菜を混ぜてあげている。
アケウは嫌がることもなく、美味しそうに完食し、
毎回素晴らしいうんこだ。

手作りごはんて、すごい。
作ることもそうだけど、
ほんと、やみつきになりそう。


a0135577_1550360.jpg

[PR]
by koko_blanca | 2009-11-13 16:12 | アケウのごはん


a0135577_1510789.jpg


おはようございます。
今日は届いた生肉を早速アケウに食べさせます。
初なんちゃって手作りごはんです。





a0135577_15104084.jpg
一番クセのなさそうなコルテッロ(ムネ・ササミミンチ)
ジッパー付きの袋から出したもの。これが活性特殊フィルム。





a0135577_1511558.jpg
今日あげる分はチルド、明日の分は冷凍庫。
ちょっと多く取り出し過ぎてしまったのでタッパーに入れましたが、
冷凍しておくものは先程の活性特殊フィルムに入れておいた方が
高品質保持になるそう。





a0135577_15113422.jpg
露地物の無農薬栽培にんじん
こまかく切って、指で押したら潰せるくらいに柔らかく茹でる。






a0135577_1512039.jpg
アズミラオーシャンフィッシュにビタミンなどを混ぜる。





a0135577_15122721.jpg
生肉はほんの少し、5gから。




a0135577_1513130.jpg
さっきのにんじんをトッピングしてみました。
あげる時は全体をよく混ぜます。



...うわー!これ、なんだかすごく楽しい!!
今、私、大興奮しています!感動してます!
上手く説明出来ないのですが、
いつものキャットフードだけのごはんをあげる時と全然違う気持ち!
なんて言うのかな、ただのフードが、アケウのごはんになった!って感じ?
そして、私が作ったごはんをアケウが食べるんでしょ?!
...いや、トッピングしただけなんですけどね(笑)
ああ、上手く説明出来ない!
でもなんかこの感じ、やみつきになりそう!



て、私だけ感動してますが、
食べてくれるのかな、当のアケウは(笑)



a0135577_15135548.jpg
食べてる食べてる!



a0135577_15142647.jpg
一瞬にして完食!
うわー、またこの感覚!なんて説明していいのやら!
感激!


...このブログを見てくださっている数少ない(笑)猫飼いの皆様。
いつものごはんにね、にんじんとかコトコト柔らかく煮て潰したものと、
生肉か、手に入りやすかったらお刺身でも細かく切ったものを、
生が苦手な子だったら湯通しや焼いたものでも、
ほんの少しだけ混ぜて、
自分の愛する子だけの為のごはんを
是非作ってあげてみてください。
この私の感動の感覚を是非是非味わって頂きたいです。

ポイントは、ただ煮るだけでも調理の過程を一つでも入れることかしら。
自分がお料理したものを愛する子が食べるって独特の感動ですよ。



a0135577_15145195.jpg
ごちそうさまの お口きれいきれい。




a0135577_15301060.jpg
ゴキゲン♪
[PR]
by koko_blanca | 2009-11-10 15:47 | アケウのごはん